スポンサーリンク

【フロントシングル】激安ダイレクトマウントチェーンリング買ってみた

ホーム » ゆがんだ機材感 » 気になる中華パーツ » 【フロントシングル】激安ダイレクトマウントチェーンリング買ってみた
a

前から気になってた激安ダイレクトマウントチェーンリングを買ってみた!

ダイレクトマウント?ってなに?

クランクに直接チェーンリングが取り付けられるアレ。

マウンテンバイクなんかだと、チェーンリングが小さいから一般的。

だけど、ロードやシクロクロスだとまだまだ知名度が低い。

使ってみると、チェーンリングの交換が簡単だし、軽量化できるような気がする。

主に、シングルで使われる仕様だから、刃先がナローワイド。

(チェーンが暴れて、脱落を防ぐため刃先が薄い、厚いが交互に連続する手間のかかる加工になってる)

だから、とっても高い。

でも、

※Aliexpressなら38Tが、約¥1,300 !

めちゃくちゃ安い。

これなら買える。

小遣い制おとうさんライダーの味方”Aliexpress”

※Aliexpress=中国の通販サイト

スポンサーリンク

ダイレクトマウントとは

取り外し可能なスパイダーアームがついている状態

合理的な構造

これまでは、クランクに4〜5本のアームが伸びていて、そこにチェーンリングをつけるネジ穴があった。

そこに、ボルトとナットで固定するダサい構造が標準仕様。

しかも、そのボルトが空転しないように、専用工具まである。

あー、めんどくさい。

IMG_20200926_115444
ダイレクトマウントチェーンリングに交換後

ダイレクトマウントとはちがう。

チェーンリングが、アームも兼ねてる。

取り付けはネジ3本。

ださいナットはいらない。

チェーンリングを交換するのに、クランクシャフトを抜く必要があるけど、これもアーレンキー1本。

シマノのロードコンポしか興味がないと意外と知らない。

軽量化

スパイダーアームがない分、若干の軽量化が可能。

ボルトとナットで4つの部品を削減できてる。

回転する部分の軽量化は、若干でも恩恵を受けやすいところ。

スポンサーリンク

すごい価格差

悩ませる使用頻度

シングル仕様で気を使うのが、チェーンリングの端数選び。

ちなみに、チェーンリング交換前は42×11-34。

どこでも走れるようなギア比を選んだつもりなのに、やっぱりすべてはカバーできない。

地域にもよるけどシクロクロスレースでは、グイッと登るポイントが用意されている。

力不足で42Tでは対応できなかった。

で、チェーンリング交換を検討。

ところが、一般的な通販サイトを見るとけっこう高い。

¥8,000近くが相場。

チェーンリングはそのくらいするでしょ

でも、レースでしか使わないし、38Tが必要なのは今のところ1レースだけ。

そんな使用頻度が低いものに¥8,000は痛い。

そこで、Aliexpressでダイレクトマウントをチェック。

見事にあった。

購入先

アリエクスプレスとは中国の楽天みたいな通販サイト。

転売ヤーが、中華カーボンホイールとか、カーボンハンドルをアマゾンで売る為の仕入れ先。

自転車パーツ屋さんではなく、日用品からなにから色んなものが売ってる。

アマゾンで売ってるよくわかんないブランド名のホイールの出どころはここ。

中華カーボンホイールの品質の高さは十分に知ってる。

ブランド神話から抜け出すと、もう戻れない。

関連記事>>>【中華カーボンホイール】知っているけど手が出ない【いやマジで全然使える】

スポンサーリンク

チェーンラインの懸念

純正のスパイダーアームが付いた状態

インナー側へオフセット

使用しているコンポーネンツはSRAM RIVAL 1

心配になるのがチェーンライン。

シングル仕様は、ダブル仕様と比べて明らかにチェーンラインに無理がある。

ローに入れると、チェーンがかなり斜めになる。

だから、スパイダーアームがインナー側にオフセットされてる。

ダイレクトマウントのチェーンリングに交換しても、この状態がキープできないと変速性能が落ちる。

力も逃してしまう。

意外。

心配無用だった。

激安チェーンリングなのに、しっかりとオフセットされた加工になってる。

激安ダイレクトマウントにしたからと言って、チェーンラインが崩れるということはない。

レースで使用

あまりの調子の良さにリピート購入

全く問題ない使用感。

結局、1シーズン10レース程を、このチェーンリングで走りきった。

もちろん、アルマイトは削れるけど特にギアの減りが早いとかはない。

ナローワイドの加工も的確で、チェーンの脱落もなかった。

関連記事>>>【予想以上】アリエクスプレスのおすすめ自転車パーツ【いろいろ買った中華パーツ】

スポンサーリンク

まとめ

ダイレクトマウントとは
全部ダイレクトマウントになればいいのに。

すごい価格差
チェーンリングに1万円近くは厳しい。安いほうがいい。

チェーンラインの懸念
安かろう悪かろうではない。チェーンラインまできっちり対応してる

プロフィール
この記事を書いた人
自転車普及研究所

自転車レース歴30年。
16歳で初レース、初クラッシュ。
そこで火が付き19歳でベルギーへ3か月間のロードレース活動。

翌年渡航資金を貯め、21歳で再び7カ月間ベルギーでレース参戦。
滞在中に語学の面白さに気付き、英語学習を開始。

以後、独学で英語学習しつつ、シクロクロスを中心にレース活動中。

シンプルな自転車ライフの提案と英語攻略を目指します。

フォローする
気になる中華パーツ
スポンサーリンク
自転車と英語初心者の情熱大陸

コメント

タイトルとURLをコピーしました