自転車と英語初心者の情熱大陸

高級志向、パーツの増設に疑問を持ち、安くていいもの、シンプルな自転車ライフの提案と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。


greg-trowman-3QAr8g1pMsE-unsplash (1)

電動シフトにしようかなー。どうしようかなー。カッコいいんだよなー。


迷っているあなた。

そんな高いものはいりません。

普通の機械式だって、ものすごく快適です。

軽いタッチでスパスパとシフトチェンジしてくれます。

これ以上のものって、いるんですかね?

シマノをはじめ、カンパ、SRAM、どのブランドの機械式シフトレバーも、改善するところがない領域まで来てる。

だから、電動を開発…

次はどんなパーツが開発されて、なにをロードバイクに取りつけることになるのか。

そんなにいろいろくっつけて、どうするんですか?


物事の本質をとらえる

無駄のないロードバイクは美しい



パーツにあふれたロードバイクライフをもう一度考える。

動作は変わらない

cycling-2570380_640 (1)

ワイヤーが電線になっただけ

要はそういうこと。

ワイヤーでもできることを、電線を使ってモーターを動かしているだけの話。

たしかに、ボタン操作になったわけだから楽になったには違いない。

でも、え?それだけ?って感じ。

それでもみんな付いてる。

デンドーシフト。

スマホ充電して、シフトするのもまた充電。

あんなに高いのなら、もっとすごい変化がほしい。

ストレスフリーってなに?

電動ってさー、ストレスフリーなんだよねー。


って、あちこちで見聞きするけど、

そもそも機械式ってそんなにストレスですか?


「ストレス」って大げさ。

なにも困ることはありません。

シマノなんて、どのグレードを買っても超快適。

ボタンとまではいきませんが、間違いなく軽いタッチでレバーを動かせる。

とりあえず高い

とにかく電動は高い。

たとえばアルテグラの電動にグレードアップしたければ、13万円ぐらいは必要。

13万円ですよ!

自転車によっぽどドップリはまってる人が買うんだな…

と思いきや、電動シフトと、パワーメーターつけてる人なんて珍しくないすごい状況。

みんなが持っているからとか、魅力ある宣伝しているから買う理由のほうが意外に楽。


本当に必要かどうか考える方が難しくて、めんどくさい

引き算すると美しくなる

0e47d42f

実は機械式で十分

本当によくできています。

それに壊れない。

あんなによく動かす場所なのに。

これ以上、なにをする必要があるのか。

そりゃ、レバーじゃなくてボタンで変速したらカッコいい。

でも、それだけ。

それなのに、あんなに高い。

部品点数も増えて、構造が複雑になって、作るのに手間も時間も増えてる。

だからしょうがないけど、そこまでしてやることじゃないって思えちゃう。

実はフロントシングルで十分

DSC_0035 (1)

ロードレースに出るなら別。

でも、週末ライドなんかはフロントシングルで全く問題ありません。

そもそも、ひとりでのんびり走っているときに、クロスレシオ(ギアの歯数の間隔が狭いこと)なんか必要ない。

むしろ、しっかりギアが変わった感覚がほしいから、ワイドレシオ(ギアの歯数の間隔が広いこと)がいい。

ということは、フロントシングルにできるってこと。

完成車についていたから、何の疑問もなく乗ってます。


これじゃ、思考停止。

最初にロードバイクを見たとき、ママチャリと違ってカッコいいと思えたのは、泥除けとかカゴが無くて、走るためだけにできた道具だったから。

だとしたら、一個でも余分なパーツがないほうがカッコいい。

SRAMがフロントシングルを推し進めた理由の一つに、フロントダブルではギア比が重なる部分があることを問題視できたから。

たとえば、
  • フロント50T×リア18T=2.78
  • フロント36T×リア13T=2.77
と、ほとんど変わりません。

なんとなく、インナー36Tのほうが軽いような気がするけど、実は負荷は同じだった。

これに気が付けば、フロントディレイラーと左側のデュアルコントロールレバーが要らなくなる。

(ブレーキレバーはいるけど)

実はリムブレーキで十分

この先、リムブレーキが今以上に改善されることはないでしょう。

だから、現行モデルが最強ってこと。

その最強のリムブレーキは改善できるところなんてなくて、熟成したパーツということ。

これを使わない手はない。

時代の最先端にはなれないし、ならなくても大丈夫。

シンプルなルックスはキープできるし、メンテナンスも楽。

車へ乗せるときも、キャリパーが当たらないようにとか、そんなの全然気にしなくてもいい。


関連記事>>>

 どこへ行った?シンプルの美学

DSC_0034 (1)

それデコチャリですか?

はじめてロードバイクを見たときは、
  • 前カゴがない
  • 泥除けがない
  • スタンドもない
  • キャリアもない
  • 鍵も付いてない
そんなシンプルで走るためだけに作られた自転車だからカッコよく見えました。

でも、最先端のロードバイクにはいろんなものがついてる。

さらに、モニターからいろんな情報が入ってくる。

それがスマホとつながって、ナントカカントカ…

もう疲れちゃう。

パーツは最小限であるべき

ヒルクライマーが必死に軽量化するのはすごく当然なことで、すこしでも軽いほうがいい。

それがどれだけの効果があるかは別にして。

体感できるかどうかも別にして。

やれることはやる。

だけど、


いろいろ取り付ける方向に進んでる


すこしは快適になるだろうけど、トータルどうなんだろう。

車のハイブリットのように車重を100㎏以上重くして、ほら燃費いいでしょ?っていわれても、なんかしっくりこないのと同じ。

最小限のパーツ構成には、にじみ出るカッコよさがある。

余計なものはいらない。

関連記事>>>

まとめ

動作は変わらない
    よく考えてみると、電動シフトにしたところで劇的な変化はない
    
引き算すると美しくなる
    現状で十分なはずなのに、いつのまにか物欲に飲み込まれてることに注意

どこへ行った?シンプルの美学

    シンプルなことが、かっこよかったはずのロードバイクを思い出してみる




SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット