自転車と英語初心者の情熱大陸

高級志向、パーツの増設に疑問を持ち、安くていいもの、シンプルな自転車ライフの提案と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。


IMG_20210925_101803

いつものコース。

坂が見えてきた。

なかなかの勾配に備える。

アウターからインナーにシフトチェンジ。

シャリンッ!

足、クルクルクルクル。

落ちた…

チェーンが。

フロントディレイラーをアウターに上げれば、すぐに復旧するものの、すごく嫌な気分。

レース中に同じことが起きると、インナーにすることが恐怖と化す。

解決策

「フロントシングル化」



フロントシングル化であらゆるストレスから解放された



すでにMTBでは主流。

ロードにおいても、実に効果的だった。

シンプルなシングルはとてもステキ。

知らぬ間に気を使ってるフロントチェンジ


チェーンライン

アウター×ローはよくないとか

チェーンがトップチューブと平行になっている状態が理想。

よくないのが、フロントがアウターでリアが一番軽いローに入っている状態。

タスキ掛け状態になっているから、チェーンの減りが早いとか負担がかかると言われている。

だからリアをローまでシフトダウンせずに、早めにインナーに落とすのがセオリー。

シングルにする前は、こんなことを考えながら走っても特に負担には思わなかった。

でも、

シングルにしたらストレスだったことに気が付いた


シングルなら、考える必要がない。

重い

シフトダウン

軽い

シフトアップ

シフト操作はこれだけ。

フロントダブルだったら、
  • チェーンラインがどうの
  • インナーに落とす時の勾配
  • アウターに上げるタイミング
意外にフロントチェンジに関しては考えてる。

フロントシングルなら、何も考えない。

恐怖のシフトダウン

急にトルクが抜ける、強烈な不快感。

トラブルであることを全身で感じる、あの瞬間。

レースだったら、終わりを告げる瞬間かもしれない。

フロントシングルでも、チェーン落ちが100%ないとは言えない。

でも、落ちるときは外的要因。

大きな衝撃があったときとか。

フロントシフトチェンジでのチェーン落ちは、自分で運命を決めることになる。

これは納得がいかない。



アウターのままで行けばよかった…



トリム操作?

何それ?というひともいるかもしれない。


チェーンはアウターのまま、リアをシフトダウンしていく

チェーンがタスキ掛け状態になる

フロントディレーラーのプレートにチェーンが当たる
フロントディレーラー内側のプレートとチェーンが接触する (1)

シフトダウンレバーを静かにワンプッシュ

ディレーラーが少しだけインナー側に移動

チェーンがプレートに当たらなくなる
フロントディレーラー内側のプレートとチェーンが接触する (2)
これがトリム操作。

めんどい。

(電動シフトなら自動だけど)

(そんなややこしくて高いものはいらない)

フロントシングルなら、当然こんな操作はない。

ディレーラーがありませんから。

感じるままにシフトチェンジ。

重い

シフトダウン

軽い

シフトアップ

パーツが減る爽快感

IMG_20210925_101528

じゃまものが消えた

フロントディレーラーがなくなると、とてつもなくシンプルになる。

昨今のバイク事情は、いろいろアイテムが追加されていく方向にある
  • パワーメーター
  • ディスクブレーキ
  • 電動シフトとバッテリー
など、トレンドを追うことで、ゴデゴテバイクに仕上がるようになってる。

しかもエアロで、ダウンチューブがバーン。

BB周りがドーン。

そんな中、フロントディレーラーを取り払うわけで、超新鮮な行為。

シンプルなバイクの良さを痛感する。

操作が減った

当たり前だけど、フロントシフト操作の必要がなくなった。

シフトレバーもない。

(ちなみにSRAMはシフトレバーを取るのが超簡単)

一切の無駄を省いたルックスが美しい。

操作が減ることで、一番恩恵を受けるのがレース中。

明らかに走りに集中できる。

周回コースのどのポイントでインナーに落とすとか、考える必要がない。



もっと言うと、シングルスピードなら完全にペダリングに集中できる



それぐらい「やること」を減らすのは走りへの影響が大きい。

強いてあげるデメリット

ワイドレシオになってしまうこと。

どうしてもリアスプロケットのロー側が大きいものを用意しなくてはならない。

だから重量アップの可能性がある。

といっても、体感できるレベルじゃない。

そんなことより、一段一段の差が大きくなってしまうことに注目。

これは、場面によっては走りにくい。

特に仲間と高速で平地をローテーションして走っているとき。
  • 一段上げると重すぎる
  • 一段下げると軽すぎる
クロスレシオなら感じなかったこと。

こんな場面以外なら、問題ない。

だから、ライド中のほとんどは全く問題ない。

関連記事>>>

トラブルからの解放感

IMG_20210925_104120 (1)

さらばチェーン落ち

シングルにして、一番心配なのはチェーン落ち。

実は、フロントディレーラーがチェーン落ちを防ぐ役割を担っている


その証拠に、インナーとフロントディレーラーを外しただけで走ると、たちまちギャップで簡単にチェーンが脱落する。

フロントシングル化は、それなりの専用パーツが必要。

ナローワイドチェーンリング
    刃先がチェーンに隙間なく収まるようにデザインされている。

クラッチ付き リアディレイラー
    プーリーの動きを固定して、ギャップでもチェーンが暴れない。

この2つはどうしても外せない。

どちらもチェーン脱落防止対策品。

逆にこれさえ用意すれば、ゼロではないけどチェーン落ちの心配はない。

(いままでレースでもトレーニングでも落ちたことはない)

トリム量ミスのイライラ

トリム操作で重要なのは、ワイヤーの張り具合。

ゆるく張れば、トリム操作時の移動量が大きくなる。

きつく張れば、その反対。

なんと、ややこしいことでしょう。

ワイヤーの貼り具合一つで、トリム操作がうまくいかない


シッティングでは大丈夫だけど、ダンシングするとフレームがたわんでチェーンが当たったりすることもある。

フロントシングル化で、さらばトリム調整作業。

チェーンステーに噛み込む

アウターからインナーにシフトチェンジ。

下からチェーンが上がってきてチェーンステーとチェーンリングに挟まるトラブルもまれにある。

フレームにキズが入ってしまう場合が多い。

まさに、シフトチェンジするがゆえのトラブル。

新車だと、精神的ダメージが大きい。

もちろんフロントシングルなら、絶対に起きない。

まとめ

知らぬ間に気を使ってるフロントチェンジ
   シングルにして分かったストレスの正体

パーツが減る爽快感
   シンプルになると気持ちが晴れやかになる

トラブルからの解放感
   トラブルが起きない安心感は、レースからロングライドまで恩恵を受けられる  





SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット