【SRAM】意外と知らないインナー×ローの次【感動のダブルタップ】

スポンサーリンク

 

IMG_20211208_073532 (1)

SRAM?ほとんど見かけないんだけど、なにがいいの?

まあ、順当に言ったら当然シマノを使うことになる。

わざわざSRAMを選択するのって、それなりに理由がある。

一番大切なのは、そこにオモシロさがあるかどうか。

SRAMの変速方法は、かなり個性的。

1本のレバーでシフトアップとシフトダウンを行う。

  • 短いストロークでシフトアップ
  • 長いストロークでシフトダウン

つまり、シフトダウンするとき、シフトアップ時のレバー位置を通過することになる

もしもインナー×ローなのに、もう一つ大きいギアがあると思い込んでシフトダウンしたら

痛恨のシフトアップ?

レバーとリアメカの動きを考えると、ついこんなふうに想像してしまう。

だから、レース中の極限状態でもローに入っていることを、しっかりと覚えて…

なんつって、そんなの無理。

なんとシフトチェンジをキャンセルする機構が付いている。

 

実にオモシロイ。

 

SRAM機械式シフターは、実にオモシロイ

 

スポンサーリンク

シマノとはそもそも発想がちがう

 

mustachescactus-1ayPIHGY65o-unsplash

インナー×ローの次をキャンセルする方法

シマノしか知らないと、驚くのがこのセット方法。

ロー側の可動範囲を広げる

 

ディレーラーを、ロー側のスプロケよりもさらに、スポーク側に可動範囲を広げる。
その状態で、シフトダウンする。
ディレーラーは少しだけスポーク側に動く。
その後、再びローの位置にもどり、シフトチェンジはキャンセルされる。

 

名称未設定のデザイン (1)

左:スプロケとプーリーの位置は一直線上
右:ローの状態からさらにシフトダウンを行った時のプーリーの位置
この後再びローの位置に戻る

この方法を思いついたSRAMのエンジニアってすごい。

ダブルタップ内部を見ると、カムの動きに感動する。

 

このセット方法を知らない場合
シマノと同じくロー側スプロケットの延長線上にディレーラーの可動範囲をセット。

ディレーラーはローよりもスポーク側に動くことができない

キャンセルする動作ができない
シフトダウンしたつもりがシフトアップ。

 

「SRAM使えねーなー」なんて勘違いされる可能性がありそうな、驚きのセット方法。

操作のコツ

シマノに慣れていると操作ミスを起こしてしまう。

シフトチェンジがキャンセルされるとき、若干ながらレバータッチが重くなる。

これに気が付いて、途中でシフトダウンの動作をやめると、シフトアップしてしまう。

シフトチェンジの動作をやりきること


うすうすローに入っていることに気が付きつつも、

「一応シフトダウンできるか確認してみようかな…」


みたいな気持ちだと、レバータッチが重いことを感じて中途半端なシフトダウン動作になる。

これがSRAMでのシフトミスの原因。

一度始めたシフトチェンジ動作をやめないことが、使いこなすコツ。

自然な手の動作

いつもの激坂。今日はすこぶる調子が悪い。

でも、行くと決めたコース。

絶対に登りきる。

苦しい…。

足が重い…。

 


まだギアは残っているはず。よし!シフトダウンだ!

しかし、すでにギアはインナー×ロー。
それでも、気づかずシフトチェンジしたとき、

シマノの場合

グニャ
(レバーを動かしたときの感覚)

スラムの場合

「パチッ!」
(レバーを動かした時の音)

シマノはローに入っていたら、基本的にその先はレバーが動かなくなる。

でも、

  • リアメカの可動範囲にどれだけ余裕を持たせているか
  • ワイヤーの伸び量

によって、レバーが完全に固定されるわけではなく「グニャ」と動く。

ここまで完成度が高いのに「なぜ?」って感じ。

対してスラム。

なんと変速レバーは普通通り動く。

シフトダウンの動作をしても、シフトチェンジはしない。

「パチッ!」っと鳴るのは、シフトダウンの動作音。

つまり、手で変速動作はしてるのに、変速しないということ。

シフトチェンジはキャンセルされる。

機械装置で例えたら、

スラム:ボタンを押しても安全装置が働いて、機械は動かない
シマノ:ボタンが押せなくなって(ちょっとだけ押せる)機械は動かない

スラムは機械操作的な発想でモノづくりをしている。
シマノはそれ以上動かせないんだから「そうなるよね」的な発想。

そもそも、モノづくりの感覚がちがう。

とは言っても、シマノで困ることは一つもない。

でも、デュアルコントロールレバーは、各社の個性がめちゃくちゃ出てるパーツ。

しかも、乗っている最中はずっと触ってる。

だから、シマノとそれ以外の違いを、ダイレクトに感じられる。

どこそこのフレームは硬いとか進むとか、フィーリングの話じゃない。

各社、見た目から、変速方法から、明らかに違う。

一度きりのサイクリスト人生。

できることなら、他を体験したい。

関連記事>>>電動シフト不要論】ロードバイクは引き算して美しくする

スポンサーリンク

シンプルな手の動き

 

IMG_20211208_073944 (1)
写真の人差し指の位置までが遊び。遊びはこれしかない。
非常に少ないストロークでシフトアップが可能

シマノと同じ動作

基本的に、SRAMの操作方法はシマノといっしょ。

いやいや、レバーが2本ないじゃん

レバーは1本だけど手の動作は同じ。

同じレバーでシマノと同じ動作をやるだけ。

先入観って恐ろしい。

シマノからSRAMへの切り替えは、それほど心配はいらない。

シフトアップが気持ちいい

1本のレバーの稼働範囲内で2つの動作を行うためなのか、シフトアップのストロークは短い。

レバーというよりは、むしろボタン。

すばやいシフトアップができる。

多段シフトアップが可能なのは、カンパの上位機種だけ。

だから、シフトアップがすばやくできるのはアドバンテージがある。

とくにシングル仕様の場合は、効いてくる。

ブレーキレバーが快適

シマノはブレーキレバーとシフトレバーを兼ねている。

だから、ブレーキをしたいときにも若干シフトする方向にも動くのは当たり前。

SRAMはブレーキレバーとシフトレバーが独立している。

当然、ブレーキをするときに、ブレーキレバーはY軸の方向にしか動かない。

明らかに力を入れやすい。

ブレーキレバーがX軸、Y軸のどちらも動くということは、安定しない。

ひどく気になるわけじゃないけど、シマノからSRAMに変えたとき、安定感に気が付いた。

ブレーキレバーにしっかり力が伝わる

快適に走るのは、小さなことの積み重ね。

関連記事>>>【フロントシングル化】恐怖のシフトダウンから解放された日

メンテナンス方法

 

IMG_20211208_073848 (1)

マメにスプレー(自己流)

シマノはデュアルコントロールレバーの中身を、簡単に見ることはできない。

内部にホコリやらなにやらが入らないようになってる。

SRAMは、ビビるぐらいむき出し。

ここまでむき出しする必要があったのか聞きたいぐらい。

だから、砂やホコリが簡単に侵入する。

大切なカムの摩耗が激しくなるので、思い出したときに、

 

パーツクリーナーでシュッシュ
スプレーグリスでピッピ

 

指定のグリスとかあるかもしれないけど、気を使ってられないのでホームセンターに売ってるやつを使用。

砂やホコリがない状態をキープしたほうが、グリスの種類を気にするより先。

この方法で5年ほど使っているけど絶好調。

シフトワイヤーに注意

  • シマノΦ1.2mm
  • SRAMΦ1.1mm

Φ1.2mmでも使えないことはないけど、ワイヤーをブラケットに通すのが大変。

0.1mmの差。

されど、

0.1mmの差。

なめてはいけない。

家にΦ1.2mmが余っていても、Φ1.1mmを使おう。

シマノ、SRAM共通として売っているシフトワイヤーはΦ1.1mm。

関連記事>>>自転車のメンテナンススタンド買ってみた【メンテナンス嫌い】

まとめ


シマノとはそもそも発想がちがう

後発メーカーだけど、全然違う視点でモノづくりをしている。


シンプルな手の動き

操作するものは同じで、動作を変えると機械の動きも変わる。オモシロイ。


メンテナンス方法
内部が激しく露出しているけど、だからこそメンテナンスはしやすい。

機材
スポンサーリンク
フォローする
自転車と英語初心者の情熱大陸

コメント

タイトルとURLをコピーしました