自転車と英語初心者の情熱大陸

高級志向、パーツの増設に疑問を持ち、安くていいもの、シンプルな自転車ライフの提案と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。


10978587_719038844882488_8655087233246241548_n (1)
  • 正直、あんまり持ったことない
  • 腰が痛くなりそう
  • フツーに怖い
フラットハンドルが付いているクロスバイクと、ドロップハンドルのロードバイクのどっちにしようか悩んで、思い切ってロードバイクを買ったはいいものの、

「全然下ハン持ってないよ」

なんて人、多いんじゃないでしょうか。

初心者はたいてい一人で走るので、下ハンをもつ必要性を感じません。

ところが、下ハンをもつことで走りの幅が、グッと広がることをご存知でしょうか。

この記事でわかること
  • 実際のところ、下ハンは安全で操作性が高いポジションだった

一番使用頻度が高いのがブレーキブラケットですが、実は一番安全なのは下ハンです。

この記事を読み終わると、下ハンで走りたくなります。

下ハン持ってますか?

simon-connellan-MYSJJWwryPk-unsplash (1)

最大の恩恵は安定感

みんな大好きブレーキブラケットポジション。

すぐにブレーキも掛けられてシフトチェンジもできるから、ここばっかり持っちゃう。

でも、デメリットがあるんです。

ブラケットはどうしても、しっかりと握るよりも手を添えるように持ってしまいがち。

だから突然道路に現れる段差では、最もハンドルから手が外れやすいポジションなんです。

それに比べて下ハンは特に意識しなくても、しっかりと握ることができるし、ブレーキやシフトチェンジも可能な最高のステアリングポジションなのです。

親指と人差し指がしっかりとハンドルに回るので、安定感抜群。

体が前傾になるから、前後の重量配分も均等に近づきます。

初心者ほど持たない

こんなに理想的なステアリングポジションなのに、初心者ほど下ハンを持ちません。

原因は前傾姿勢になるから。

前傾姿勢は危ないって、どこかで教わってきたのか?ってぐらい前傾姿勢に対する恐怖感が強い。

だから、やたらとハンドルが高い人が多い。

前傾姿勢は
  • 危ない
  • 疲れる
  • そんなにがんばって走りませんよ
みたいネガティブに思っていたら大間違い。

しっかりと下ハンを持って、楽に走れるようにしましょう。

持たないから慣れない

やっぱり慣れは必要。

なんでも同じです。

怖いと感じるなら、緩やかな登りから練習してみましょう。

スピードもでないし、頭が下がる怖さもやわらぎます。

登りで下ハンというイメージは、あまりないかもしれませんが、かつてのヒルクライムスペシャリスト、故マルコ・パンターニ選手は下ハンでガンガン登ってました。

まずは慣れるところから。

下ハンを握る習慣をつけてみましょう。

下ハンを持つシチュエーション

46506025_1914147228670763_8676913649748541440_o

平地巡行でにぎる

定番中の定番ポジション。

集団走行中のローテーションで先頭に出るとき、下ハンは必須のポジションです。

まだ集団走行をしたことない人は、 こちらを見てください。

一人で平地をゆっくり走る時でも、下ハンは非常に有効です。

ブラケットを握るよりも体重が分散します。

上半身が起き上るポジションは、楽そうに見えますが体重がサドルに集中してしまいます。

初心者がお尻の痛みに悩まされる原因として挙げられるのが、こちら
  • ハンドルが高すぎる
  • 前傾にならないポジションをとる
  • ダンシングできない(ちょっと違うけど)
下ハンを握る時間を増やしましょう。

長い下りでにぎる

ちょっとだけ高度。

下りで下ハンを握る。

ヒルクライムの後、長い下りでブラケットばっかり持つのはおすすめしません。

特に路面が悪い状況では、前述したようにハンドルから手が外れてしまう危険性があります。

車通りの少ない場所を選んでヒルクライムするのがサイクリストですから、舗装状態が悪いことが少なくないはずです。

油圧ディスクブレーキはよく聞くから、下ハンを持ってブレーキレバーをギュウギュウ握る必要はないかもしれませんが、もし段差があった時のことを考えると下ハンが安全です。

スプリントでにぎる

simon-connellan-6O2yiuLPV30-unsplash (1)

インターバルトレーニングでもしない限り、一人でスプリントするなんてことはないかもしれません。

でも、車や歩行者がいない場所で、たまにはスプリントしてみてください。

その時、下ハンとブラケットポジションの両方を試してみましょう。

明らかに、力が入るのは下ハンのはずです。

言い方を変えると、力を入れることが簡単。

なにも、速く走るだけがロードバイクの楽しみ方ではありません。

でも、速く走れるポジションは「楽」に走れるということでもあるわけです。

参考記事>>>

だからシクロクロスでも下ハン

10436160_719038441549195_6111427197947409359_n

低重心だけど視界が悪い

下ハンを握ると上半身が低くなるので、当然重心も低くなります。

自転車は乗り物よりも、乗り手が重いというメッチャ重心が高い乗り物。

もう自転車にまたがった瞬間から不安定極まりないわけです。

モトGPのレーシングバイクは、乗り手の何倍もの重量なのに、 それでも低重心の設計をします。

それを全否定する可能かのような乗り物がバイク(自転車)

だからこそ、下ハンをもって少しでも低重心にして安定化させましょう。

ブレーキの握りやすさ

一番ブレーキをかけやすいけど、一番力を入れにくいのがブラケットポジション。

下ハンはブレーキレバーに指をかけるまでに、若干のロスタイムのがありますが、力いっぱいレバーを引くことができます。

だから、シクロクロスでは急な下りこそ下ハン。
  • ブレーキレバーが握りやすい
  • ギャップで手が外れにくい
  • 低重心で安定化
勇気と慣れが必要だけど。

浅いドロップがおすすめ

小見出しを追加

ドロップハンドルって、上ハン(ステムの根本周辺のフラット部分)、ブラケット、下ハンの3つのポジションがあります。

それぞれポジションを変化させるためにあるのですが、変化しすぎないハンドルがおすすめです。

要はどこを握ってもあんまり代わり映えしないハンドル。

それじゃ意味ないじゃん、と思うかもしれませんが、
  • ロングライド後半
  • スピードが出ている場面
  • 残業で疲れている
こんな時、極端にポジション変化があると、けっきょく下ハンを握らなくなってしまいます。

ポジションを変えた方が、ストレスの分散になったり力が入るのに、変化が大きすぎると肝心なその場面で、ポジションを変えようと思わなくなってしまうんです。

そこでドロップが「浅い」と使いやすいわけです。

ドロップ120㎜近辺がおすすめ。



まとめ

下ハン持ってますか?
   まずは、下ハンを握る習慣化。慣れてしまえば、前傾姿勢も怖くない。

下ハンを持つシチュエーション
   特に一人で走る時は、下ハンを持ってみる意識を高くしましょう。気が付いたら上ハンなんてことがないように。
  
だからシクロクロスでも下ハン
  ただでさえ、不安定な自転車なのにオフロードをほっそいタイヤで走るんですから、少しでも安定するフォームを意識しましょう。



SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット