スポンサーリンク

【予想以上】アリエクスプレスのおすすめ自転車パーツ【いろいろ買った中華パーツ】

ホーム » ゆがんだ機材感 » 気になる中華パーツ » 【予想以上】アリエクスプレスのおすすめ自転車パーツ【いろいろ買った中華パーツ】
a
IMG_20200814_151249
例えばこのハンドル¥3000ぐらい

自転車パーツって高くね?みんなどこで買ってんの?

熱心にやっている人なら気にならない値段。

でも、それ以外の人には、結構高く感じる自転車パーツ。

ハンドルやステム、シートピラーなどは、アリエクスプレスで安く買える。

アリエクスプレス(Aliexpress)とは、中国版のアマゾン。

Amazonで売られている物の中には、アリエクスプレスで仕入れているものが多い。

それなら、アリエクスプレスから直接買えばいい

それには海外通販に感じる壁を崩さなくてはいけない。

  • 英語がわからない
  • 届かなかったらどうしよう
  • ブランド品の製造拠点は気にしてない

海外通販は怪しいと思い込んでる人もいる。

昔はそうだったのかもしれない。

でも、いまは違う。

アリエクスプレスに出店しているショップに問い合わせると、数分で返信が来ることが多い。

国内のショップでは同日返信なんてありえない。

海外では、そんな接客では生き残っていけないことを意味している。

(リアル店舗の接客は別だけど)

  • 英語もGoogle翻訳がある時代
  • 届かないなんてことはまずない
  • ブランド品だろうが世界の工場は中国に違いない

そう、時代は変わった

海外通販ならwiggleで買ってるし。

いや、wiggleは日本。

海外通販の感覚ゼロで買える。

最近はwiggleで取り扱うブランドも減り、値ごろ感も薄れてきている。

少しの勇気と冒険心でアリエクスプレスに挑戦すれば、買い物の世界が広がる

スポンサーリンク

いろいろ買ってみた

18121963_1288811654571868_8088831055393337768_o
ピストフレーム・フォーク ¥17,000ぐらい(送料¥5,000)

フレームも買ってみた

現在はブレーキを付けてロードワークで使用。

何の問題もない。

フレームのほか、

  • クランク
  • ホイール
  • チェーンホイール
  • コグ
  • ハンドル
  • ステム
  • シートピラー
  • ヘッドパーツ

すべてアリエクスプレスから購入。

写真の完成状態で¥60,000ほど(サドル、ペダル除く)

この値段で揃えられなければ、購入しなかった。

すでに、ロードバイクやシクロクロスバイクを持っていて、ちょっと興味があるからと言って別カテゴリーにはなかなか踏み出せない。

その大きな原因は資金。

このハードルを、下げられるのがアリエクスプレス。

アリエクスプレスの価格感

IMG_20200814_151022
シートピラー:¥1,600ぐらい

パイプ内側の肉厚が前後には厚く、左右は薄い加工が施される。

¥1,600で実現してるのがすごい

IMG_20200814_145240
サドルバッグ:¥320ぐらい

普通に使える。

すぐ壊れちゃうとか、ない。

日本で買えば数千円…

IMG_20200814_151801
携帯ポンプ:¥800(ホースは国内で購入)

空気を入れるとき、左手で持つところがない。

結構なやりにくさ。

でも、ほとんど使うことがないので小さい事が優先。

IMG_20200814_151827

この通り、ポンプがボトル型ツールボックスに入る。

IMG_20200814_151444
ボトルゲージ:¥220(1個)+送料¥200

結構質感いい。

こだわる必要がない部分は、徹底的に安くすませる。

IMG_20200814_170840
ブレーキシュー:¥800

アルミリム用2ホイール分。

だいたい1個100円。

考えてみるとただのゴムなんで、むしろ妥当な価格。

IMG_20200814_170821
カーボンリム用:¥1,200(1ホイール)

スイスストップ風なのでちょっと高い。

IMG_20200814_170659
クランク:¥2,500

クランクはシマノ下位クラスでも結構高い。

これなら迷わず買える。

いまどきテーパードBBだけど。

IMG_20200814_171040
プーリー:¥800

なんとナローワイドタイプ12T。

スラムのプーリーは軸に水が入って、錆びて動かなくなることもある。

予備で持っておくと安心。

IMG_20200814_145050
マウンテンバイク用リジッドフォーク:¥5,000

通勤にサスペンションはただの重りなので交換。

エッジの効いたデザインとロゴの色がマッチしていて、後付けとは思えない。

剛性に問題なし。

関連記事>>>激安ダイレクトマウントチェーンリング買ってみた

スポンサーリンク

これはよかった

カーボンホイール¥40,000~¥50,000(もちろん前後)

正直ホイールに数十万円も出せない。

生活第一。

でも、この価格なら買える。

だから5セットを所有。(節約になってない…)

リムが壊れるといったことはない。

ただ、ハブはNOVATEC社製で、なぜかリアのベアリングの動きがイマイチ。

それでも、この価格はかなり魅力的。

 

IMG_20200814_151729
携帯ツール:¥300

普通に買うと、決して安くない携帯ツール。

なのに、滅多に使わない。

だから、買わない。

でも、持っていないことで微妙に困ったことはある。

この価格なら、買おうって気になる。

IMG_20200814_171416
パッチ:¥100

48パッチでこの値段。

普通に買うと、5枚入りで¥300とかするので馬鹿にできない。

っていうか、5枚で¥300がすげー高い。

品質に問題なし。

ハンドルカバー:¥2,000

手の寒さを根本的に解決するのなら、これしかない。

ださい?

たしかに。

でも、試してみればわかる。

確実に効果のある寒さ対策。

楽天とかアマゾンでも売ってる。

有名ブランドの1/3ほどの値段。

¥10,000のグローブ、数段あたたかい。

関連記事>>>【ロードバイク】寒くて外を走れない人の足りないアイテム【寒冷地の人向け】

スポンサーリンク

海外通販の壁

john-schnobrich-FlPc9_VocJ4-unsplash

アリエクスプレスHPで「bike parts」と検索結果がこちら

サイト内の検索は英語のほうが正確。

英語と言ってもGoogle翻訳を使えば大丈夫

日本語を入力して訳された英語を貼り付けるだけ。

無いものは無いというぐらい、いろいろなものが売られてる。

そのほとんどが送料無料。

50円のものでも送料無料。

すごい仕組み…

必ず質問されるのが、

え?中華パーツって大丈夫?

結構なお高い自転車に乗っている人ほど、結構無知。

そんな人も、Made in Chinaパーツをいっぱい持ってるはず

中国から直接、買うことで初めて意識する中国製。

有名ブランドだったら、どこで作られているのかは、あまり気にならないかもしれない。

人によっては、アメリカブランドは、アメリカで作っていると思っている人もいる。

そんなわけがない。

製造元が書いてあるシールを見てほしい。

逆に、そのくらいブランド力って重要。

ブランドの魔法から解けたとしても、次に問題になるのはサイトの信用度。

これまで100点ほど購入
はっきり粗悪品と言えるものはボトルケージ1個だけ

これをリスクと感じるかは、ユーザ次第。

もしも、この100点を国内の通販やショップから購入していたら、2倍以上の価格になるはず。

でも、アリエクスプレスを利用する心構えは必要

  • 梱包は雑
  • 発注から到着まで3週間以上
  • 問い合わせは英語

日本国内の梱包が過剰だ。

ぐらいに思わないと最初はびっくりするかも。

ステムがビニール袋に入って送られてきたり、段ボールの中で商品が暴れまくってたり…

こんなもんかーぐらいの気持ちが必要。

到着が遅いのは、仕方ない。

安いから。

なにかトラブルがあった時には、ちょっと英文を書く必要がある。

なるべく短い文章にしてGooge 翻訳を使うのがコツ。

通販に対して、ちょっとだけ大らかにとらえると、世界が広がる

スポンサーリンク

ブランド信仰を断ち切る

simon-connellan-Jg1msBG9nso-unsplash

根強いブランド神話。

何の世界でも同じだけど、ノーブランドは品質が同じでも、安くないと売れない。

その逆は、

ブランド品なら品質が同じでも高く売れる

ブランド力を上げるには、相当な広告費を投資する必要がある。

当然、広告費用は商品の単価にのせられる。

スポンサード等の広告によって作られたブランドイメージは、信用が生まれる。

でも、それはあくまでイメージ。

無駄と言えなくもない。

どう見ても同じ形なのに、ブランドシールがあるかないかの商品は山ほどある。

そんな話をすると必ず、

中華パーツって、ニセモノじゃないの?

ニセモノだって生産コストがかかる。

たいして売れない商品をコピーしても採算がとれない。

自転車パーツを、コピーしてまで作ってビジネスが成り立つ商品はごくわずか。

ノーブランド品を試してみるのも、一つの選択肢。

関連記事>>>【コスパ最強】激安サイクルジャージ買ってみた!案外まとも

スポンサーリンク

トラブルも失敗もある

space-4967335_640 (2)

これまでおすすめしてきたけど、トラブルがなかったわけではない。

しかし、イメージよりはトラブルは少ない。

まだまだ「海外通販=危ない」が、はびこってる。

多少、そういう面もあるけど、購入した総数から考えることで、若干の不具合で不信感を持つのは勿体ない。

到着が異常に遅かった

  • ピストフレーム

発注から到着まで2か月…ストアに「遅いじゃないか!」と怒ったことも。

でも、しっかりと対応してくれた。

ちなみに、問い合わせて24時間以内に返信が来ない業者はほとんどない。

  • ハンドルカバー

冬用のハンドルカバー。 

Black Friday(ブラックフライデー)のような混雑時に注文したので、到着に2か月を要して冬が終わった。

たいして値段がかわらないものは、セール時期以外で買った方が無難。

買って失敗

  • カーボンハンドル

形状が合わなかった。

剛性不足で、結構しなる。

IMG_20200814_151249
  • ボトルゲージ

ペラッペラの適当に作った商品だった。

とてもボトルを保持できない。

これはひどかった。

IMG_20210702_181512
スポンサーリンク

まとめ

  • 購入して使用した限り、大体問題ない。
  • 決して疑わしくはない 。
  • 中にはアマゾンと価格が接近しているものもあるので、よく比較してから買う。

※安全性を保障するものではありません。購入、使用する際は自己責任でお願いします。

プロフィール
この記事を書いた人
自転車普及研究所

自転車レース歴30年。
16歳で初レース、初クラッシュ。
そこで火が付き19歳でベルギーへ3か月間のロードレース活動。

翌年渡航資金を貯め、21歳で再び7カ月間ベルギーでレース参戦。
滞在中に語学の面白さに気付き、英語学習を開始。

以後、独学で英語学習しつつ、シクロクロスを中心にレース活動中。

シンプルな自転車ライフの提案と英語攻略を目指します。

フォローする
気になる中華パーツ
スポンサーリンク
自転車と英語初心者の情熱大陸

コメント

タイトルとURLをコピーしました