スポンサーリンク

せっかくクロモリフレームなのにディスクブレーキにするんですか?


 

自分だけのサイズやカラーリングを楽しめるのがクロモリのカスタムフレーム。

100年間ぐらいは、バリバリのレース機材としても活躍。

でも、今となっては個性的なサイクリスト向けのマニアックな品。

セミオーダーとかもあるけど、一から注文通りに作ってもらうフルカスタムが主流。

そのフルカスタム品なのに、ディスクブレーキを選択するのが今の流れ。

それはディスクブレーキが主流だから。

でも、ディスクブレーキは新しい技術じゃない。

クロモリフレーム全盛時代に、ディスクブレーキをつけようと思えばつけられたはず

では、なぜその技術が発達しなかったのか。

答え:重くなるから

1馬力にも到底及ばない人間の力を、たいして必要もないディスクブレーキの重さに、食われたくない

ディスクブレーキ 一択の時代だけど、クロモリカスタムバイクならリムブレーキの選択肢が残されてる。

 

スポンサーリンク

最先端なら最先端を

 

markus-spiske-AToNtxIg8GQ-unsplash (2)

そもそも、時代がズレてる

自転車用ディスクブレーキは、マウンテンバイクが先駆けて普及済。

アルミフレームやカーボンフレームの普及と同時期。

フレームが軽くなったからディスクブレーキみたいな重いパーツも付けられるよねってこと

その間、クロモリパイプは革新的な変化は起こってない。

だから、この2つがマッチするはずがない。

クロモリフレームにディスクブレーキを搭載すると、

制動力に耐えるため、別途補強が必要。

ブレーキ本体もだけど、フレームその物の重量増加。


そもそもが軽いカーボンフレームで成り立つのがディスクブレーキ仕様

ディスクブレーキは新しい技術ではない

l_si_supercar_bicycle-click_ff-022 (1)

モーターバイクの世界ではあったりまえだったディスクブレーキ。

目的は全然違うけど、すでにデコチャリでもスチールフレーム+ディスクブレーキは存在していた。

もちろん、スポーツバイクとしての自転車部品を開発する人たちだって、とっくに思いついていたはず。

それでもクロモリにディスクブレーキが搭載されなかったのは、重量増に対しての恩恵がうけられなかったことにほかならない。

そのころとは違い、いまではディスクブレーキ関連パーツは軽くなっている。

でも、十分に制動力があるリムブレーキから置き換えるメリットは実は少ない。

カーボンで軽いから部品を増やせる

ディスクブレーキ自体のメリットはたくさんある。

  • 雨の日には乗らないけど、雨の日にも効く
  • リムを軽量化できる
  • ブレーキレバーの引きが軽い   等

これらを生かすことができる唯一の素材が今のところカーボン。

なぜなら、そもそも軽くて強いから。

クロモリは軽くすると弱くなるし、強くすると重くなる。

これが変わらない限り、ディスクブレーキとの相性はわるいはず。

カーボンという軽い素材だからこそ、ディスクブレーキの選択肢がある。

参考>>>カーボンフレーム不要論…先入観のワナ

スポンサーリンク

クロモリこそリムブレーキ

 

0825

 

まだロードバイクは、廉価モデルならリムブレーキモデルが残されてる。

でも、なくなるのは時間の問題。

シクロクロスバイクになると、すでに選択肢はない。

MTBがリムブレーキだった時代は、遠すぎて思い出せない。

だから、だいたいほとんど、ディスクブレーキ。

軽くて、十分な制動力があるリムブレーキを選択するならクロモリカスタムフレームしかない。
なのに、ディスクブレーキがクロモリフレームでも当たり前になりつつある。


「絶対ディスクブレーキがいい!」 そんな思いがあるならカーボンがおすすめ

ディスクブレーキが視野に入っているなら、絶対カーボン。

しかも、ディスクブレーキ関連パーツをケチってはいけない。

重すぎて、愕然とするのが目に見えてる。

クロモリフレームで廉価グレードのディスクブレーキなんて付けたら拷問。

参考>>>【クロモリフレームとは】あふれだす魅力満載のレーシング機材

スポンサーリンク

まだあるリムブレーキ

KCNC CB10 ロード AL7075

 

ロードバイクなら、シマノのコストパフォーマンスにかなうリムブレーキはない。

でも、こんなのがクロモリロードについていたらカッコイイ。

DIA-COMPE DC988 (ダイアコンペ)

 

信頼の国内ブランド、ダイアコンペ。

間違いない選択。

化石のようなデザインで、なにも変わらない壊れようのない構造。

ルックスがクロモリフレームとの相性抜群。

でも調整には慣れが必要。

TRP CX8.4 Alloy Mini V-Brake

 

シクロクロスではVブレーキが広まることなく、ディスクブレーキが普及。

MTBでは一定期間普及したし、カンティブレーキよりも間違いなく制動力は高い。

ただ、リムとブレーキシューのクリアランスが非常に狭い。

リムが若干でも振れるとブレーキシューに接触するのが痛いところ。

それでも、構造は単純だしVブレーキも全然アリ。

スポンサーリンク

高い制動力のブレーキシュー

リムブレーキが効かないと感じたときには、ブレーキシューをグレードアップ。

高いものでも数千円。

そんなに簡単に減るものでもない。

ディスクブレーキの新車を買うよりも圧倒的に安い。

リムブレーキでもやれることは、まだまだある。

SWISS STOP(スイスストップ) FLASH PRO

 

カーボンリム用の決定版。

スイスストップはだれもが認める制動力。

SWISS STOP(スイスストップ) FLASH PRO BXP

抜群の効きが体感できるアルミリム専用ブレーキシュー。

雨の日には乗らなくても、峠の下りでは路面が濡れている場所がある。

そんな場面でも、ちゃんと聞いてくれるのがスイスストップのすごいところ。

ゴム一つでこんなにも違うのかって感じ。

スポンサーリンク

まとめ

最先端なら最先端を
   
ディスクブレーキはカーボンバイクに取り付けられるように開発者はイメージしてる。

クロモリこそリムブレーキ
   クロモリフレームは重い。だから軽いリムブレーキがいい。

まだあるリムブレーキ
   
品薄になりかけているけど、まだある。

高い制動力のブレーキシュー
   リムブレーキも、ブレーキシューを変えることで性能はグッと上がる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました