自転車と英語初心者の情熱大陸

自転車レース歴30年の経験と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。


IMG_20200926_113615


前から気になってた激安ダイレクトマウントチェーンリング買ってみました。

スパイダーアームが取り外し式になっていて、クランクに直接チェーンリングが取り付けられるアレです。

得意のアリエクスプレスで!

なんと38Tが¥1,381 送料無料

めちゃくちゃ安い。

これなら手軽に買える。

実際にモノが届いたので、さっそく取り付けてみました!

海外通販はwiggleだけじゃない。

アリエクスプレスを使えば、夢ひろがる!

激安ダイレクトマウントチェーンリング買ってみた

IMG_20200926_115444

シングル仕様で気を使うのが、チェーンリングの端数選び。

どこでも走れるようなギア比を選んだつもりなのに、やっぱりすべてはカバーできない。

シクロクロスミーティング(長野県を中心にしたシクロクロスシリーズ戦)白樺湖のコースではフロント42T×リア34Tがレース後半に回せなくなるポイントがあるんです。

この対策でチェーンリング交換となりました。

シーズンに入る前の準備は大切➔シクロクロスのおすすめ準備品

ところが、通販を見ると高い。

¥8,000近辺で売られてる。

そんなもんでしょ。

と言えばそんなもんですが、レースでしか使わないし、38Tが必要なのは今のところ1レースだけ。

そんな使用頻度が低いものに¥8,000は痛い。

そこで前から気にはなっていたアリエクスプレスで売られているダイレクトマウントを見てみました。

アリエクスプレスとのすごい価格差

IMG_20200926_113203

アリエクスプレスとは中国の楽天みたいな通販サイト。

中華カーボンホイールとか、カーボンハンドルを転売ヤーがアマゾンで売る為の仕入れ先。

そうは言っても、なんでもアマゾンより安いわけではなくて、国内で買うのとあまり差が無い物もあります。

でも、ダイレクトマウントチェーンリングは結構な価格差がありました。

なんと¥1,381。¥6,000以上の差!

これなら、使用頻度が高くなくても納得できる価格。

と、以前から気が付いていたものの、心配していたのがチェーンライン。

シングル仕様は、ダブル仕様と比べて明らかにチェーンラインに無理があるんです。

取り付け!

IMG_20200926_113615

使用しているコンポーネンツはSRAM RIVAL 1というシングル仕様。

(RIVALのアルミクランクのあまりの重さにクランクだけはFORCE)

長らくクロモリフレームを愛用しつつ、パーツは最先端が好き。

カンチブレーキ仕様のクロモリフレームを選択しながら、カーボンパーツやシングル仕様で固めるという、新旧融合のバイクでシクロクロスへ参戦しています。

カンチブレーキのシンプルさと共通するのが、フロントシングル

でも、気になるのがチェーンライン。

ローギアの時、結構チェーンが斜めになってしまうんです。

今どきはあんまり気にしないらしいのですが、どうしても気になっちゃう。

ダイレクトマウント仕様のチェーンリングは、その辺りどんな対処してるのかなと心配だったのですが、ちゃんと対応していました。意外。

ちゃんとオフセットした加工がされてるんですねー。

IMG_20200926_113748

ロード用は6mmオフセットの物を選びます。

こちらは、純正のスパイダーアームが付いた状態。

IMG_20200926_113653

ダイレクトマウントにしたからと言って、チェーンラインが崩れる事はありませんでした。

まとめ

IMG_20200926_115422

まだ実戦では使用していませんが、見た目はキレイですし、ちゃんと刃先がナローワイドになっています。

ダイレクトマウントは初めてですが、アリエクスプレスで買った激安チェーンリングは、いままでいくつも使って問題ありませんでした。

スパイダーアーム式のチェーンリングよりも形状が複雑ですが、問題なく使用できそうです。

ほかにもアリエクスプレスには、激安パーツがいっぱい⇒アリエクスプレス おすすめ商品 自転車編!

SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット