【ロードバイクパーツ】ブランドを揃えないとダサくなる【シマノとカンパ】

スポンサーリンク
ホーム » 機材 » 【ロードバイクパーツ】ブランドを揃えないとダサくなる【シマノとカンパ】
a

やっぱ、シマノパーツ一択でしょー。

でも、ホイールはカンパがカッコイイだよなー

この組み合わせでも、間違いなく使える。

それぞれは、完璧な選択。

でも、ダサいのはなぜか。

2つのブランドともにコンポーネントパーツブランド。

デュアルコントロールレバーや、ホイール、クランクとか、同じパーツを作ってるライバルメーカー。

(背景は置いておいて)

だから、やっぱりチグハグに見えちゃう。

アディダスの服で、ナイキの靴だったら、わかりやすくカッコ悪るい。

シマノパーツで、カンパホイールも同じこと。

そんなのこだわりすぎじゃない?

でも、やっぱりブランドがチグハグなのは初心者が圧倒的に多い。

じゃあ、どのブランド同士を合わせるとダサくなるのか。

どうせならカッコよく走りたい。

スポンサーリンク

こだわらないことが初心者の証

象徴的なシマノパーツでカンパホイール

いちばんチグハグで、一番良く見かけるのがシマノパーツで、ホイールがカンパ。

買うときは、ホイールをバイクにつけたときの印象なんかは想像してない。

そしてなぜか、高級フレームに多いパターン。

どちらも最高級を揃えましたって感じ

その他にも、ハンドルとステムはDEDA+シートピラーはリッチー。

パーツ一つごと、視野を狭くして選んでいる感じ。

基本はトータルコーディネート

なにも、パーツだけじゃない。

Giroのヘルメットに、スペシャライズドのグローブ。

オークリーのヘルメットにPOCのサングラス。

身につけるものにも、会う合わないが存在する。

スペシャライズドのバイクには、スペシャライズドのヘルメットが一番しっくりくるし、

トレックのバイクには、ボントレガーのヘルメットがマッチする。

メーカーの戦略通りに乗っかっちゃてるけど、トータルでデザインされてるものにはかなわない。

関連記事>>>【dhbサングラス】あれ?結構イケてない?コスパ最強アイウエア

誰も見てない?

そんなの誰も見てないよ

別に自己満でよくね?

そんな寂しいことを言ったら、ロードバイクはつまらなくなる。

性能だけでパーツチョイスしていくと、楽しみを一つ失う。

基本的に人力で動くものだから、パーツを交換したところで衝撃的な変化は起こらない。

だから、見た目をよくすることも、楽しみの一つに加えたい。

「かっこいいバイクだね」って言われると、気持ちよく走れる

速ければ、ボロボロジャージでもカッコいい時代は終わった。

高級ジャージにする必要は全く無いけど、小綺麗にする必要はある。

その延長線上に、ブランドコーディネートがある。

関連記事>>>【だまされてはいけない】自転車における機材の差とは

スポンサーリンク

バッティングさせない

Embed from Getty Images

専門メーカーで固める

自転車のパーツブランドは意外にたくさんある。

みんな大好きシマノだけじゃない。

シマノなら、どの製品もハイクオリティーなのはわかってる。

でも、そこを外すところに面白さがある。

餅は餅屋

これならライバルメーカー同士がバッティングしない。

その道の専門ブランドでパーツやウエアを選択。

すると、初心者感が自然と抜ける。

例えば、

  • デュアルコントロールレバー:SHIMANO
  • クランク:FSA
  • ブレーキ:TRP
  • ハンドル・ステム・シートポスト:DEDA
  • ホイール:Reynolds
  • シューズ:SIDI
  • ヘルメット・サングラス:POC

特にこだわりがなくても、それっぽく見える。

1カテゴリー、1ブランド

あたかも、自分が企業スポンサーを受けている仮定すると楽しくなる。

  • ハンドルメーカーがステムも作っていたら、同じブランドに揃える
  • さらにシートピラーも作っていたら、同じブランドにする
  • でも、シートピラーしか作っていないメーカーならOK

プロチームが、ライバルメーカー同士のパーツをつけないのと同じ。

全部シマノパーツなのに、クランクだけローターにするのはアリ。

(ローターはクランク以外もあるけど、明らかに主力商品はクランクっぽい)

でも、総合パーツメーカー同士のシマノとカンパを混ぜるのは不自然に見える。

統一感がカッコよさを生む

ブランドを揃えるだけが、統一感ではない。

パーツチョイスにコンセプトがあれば、統一感がうまれる。

パーツを買うとき、バイクにまたがったときのことをイメージする

初心者は、パーツ単体しか見てない。

一点豪華主義にならないようにも注意したい。

あくまで、バランスが取れているかを意識する。

スポンサーリンク

同じ系列でそろえる

Embed from Getty Images

別ブランドでも実はつながってる

ブランドは別でも、グループ企業になっているパターンがたくさんある。

有名なのは、

  • シマノとハンドル、ステムなどのPRO
  • トレックとボントレガー

有名じゃないのは、

  • スラムとルックのオフロードペダル
  • シマノとレーザーヘルメット

違うブランド名だけど、シマノとかスラム、トレックの傘下に入ってる。

同系列でそろえるとうのは、こういうパターン。

プロチームは当然、同系列でそろえているのでマネするだけでそれっぽくなる。

メーカーの意図

商品カテゴリーを増やすことは売上アップにつながる。

クランクと変速機だけしかなかったら、ユーザーへの広がりは限られてくる。

そこで、商品ラインナップを増やすことになる。

これはメーカーだけのメリットではない。

ユーザーにとっても、商品を選びやすいメリットがある。

パーツの種類は星の数ほどある。

何がいいのか、ネットで選んでるだけなのに疲れて嫌になる

同系列で揃えておけば、踏み外すことはない。

メーカーの戦略に乗るのも悪くない。

全部同じでもダサい

ヘルメットからシューズまで全部同じブランドで揃えたら、それはそれで芸がない。

そのブランドの契約ライダーじゃないのに、揃えすぎてしまうと逆にダサくなる。

自分なりに、こだわりポイントを用意したい。

関連記事>>>【いまどきの自転車ウエア事情】それ時代遅れじゃない?

スポンサーリンク

まとめ

こだわらないことが初心者の証
プロ選手へのあこがれから入らないマイナースポーツの宿命

バッティングさせない
パーツを買う前にどんなブランドなのか、仕様以外を調べるのがおすすめ

同じ系列でそろえる
ショーウィンドウのマネキンが着てるのを、そのまま買う感じ

コメント

タイトルとURLをコピーしました