スポンサーリンク

【レイヤード】フルジップタイツで冬が快適【タイツ一枚で走るのはおかしい】

 

IMG_2882


自転車にはお金をかけるけど、ウエアは激安通販。

しかも冬なのに超薄着なんて人、

結構見かけます。

自転車の乗り味を語るだいぶ手前に、ウエアを十分に揃えることが楽しむコツ。

快適に走るには、バイクの良し悪しじゃなくて、気温と走りの強度に合わせたウエアを着ているかどうか。

この記事では、冬のライドの必需品、サイクルタイツの中でも、まだあまり知られていないフルジップタイツについてご紹介します!

 

 

こりゃ便利でおすすめ!こんなサイクルタイツがあったとは!

 

 
 
フルジップタイツとは、両サイドにオープンチャックが付いていてシューズを脱がずとも履いたり、脱いだりが出きるタイツ。
 
すでにシクロクロスでは、20年前に見たヨーロッパの大きなレースで使われていました。
 

 

シクロクロスは、とっても寒い時期に行うにも関わらず、運動強度がとても高いので、レース中はかなりの薄着。

 

 
だから、スタート1分前まで着込み、直前に脱ぎたいので、こんなアイテムが誕生したのでしょう。
 
もしフルジップタイツがなかったら、超寒いのにスタート10分前からナマ足で待っていないとなりません。
 
これじゃあ、せっかくのウオーミングアップが台無しです。
 
通常のタイツにもジッパーはついていますが、短くてシューズを履いたまま脱ぐことはできません。
 
ただ、ジッパーが伸びただけではなく、オープンチャックになっているのがポイント。
 
脱ぐ、履くのように足を入れる必要がありません。
 
ジャケットや、ウインドブレーカーのように「着る」感覚
 
ここで気が付くのは、単なるレース前のウォーミングアップウエアじゃなくて、他にも用途がありそうな点。
 
その前に。

 

なぜか足だけ軽装?

 

nikita-ignatev-uw5y4BdHgOA-unsplash

 

昔から思ってました。
 
真冬のトレーニングをするときのトップスの装備。
  1. アンダーウエア
  2. 透湿系の厚手ウインタージャケット
  3. ウインドブレーカーベスト
  4. ウインドブレーカー
1から順番に着ていく感じ。
 
ちなみにウインドブレーカーベストの上に、ウインドブレーカーを着るのは、ウインドブレーカーを脱いだ瞬間にいきなり寒くならない利点があります。
 
続いてボトムスの装備。
  1. アンダーウエア
  2. タイツ
チョー寒くてもこれだけ。
 
他にやりようがない。
 
だから、下だけめっちゃ寒い。
 
だから、タイツ前面に防風素材を使ったタイツとかも買ったんです。
 
出だしはいいけど、体があったまっても脱げないから、けっきょく超不快。
 
みんなこんなもんだと思って走っているのか…
 

足だけ軽装問題は、解決されないまま長い年月をすごしました。

関連記事:ロードバイク乗りはシューズカバーを履きこなす!

 

こんな発想なかった使い道!

 

pexels-pavel-danilyuk-5807545

 

シューズを履いたままタイツを履けるというのは、想像以上にメリットがたくさんあるんです。
 
シクロクロスなんて出ないから、オレには関係ないなんてことはありません。
 

 

意外な使い方 その1

 

  • トレーニングの出だしだけ使う
家から出たときは寒いけど、体が温まったら簡単に脱げる利点を生かした使い方。
 

脱いだ後、ポケットがもっこりしてしまいますが、しっかり畳めば何とか入ります。

IMG_2880

 

 

 

家から出たときの寒さから解放されます。

 

 

 

意外な使い方 その2

 

  • 晩秋でもヒルクライムを快適に楽しむ
冬でも峠に上りたいけど、下りが寒くて断念している人。
 
絶対おすすめです。
 

下る前にウインドブレーカーは着るのに、下だけは完全無防備。

IMG_2878

 

 
寒いのは当たり前。
 

登りでそんなに汗をかかないで登ったとしたら、そりゃ寒いはず。

写真のように、オーバーパンツ感覚でシューズカバーの上にかぶせる感じ。

 
真冬に峠は無理だとしても、ヒルクライムシーズンがぐっと伸びます
 

 

意外な使い方 その3

 

  • 待ち時間の多いサイクルイベントで活躍
複数の競技に参加予定で、スタートまでに微妙な待ち時間がある。
 
シューズを脱いで…タイツを履いて…次のスタート近くになったらタイツを脱いで…シューズを履いて…考えただけでも面倒くさい。
 
だったら何も履かずに寒いまま。
 
初心者は体を冷やしてはいけないなんて、気が回らず薄着のまま会場をウロウロしています。
 
フルジップタイツなら、面倒くささゼロ。
 

気を使うべきはバイクじゃなくて、自分のからだ。

 


カスタム品は敷居が高いという方。

カペルミュールなら既製品があります。

カスタム品より若干ゆったりシルエット。

まとめ

 

  • 足だけが、薄着に気がつこう!
  • レース前だけじゃない!使い方いろいろ。


コメント

タイトルとURLをコピーしました