自転車と英語初心者の情熱大陸

高級志向、パーツの増設に疑問を持ち、安くていいもの、シンプルな自転車ライフの提案と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。


cycling-4397603_640 (1)

実は、右前左後のブレーキは世界的に見ると日本は少数派。

ルーツはというと…ってそんなのはどうでもいい。

扱いやすいのは、果たしてどっちなのか。

当たり前だと思っていた右前左後ブレーキについて、掘り下げていきます。

ポイント
  • おすすめは【右後、左前】その理由は、ブレーキは速度をコントロールするものだから
でも慣れるのは結構大変。

こまかなスピードコントロール

3a33eb01-s (1)

ブレーキはオンオフじゃない

あくまで、ブレーキはスピードをコントロールするもの。

ここがミソ。

リアブレーキは効きすぎないからスピードコントロールにちょうどいい


だから右手が利き手なら、右後左前がいいんです。

タダタダ握るだけのブレーキ操作をしていませんか?

ブレーキをかけている最中でも、ペダルを軽く回していることは多々あります。

ペダルを止めるだけでも減速するので、2つ同時にやったらかなり減速幅は大きくなります。

特に集団内でのブレーキコントロールは、他人に迷惑が掛からないように細心の注意を払うべき。

でも、いるんです。

車のアクセルで言うとブーン、ブーン走りの人。

アクセルを踏む量でスピードをコントロールしない人。

アクセルオンとオフしかしないから、前後の挙動が大きくなって乗り心地が悪い運転の人。

あの感じとまったく同じ。

もしも心当たりがあったら、要注意です。

集団走行では危ないし、無駄に力を使っていることになります。

利き手でコントロール

利き手は微妙な力加減が、非利き手よりも細かくできます。

それは試してみれば明らか。

多くの人の利き手が右手だったらという前提で話すと、右手でリアブレーキを操作することで、より滑らかなスピードコントロールが実現します。


リアブレーキを思いっきりかけるとすぐにホイールがロックします。

だから、ロックしないギリギリを探りながらブレーキすると、なめらかな減速ができるわけです。

シクロクロスでの優位性

そもそもこんなんでオフロードを走るっすか?っていうタイヤで走るシクロクロス。

コーナーでのグリップなんて超シビア。

だからブレーキングが雑だと滑っちゃう。

とくにフロントブレーキなんて、かけすぎに注意ですよ。

右後ブレーキ操作を音で表現するなら、

ジッジワー、スーッスー、スーッギュ。

まあ、こまかくいろいろやってます。

この動作を左手でやろうとすると、超苦しいレース中はかなりムズイ。

基本的にはグリップ力が低いタイヤのグリップに頼り切りのブレーキングになっちゃいます。

そうじゃなくて、なめらかなブレーキングでスピードコントロールができれば、あんなタイヤでもグッと走りやすくなるわけです。

参考記事>>>

疑ってみるブレーキの左右

valentin-petkov-NzAOcsech0w-unsplash (1)

買った時に右前左後ろだから

さて、ほとんどの人はブレーキが右前左後であることに疑問を持ったりしません。

自転車レースを動画で見たところで、そんな細かいところまで見えないし、プロバイクの写真を見たって気が付きません。

でも、リムブレーキのキャリパー自体は右後左前にした時に、ケーブルがきれいに収まるようにできているんです。

日本企業のシマノが作るブレーキキャリパーでさえ、右後左前なんだからどっちが標準なのかは言うまでもありません。

なにか理由があるはず。

話題に上らない

クラブチームの仲間と走っていても、ブレーキが右だの左だのなんて全く話題にならない。

たまにボクの自転車に乗った人がびっくりして

「あっぶねー!ブレーキ逆じゃん!」

なんて言われること数回。

ロードバイクで走っているだけなら、ブレーキのコントロールについてあまり考えることはないから、仕方ないかもしれません。

右前左後ろでも、特に問題があるわけではないので、話題にならないのが実のところ。

きっと、困っている人もいない。

それでも、右後左前ってどんな感じか気になっちゃう。

そんな人は、きっとヨーロッパかぶれ。

どうしてもワイヤーの取り回しの右前のときの汚さが気になっちゃう…

オフロードとオンロードで違う

基本的に、オンロードとオフロードではブレーキの掛け方が違います。

グリップが低いオフロードはスピードをコントロールする意味でリアブレーキを多用します。

リアだけ、フロントだけというブレーキのかけ方はしません。

これはオンロードだって同じ。

フロントがよくきくからと言って、フロントだけをかけるのはNG。

走りがぎこちなくなってしまいます。
  • オンロードフロント7 / リア3
  • オフロードフロント3 / リア7 
こんなイメージで前後のバランスを変える感じ。

参考記事>>>

変更した時の注意

cycling-4402746_640 (1)

急ブレーキ時に間違える

ここまで右後左前をおすすめしてきましたが、試すには結構注意が必要。

いままで右手でギュウギュウブレーキしても、何事もなかったのはフロントホイールがロックすることがないからです。

この感覚のまま右後にすると、リアがロックしまくります。
  • 信号待ちで止まろっかなーってロック
  • コンビニによろっかなーってロック
  • 自動販売機ジュースでも買おっかなーってロック
ただ止まるためだけのフロントブレーキに頼っていたことがまる出しになります。

このクセはなかなか抜けません。

ちょっと試して怖い思いするのは当たり前で、やるなら慣れるまで。

試して怖すぎるならすぐにやめる決断力が大事。

苦しいときに間違える

普段の通勤やサイクリングでは慣れたけど、レースなんかの苦しい場面だと、ブレーキが今までと逆だなんて200%忘れちゃいます。

レースまでじゃなくても、急こう配の登りを登り切った後の下り第一コーナーなんてやばい。

もう、ロックするしかない。

ザ、ザザザザー。

右手を目一杯握っても、それはリアホイールをロックさせるだけ。

若いうちがいい

ブレーキの左右を見直すなら、なるべく若いうちがベター。

といっても、順応性は人によるので自信があれば試す価値あり。

ちなみにボクは、10代に左右入れ替え完了。

いまではゴミ出しに使うママチャリに乗った時、毎回どっちがフロントブレーキなのかわからなくなる。

参考記事>>>

まとめ

こまかなスピードコントロール
   意外にブレーキを「かける、かけない」の雑なコントロールしているひとって多い。

疑ったことのないブレーキの左右
   左右を入れ替えると、コントロールがしやすくなる。

変更した時の注意
   とにかく注意して走行しましょう。体に染み込ませるように



SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット