自転車と英語初心者の情熱大陸

自転車レース歴30年の経験と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。


IMG_20201010_131452

カーボンファイバーは、現在考えれらる自転車フレームに最適な素材ナンバーワン。

誰もが認める事実。

分かってます。

でも、興味が湧きません。

金型でガチャコンガチャコン作ってるのって。

職人が一つ一つハンドメイドしてるクロモリフレームは、カッコよさがにじみ出てる。

全日本タイトルを獲りたいわけでもないし、0.1秒を争う競技に使うわけでもない。

優先するのはカッコよさ。

今の自転車界にとって、クロモリフレームは尖ってる。

クロモリフォークは超尖ってる。

クロモリフレームをカスタムしても、フォークだけはカーボンにしている人が多い。

そんな中、クロモリフォークを迷いなく選択。

クロモリフォークに込める情熱と、カッコよさ優先で選んだはずなのに、意外とよかった点をお伝えします。

マニアックすぎるクロモリフォークをオーダー。

クロモリ4

このフレームはMADMANという神奈川にあるABOVE BIKE STOREというバイクショップのブランド。

アメリカンテイストたっぷりのMADMANで作れば、いわゆるクラシックなフレームにはならない。

分からない人には、みんな一緒に見えるだろうけど。

なぜ、今時クロモリフレームを選択したのかは、前途の通り。

さらに、マニアックなクロモリフォークにしたのは、カーボンだと見た目のバランスが悪いから。

どうも、クロモリパイプの細さとカーボンフォークの太さが合わない。

こんなに合わないのに、なんでフォークだけカーボンにするのか。

それなりの理由がある。

そう、クソ重いから。

MADMANは、自分でパーツの組み込みを行うのでフレームのみで注文。

自宅にフレームが届いて、フォークを持った瞬間、あ然。

強烈な重さを感じました。

コラムを切っていない状態で1㎏弱はありました。

クロモリフォークは捨てて、カーボンフォーク買って取り付けようか本気で悩んだぐらい重かった。

あくる日、気を取り直してアルミのクランクを取り付けるのを止め、急いでカーボンクランクを発注。

みんなカーボンフォークにする理由が分かった…これだ…

ちょっと、後悔しかけたけど組み上げていくにつれ、カッコよさに重さの事は気にならなくなっていきました。

そして、乗ってみると意外にもよかったんです。


分かった!カーボンコラムが太い理由。

1519491_584146655038375_6361978378638437601_o
MADMANの前に製作したエクタープロトン(大阪)

カンチブレーキの場合、アウター受けやアーチワイヤーの支点、力点とかいろいろな要因で、ブレーキをかけると、すごい音を立ててフォークがビビることがあります。

この一つの原因がフォーク剛性が低いから。

だから、あれこれセッティングを変えて、ブレーキの利きを弱めたりしてビビりを抑えたりしていました。

こりゃこれで、本末転倒。

ブレーキ性能は、制限するのではなく120%引き出したいところ。

クロモリフォークにしたら、その問題が全くなし。

細い見た目からは想像ができない高い剛性があります。


カーボンフォークの時は、下りでなんとなくフワフワした感じがありましたが、クロモリにしたらドカッと安定しました


これは、フォーク自体がクロモリになった以外にコラムがクロモリになったことも大きな要因。

カーボンフォークも出始め当初は、クロモリをカーボンに置き換える的な発想で、ストレートコラムでした。

でも、結局カーボンと同じ径だったから剛性が落ちてしまった。

それが現在主流の上下異径コラムのように、ヘッドチューブの下のほうに行くにつれて、太くなるパイプにして、剛性を確保しているんだなーと実感。

P9176435-thumb-700x525-18198
出典:Y's road

クロモリフォークだったらそんなことしなくても、しっかりとしたハンドリングを得られます。

さらに、クロモリならコラム径25.4㎜で十分剛性は確保できるけど、いまどき対応しているステムは限られるし、ヘッドパーツも同じく種類がすくない。

素直に主流のφ28.6㎜にすると、周辺パーツは普通に確保できます。

だからクロモリフォークでありながらコラム径28.6㎜。

オーバースペックかもしれない。

(これが重くなった原因でもあるけど)

そんなこんなで、高剛性クロモリフロントフォークができあがったのです。


安心のスチールコラム。

プロ選手でもあるまいし、自転車に乗る時間はたかが知れてる。

非力なペダリングだからフレームには負担がかからない。

でも、プロ選手のように頻繁に新しいフレームにはなりません。

1回買ったら10年ぐらい乗る事を想定してます。

だから、経年劣化を気にしなくてはいけない。

コラムなんて、普段ヘッドチューブの中にいるので、普段は見ることがありません。

だから怖いんです。

亀裂が入っていても、気が付かない。

しかも、もしコラムが折れたら前歯も折れる。

鼻も唇もやばい。

そのぐらいの転倒は覚悟しなくてはいけません。

だから、クロモリコラムは安心!

自分で組み付けるとよーくわかるけど、金属は信頼できる。

取り扱いをよく知らなくても、何とかなる。

(正確に言うとだめだろうけど)

でもカーボンは気を使う必要があります。

カーボン用のプラグ(コラムのなかに入れるアヘッド用のパーツ)の構造を見ても、カーボンを助けているのがわかる。

ハンドル、ステムも同様なことが言えるので、とくにフロント周辺のカーボンパーツ選びには十分注意が必要。

いかにもハンドメイド。セグメントフォーク。


クロモリ5

コラムとそこから左右に別れるパイプとフォークとで構成されています。

ちょっと見ただけでも、手の込んだ仕事ということが分かります。

めんどくさそう。

だからこそ、かっこいい。

クロモリ好きな友人は、セグメントフォークだから重いという指摘(余分な部分が多い)にも納得したけど、ゴツゴツした感じが好き。

セグメントフォークのメリットは、コラムから左右にわかれるパイプを長くすれば、太いタイヤも履ける点。

既製品のフォーククラウンが無い場合でも、フォークを製作できます。

通常のシクロクロスバイクを製作するのなら、セグメントフォークにする必要はありませんが、この点も見た目で決定。

剛性も、個性もだせたポイントです。

まとめ

  • クロモリフレームは尖ってる
  • さらにクロモリフォークは超尖ってる
  • クロモリフレームの細さにカーボンフォークはミスマッチ
  • 細いけど剛性が増す
  • 金属コラムはやっぱり安心
ちょっと、マニアックすぎる話でした…


SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット