【チューブラーリムテープ】リムセメントはもう嫌だ【シクロクロスに最適両面テープ】

スポンサーリンク
ホーム » 機材 » 【チューブラーリムテープ】リムセメントはもう嫌だ【シクロクロスに最適両面テープ】
a

チューブラータイヤ貼るの嫌だなー
でもシーズン始まっちゃうしなー

シクロクロスにおいて、チューブラーはマストアイテム。

でも、リムセメントをぬりぬりするのは、超絶めんどくさい。

それなら、専用のチューブラーテープがある。

しかし、シクロクロスは泥が粘着力を弱めたり、低圧だから接着剤への依存度が高い。

リムにたいして、タイヤが太いせいなのか剥がれる確率が高い。

結局リムセメントしか、確実な固定方法はない。

しかし、なんとしてもリムセメント作業を脱出するべく再調査。

あった。

建材用の両面テープ→ニトムズ 強力防水用両面テープ

「防水」にこころひかれた。

要は、水分が粘着力を下げてしまう。

これならテープで固定する最大の弱点を克服できる。

実際、数年間に貼ったタイヤでも剥がれたことがない。

スポンサーリンク

シクロクロスはチューブラー一択

サイテーのメンテナンス性

チューブラーは、圧倒的にメンテナンス性が悪い。

基本的に、パンクしたら修理不能。

(針と糸で修理できるけど)

リムセメントは3年目にはカピカピになって、接着力を失う。

だから、タイヤを外してリムセメントを塗り直し。

リムセメントも安くはない。

でも、ケチって少量にすればたちまちタイヤ剥がれの原因に直結。

めちゃくちゃめんどくさいけど、それを上回るアドバンテージを持つのがチューブラータイヤ。

多大な恩恵

ロードバイクの数十倍、チューブラータイヤの恩恵を受けられるのがシクロクロス。

1kPaちょっとの低圧でオフロード走行するのがシクロクロス。

リム打ちパンクしにくい形状のチューブラータイヤが選ばれるのは自然な選択。

マウンテンバイクタイヤのようにブロックは高くないから、タイヤの変形でグリップさせて進んでいく。

同じ空気圧のクリンチャータイヤなら、確実にパンクするような場面でも何事もない。

そもそもエアボリュームがない33Cのタイヤは、チューブラーであることが非常に重要。

しかし、手間のかかる機材であることも確か。

スポンサーリンク

リムセメントは臭い、チューブラーテープは頼りない

リムセメントの作業性

リムセメントぬりぬり作業は、室内で出来ない。

やってもいいけど、臭いが充満する。

だから、外でやることになる。

外は、暑いし、寒いし、ちょうどいい季節は花粉が舞ってるし。

屋外でのメンテナンス作業は、結構しんどい。

チューブラーテープの信頼性

某メーカーのシクロクロス用チューブラーテープはだめだった。

タイヤサイトを少し持ち上げると、わりと簡単に剥がれてしまった。

それを見た瞬間、チューブラーテープの信用はなくなった。

コーナーでフロントタイヤが剥がれたら、どんな目に合うか。

考えたくもない。

スポンサーリンク

発想を変えた両面テープ選び

テープの世界は進んでる

案外いろんなものが両面テープでつけられてる。

調べてみると、すごい強力なものとか耐候性、耐水性に特化したものがある。

まさに、シクロクロスチューブラーテープに最適。

なにも、自転車専用である必要はない。

ロードバイクのようにリムが熱々になるぐらい、峠の長い下りもない。

だから、耐熱は必要なさそう。

必要なのは耐水性。

条件を満たしているのは、ニトムズ 強力防水用両面テープ

これは実に強力。

幅は30㎜と太いので、あらかじめ縦にカッターをいれて分割。

とくにキツイ臭いもせず、部屋の中で作業が可能。

気になる接着強度は必要にして十分。そして本来の使用用途がこちら。

もちろん自転車部品とは全く関係ありませんが、屋外での使用が前提で、しかも防水なのがポイント。

シクロクロスレースでしか使用していないので、ほかの状況ではどうなるかわからない。

でも4シーズン前に、この両面テープで付けたタイヤも剥がれてこない。

リムセメントだったら、間違いなくパリパリになってしまう年月。

タイヤサイドを持ち上げるテストでも、まだテープの粘りが効いてる。

4シーズンもの間、幾度となく泥にさらされ、夏は屋外物置で高温状態の保管にも耐えたあとの状態がこれ。

年間レース数は10~15レース。

これまで、リムセメントでタイヤが取れたことはありますが、ニトムズ 強力防水用両面テープでは、トラブルはなし。

スポンサーリンク

デメリット

tape-structure-02

粘着テープは、主に基材と粘着剤で構成されています。また、そのテープをより使いやすくするため、下塗り層や背面処理層を設けているタイプもあります。

両面テープは、基材を中心に両側に粘着剤を塗布しており、その表面をセパレータで覆っています。使用される用途により、基材や粘着剤、その他の構成が決まります。

出典:日東電工CSシステム株式会社

一番のデメリットは、セパレーター(剥離紙)と呼ばれる粘着部分を保護するシートが紙であること。

これは結構な盲点で、さすがリムテープって専用品だなと思わせるところ。

タイヤと粘着剤に挟まれたセパレーターを引き抜くには、紙だと弱すぎてすぐ切れる。

タイヤを持ち上げて、セパレーターに負荷がかからないように、そ~っと、そ~っと、引き抜いていく。

これしか方法がない。

スポンサーリンク

まとめ

脱リムセメントの効果。

  • 悪臭からの解放
  • ケチって少なめに塗ったがための事故率アップなんてことはない
  • 経年硬化の為の、タイヤ貼り直し回数軽減
  • 結構信頼できる両面テープ ニトムズ 強力防水用両面テープ

コメント

タイトルとURLをコピーしました