自転車と英語初心者の情熱大陸

高級志向、パーツの増設に疑問を持ち、安くていいもの、シンプルな自転車ライフの提案と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。


photo-1494833491739-b85f73bea350

決してカーボンフレームが悪いと言っているわけではありません。

正直、フレームの乗り味ってそんなに違うの?

っていうお話です。

バイクのインプレッション記事と実際乗った時の差って大きいと思ったことはないですか?

インプレッションと違って乗りにくかったということではなく、

「ん?そういえば硬いかな?前にす~っと進むような…気が…する」

あんなに「すごく反応がいい」「前にすっと出る感じ」と書いてあったので、まるでいままでとは違う乗り物を想像していたのに、なんか別にフツー。

冷静に考えたら、意外にそんなもんかも。

なかなか、みんな声には出さないし、記事と同じことを言いがち。
  • カーボンフレームはどれを見ても一緒だな…
  • 個性を出したいけど、どんな自転車を選べばいいんだろう
そんな方におすすめの記事です。

カーボンフレーム不要論

photo-1563004672-6b6543b82c2e

フレームのインプレッションって、だいたい似たようなことが書かれていると思ったことはありませんか?

  • 硬いけど、突き上げが少ない
  • ソフトな乗り味でロングライドに最適
  • この価格帯の割にはレーシーな乗り心地

どの雑誌、どのWEBサイトでもこんな内容が書かれています。

コマーシャルなので当たり障りのない内容になってしまうのは仕方ないですが、自分の感覚には正直になりたいと思います。

違いは微妙

正直、僕には違いがほとんどわかりません。わかるのはハンドリングぐらい。

コーナーを曲がっている時や、ダンシングしている時にハンドルが切れ込みやすいか。

これは結構大事。

慣れもありますが、操作感がマッチしないと、快適に乗れないのは確か。

これはスケルトンという、サイズとか角度とかの問題。

例えば、ホイールベースが長いと直進安定性が高いとか、短いと曲がりやすいとか、違いが明らかな部分です。

一方で剛性となると、そこら辺をチョロチョロ乗ったぐらいでわかることは、ほとんどないでしょう(BBがたわむ時にも、ある一定の力以上でないとたわみ始めないはずです)。

でも、そこにインプレッション記事で見た内容が、あたかも自分で感じた事のように思えてしまいます

大量生産以外のもの


スチールフレームと言えば、自転車好きなおっさんが工房でコツコツ作っているイメージ。

大量生産じゃないものに触れる機会って意外に少なくありませんか?

一番の趣味だからこういうのがいい。

高い耐久性とフルカスタムできるところが魅力的。

カーボンフレームは現在考えられるフレーム素材として、間違いなくいいのでしょうが、カーボンシートをペタペタ貼って(適当に見える…)作ってるのを初めて見たときは衝撃的でした。



確かに、スチールは重くて、カーボンフレームは軽い

これは、メリットだと思います。軽ければ、それだけ仕事量は少なくなるのは当前で、有利になる事は間違いありません。

しかし、そのメリットが自分の走りに影響するかといえばものすごく少ない。

そんな微々たる差は、例えばレース前夜の睡眠不足で帳消しです。

帳消しどころか、体調不良の影響が大きすぎて、最新のカーボンフレームに乗っている事すら忘れてしまうかもしれません。

フレームの差って実際にはそんなものだと思います。

大半は先入観

photo-1549562718-684a6335e71c

ある知人が、コルナゴCチョメチョメという、とてつもない高価なフレームを買いました。

なんでも、前作のCチョメチョメよりも、さらによくなっているそうです。

平均速度が2㎞もアップしたそうな…(プラシーボ効果ってこのことだな)

ある日その知人と、一緒に乗る機会があり「ちょっと乗ってみろ」と強くすすめるので、仕方なしに乗りました。

ところが、乗った瞬間にわかったのが、サドルのボルトが緩んでいてガタついていたんです。

パーツがまともに取りついていない事には気が付けないのに、フレームの乗り味はわかっちゃうのです。

まさに、先入観
  • フレームが新しくなった⇒どこか違っているはず
  • サドルは緩んでいない⇒しっかり取り付けてもらった
これはさすがに極端な例ですが、大半がこの先入観がもたらす、フレームの違いではないかと思います。

まとめ

素直に「カッコいいから買った」

買う理由なんてこれだけで十分です。

トッププロは、フィジカルの差が接近していてフレームの良し悪しに差が出ることもあるでしょう。

そもそも私達ホビーレーサーは、走りのスキルやフィジカル面で大きな差があります。

そこに「すごく前に進む」フレームに乗ったところで、10位が9位になることはないでしょう。

フレーム性能の違いが及ぼす走りへの影響は、ものすごく小さいのでシンプルにカッコいいと思ったものを買うべきです。


SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット