自転車と英語初心者の情熱大陸

高級志向、パーツの増設に疑問を持ち、安くていいもの、シンプルな自転車ライフの提案と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。


IMG_2885

Amazonとか楽天でしか見かけない謎のブランドシューズカバーって、なんか心配。

だけど気になる。

SHIMANO、BBB、GIROとか、いろんなブランドからシューズカバーが出ていますが、4~6千円もします。

地味に高い。

その割に、破けたり、擦れきれちゃったり長持ちしません。

そこで、気になる存在なのが2千円台で売ってる謎ブランドのシューズカバーたち。

はたしてその実力はどうなんでしょうか。

(左右逆に履いているかもしれない…)

謎ブランドのロードバイクシューズカバーってどうなの?

IMG_2884

今回購入したのは写真の製品。

ブランドはROCKBROS

ん?聞いたことありません。

でも、なんかちょっとカッコイイブランド名。

結論はまったく問題無し。

ブランドがどこであろうが、実際に作っているのはほどんど中国なので、中国の技術に疑いの余地はありません。

とくにこういった縫製ものに関して、心配する必要はないと思います。

おまけに防水ジッパー採用で、水が入りにくくなっています。

IMG_2886

正直、ここから水が浸入しやすいかと言えば、そうでもないような気がしますが、防水への配慮は一流。

ROCKBROSの他のモデルも購入したことがありますが、安心して買える中華ブランドです。

ただ足首周りが小さいので、人によっては窮屈に感じるかも。

でも質感は、5000円ぐらいのシューズカバーとそん色ないぐらいにいい感じ。

関連記事>>>こりゃ便利でおすすめ!こんなサイクルタイツがあったとは!

意外と消耗が激しいシューズカバー

シューズカバーって、消耗が激しい。

ギアに引っかかって破けたり、シューズカバーを着けたまま歩くと(もちろんいちいち外して歩くことはありませんが)、当然つま先部分はは地面をスリスリ。

知らないうちに穴が開いていたりするものです。

だから、高級品はおすすめしません。

リーズナブルな商品を、購入サイクルはやめで入れ替えた
方が、気持ちよく走れます。

特に、MTBシューズで使う人は消耗が激しい。

MTBシューズで走るという事は、使うシチュエーションが厳しいという事ですが、ソール底のブロックをシューズカバーが覆ってしまっている場合、非常に破けやすいので要注意。

写真で見てわかるように、ソールの突起部分でシューズカバー先端を踏みつける感じ。


IMG_2897

関連記事>>>ロードバイク乗りはシューズカバーを履きこなす!

 大体みんな一緒

謎ブランドでも、有名ブランドでも使っている素材はウエットスーツに使われる「ネオプレーン」という、発泡ゴム系の素材です。

一切の透湿性はありませんので、運動強度高めで走っているとシューズの中が蒸れてきます。

だから高級品だろうが、なんだろうが蒸れるのはいっしょ。

透湿性のあるシューズカバーもありますが、決まってペラペラで、防風性はあるけど保温性はないというものが多い。

足先は一旦冷えてしまうと、なかなか回復しない部位なので、発泡ゴム系の素材を使ったものをおすすめします。

 サイズがよくわからないので参考までに

IMG_2891

シューズその物のサイズなのか、それともシューズの外につけるものだから、ちょっと大きめを買うのかすごい悩む。

対応サイズも38~41 41~44とか、41のシューズを履いている人は超悩んじゃう。

大きすぎるとだぶついて、余計にだぶついてギアに引っかかりやすくなります。

逆に小さすぎると足首の窮屈感が半端じゃなくなる。

参考までに今回購入したROCKBROSのサイズはL/XL。

わかりにくい写真で申し訳ないのですが、シューズの全長30㎝ぐらい。

IMG_2889

多分、この下のサイズを買ったら入らないぐらいのサイズ感。

超ハイコストパフォーマンスの中華シューズカバーはおすすめです。

SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット