自転車と英語初心者の情熱大陸

自転車レース歴30年の経験と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。


Snapshot 1 (2021-04-24 14-56) (1) (1)

無灯自転車。

車に乗っていると、めっちゃ怖い。

なんで無灯で走るのか。

昔買った、激安ママチャリのダイナモライトは重くて暗かった…

どうせ、つけても前なんか照らせるわけもなく、無灯のまま走っている人が多かったのでしょう。

そもそも、あのライトは前方を照らして障害物を確認するものじゃない。

車や歩行者に、自分の存在を知らせる為だけについていたようなものです。


いざ自転車に乗る側になると、逆の立場に立てなくなってライトの事なんて無視。

なんて自分勝手なんでしょう。

反省。

で、デイライトがやっぱり必要なんです。

スポーツとして自転車に乗る時は、ほとんどの人が昼間だと思います。

でも、考え方は激安ママチャリのダイナモライトと一緒。

この記事でわかること
  • 昼間もライトをつける大切さ
  • 価格と効果のバランスがとれたデイライト

自分を守るための事故予防。

デイライトって昼間もライトをつけること

car-753853_640 (1)

車だってついてる

新しい車には、結構見かけるようになったデイライト。

昼間用のライトのこと。

ヘッドライトの一部がライン状に光ってて、ライト消し忘れてんじゃないの?って思うアレ。

もちろん消し忘れたんじゃなくて、勝手につくようになっています。

でっかいトラックにもついているんだから、それより小さい車には全部ついてないとおかしい。

だから、自転車なんてさらに小さい乗り物に乗っているんだから、つけて当然と言ってもいいぐらい。

予想以上の効果

ライトにもよりますが事故予防効果は、かなり大きいと感じます。
  • 見通しの悪いカーブミラー付きの交差点
デイライト
自転車が優先道路を走っていても、わきからニョキッと出てくる

その後に自転車が来ていることがわかっても、無視して出てくる

デイライト
カーブミラーに明るいLED点滅ライトが写り「ん?なにあれ」みたいな感じで、わきから出てこなくなる
  • せまい道のブラインドコーナー
デイライト
自転車は気を付けて左側を走っているのに、対向車はインを攻めてきて、慌ててハンドルを切ってる様子を見て焦る

デイライト
自転車は気を付けて左側を走っているのに、対向車はインを攻めてきてるけど、自転車の発見が早かったから、だいぶ手前でハンドルをきってた
  • 2車線道路を走行中の反応
デイライト
立て続けに、幅寄せ気味で追い越す車にイライラする

デイライト
幅寄せ気味で追い越す車が若干減る。ようなきがする。

デイライトの効果を感じると、デイライトを付けていないと不安になるぐらい。

いままで全然目立ってなかったことがわかります。

最近のウエア事情と目立たないサイクリスト

coen-van-de-broek-hdyYvZ3Hj7w-unsplash (1)

スタイリッシュなほど目立たない

今思えば、昔のウエアはひどかった…

自転車を始めたのは約30年前。

チョーダサくて派手。

それはそれは救いようのないデザインばかり。

でも、今は街に溶け込むカッコいいウエアがたくさんあります。

でも「街に溶け込む」のが安全性という観点からするとまずい。

昔は、ダサすぎて目立っちゃって安全だったけど、今ではその逆。

だから、昔よりもデイライトの必要性はあがっています。

もう、あのダサいウエアは着たくないし。

車優先社会を再認識する

歩行者、自転車優先っていうテイだけど、車のドライバーはそんなこと思ってない。

いったん車のハンドルをにぎると、自転車なんて邪魔扱い。

わかります。

邪魔ですもん。

若いころは「歩行者、自転車が優先じゃい」って感じで、ドライバーとよくケンカしてました。

でも、そんなこと言ったところで、ドライバーの意識が変わるわけでもなく、自分も心穏やかに走れません。

諦めました。

こちらから注意を促すと、意外に受け止めてくれるんですね。

わき道から出てきそうな車に対して、初めに手を上げて「ありがとう」って言っちゃうとか。

デイライトもその一種。

デイライトをピッカピッカ光らせて、邪魔ものですが走ってます!ワリーねー!的な感じで走ったほうが、結局のところ自分が快適に走れます。

参考記事>>>

軽視してない?デイライト

Snapshot 2 (2021-04-24 14-59)

都会だけじゃない 田舎道だって必要

当然、車の多い首都圏は事故の確率も高いから、都会に住むサイクリストは安全意識が高いと思います。

で、地方のサイクリストというと安全意識が高いとは言えない。

だって、車走ってないもん!

ボクの通勤路は、片道最短距離8㎞。信号3つ。

帰り道なんて、一台も車とすれ違うことなく帰宅することもしばしば。

でも、「だからこそ」なんです。

車もサイクリストも、お互いに対する意識の低さで事故が起こるケースがあります。

ロードバイクは、交差点で一時停止しているドライバーの想像以上にスピードが出るから、思っている以上に近づいてくるスピードも速いわけです。

田舎のサイクリストは、車と出会う回数は少ないかもしれませんが、ドライバーへ注意を促す行為は余計に必要です。

車が少ないからと言って、軽視できません。

装着率が低いフロントデイライト

Snapshot 4 (2021-04-24 15-29)

比較的テールライトを付けている人は見かけますが、フロントのデイライトを付けている人は、まだまだ少数派。

というのは、ダサいから。

ロングライドも出るだろうが、初心者モデルだろうが、原型はレーシングバイクなわけで、不要なものが付いているのはカッコ悪いと感じる世界。

昼間に大きなライトをつけて走るのは、ルックス的によくないわけです。

でも、やはり安全には変えられません。

前方は自分でも確認できるから、必要性を感じないのもわかりますが、事故は不意に起こるもの。

ちょっとでかいライトをつけるぐらいで、事故を未然に防げるならメッチャつけます。

参考記事>>>

おすすめデイライト

意外に乾電池式がおすすめ

何でもかんでも充電式の時代。

でも、テールライトに限っては乾電池式がおすすめ。

しかもボタン電池とかじゃなく、単4とか。

それは充電しなくてもいいから。

前照灯は、乾電池モデルで明るいものは無いし、消費電力が大きいので充電タイプのほうが経済的です。

でも、点滅でも十分なテールライトは、乾電池でもかなりの長時間発光できます。

ライトも充電して、テールライトも充電してなんてメンドクサイ。

特にテールライトは、こんな法則がある気がします。
  • ダサい  大きい⇒安い  長時間発光
  • カッコいい  小さい⇒高い  短時間
それで、間を取ったのがCATEYE TIGHT(タイト)。

ブレーキするとひかり方が変わるキネティックというモデルもありますが、高いのでおすすめはこれ。

乾電池単4を2本で、点滅モード180時間。

十分ですね。

フロントは通常ライトの点滅モード

前照灯は本当にいろいろあって、何にしようか迷っちゃいます。

そんな時、基準としているのが
  • 充電式
  • ¥5,000ぐらい
  • CATEYE
AMPP500は価格と機能のバランスが取れています。

通勤をしていても、明るさに不満はありません。

点滅モード50時間。

昼も夜も安心のライト。

まとめ

デイライトって昼間もライトをつけること
  車でもついているんだから、自転車はついていてフツーぐらい。

最近のウエア事情と目立たないサイクリスト
  カッコいいウエア程、目立たない。デイライトが必要です。

軽視してない?デイライト
  地方のサイクリストほど、デイライトに興味がなさそう。でも実は必要。

おすすめデイライト
  フロント充電、リア乾電池で決まり。


SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット