スポンサーリンク

【100キロ】ロードバイク初心者の壁を突破する【周回コースで無理なくクリア】

ホーム » トレーニング・精神論 » 【100キロ】ロードバイク初心者の壁を突破する【周回コースで無理なくクリア】
a

100キロなんて無理でしょー

でも「100キロ乗った!」って言いたいんだよねー

そう。

100キロ走破は、自転車を知らない一般人との境目。

自転車を知らない一般人が、自転車で100キロなんて到底信じがたい距離。

だから、それを言った時の反応がすこぶるいい。

まさに承認欲求が満たされる。

それが100キロ。

だから、自転車を始めたら100キロ走破は一つの目標にしたい

ところが、実は言葉の重みより、それほど難しくない。

コツさえおさえれば、初心者でも十分に達成できる。

周回コースにしてしまえば、いろいろと融通がきく。

決して楽になるわけじゃないけど、管理がしやすい。

だから自分と相談しながら遂行できる。

挑戦しやすい環境づくりは、非常に大切。

達成した暁には、大きな自信となり継続するモチベーションアップにもつながる。

スポンサーリンク

目的を100キロ走破に絞る

目的地は設定しない

100キロ走破となると、まず設定したくなるのが目的地。

まず、その固定概念をやめる。

自転車をしらない一般人からよく質問されるのが、

今日はどこまで行ってきたの?

あっ、となりの○○市からですー

(つーか、べつにいつもの練習コースなんだけど…)

じゃあ、これから行くの?

あっ、ハイ!アハアハ…それじゃ…

(いや、べつにツーリングしてるわけじゃねーし…)

地元民と自転車マンのあるあるシーン。

こんなんだから、100キロ走るのは遠くに行かなきゃならない固定概念がうまれる。

あくまで、目的は100キロ走破に絞ることが成功のカギ。

だから、コースは大胆に周回コース。

周回コースにするメリット

  • いつでもやめられる
  • 残りの距離を感覚でつかみやすい
  • 計画的に負荷を組み込める

周回コースにするデメリット

  • 同じ景色で飽きる
  • 地域によってはコース設定が困難
  • 先が見えるつらさ

初心者にとって、いつでもやめられることは、一番重要なポイント。

体力的にも、精神的にも、無理は禁物。

楽しむことが大前提にある。

無理をして達成できたとしても、次に乗りたくなくなったら元も子もない。

趣味なんだから、途中断念したところで、だれからも文句を言われる筋合いはない。

だめだったら、またやればいい。

周回コースにすることで、100キロ挑戦のハードルはかなり低くなる。

でも、1コースだけだと流石にあきる。

だから、バリエーションをいくつか作る。

同じ場所を、永遠とぐるぐる回るってことではない。

  • 小周回
  • 大周回
  • 折り返しコース

たとえば、この3種類のコースが重なっている場所がなくても構わない。

とにかく、自宅から大きく移動しないのがポイント。

距離は3キロ〜10キロ。

あまり長すぎると周回コースのメリットが薄れる。

100キロの満足感

100キロの満足感は、格別。

すごいことを成し遂げなような感覚を得られる。

ロードバイクに乗るまで、自転車で100キロなんて信じられない距離だった。

特別体力がある人達だけが、乗れる距離だと思ってた。

ちがった。
思ってたより簡単だった。

無理ない周回コースで、100キロをこなせば、きっとこんな感想になる。

簡単のわりに、インパクトが大きい距離。

100キロ走行は、人に話したときの反応がいい。

これだけでも、十分な満足感を得られる。

意外につらい平地走行

周回コースなら、ずっと平地でいいじゃん。

これが意外に落とし穴。

平地の負荷は、山に登るよりも少ない。

でも、平地は足を止めることができない。

山を登ったとしても、下りは足を回していないわけで、それなりに回復にあてられる。

でも、平地はつねに足を回している状態なので、休みが取れない。

山が苦手だと、どうしても平地のコースを選択しがち。

でも、それはそれで厳しいものがある。

休めない他にも、

  • 景色がどうしても単調になる
  • 精神的にダメージが大きい
  • フォームが固定されがちで疲れがたまる

体力面よりも、精神面に気を配らなくてはならない100キロ走行には致命的。

できることなら、いい景色の中を走れば100キロなんてすぐ。

関連記事>>>【ヒルクライム】好きじゃない人が楽しむコツ【軽いギアは間違い】

スポンサーリンク

最大のポイントは補給

補給量がわからない

初心者にとって、いちばんわからないのが補給食の量。

どのくらい食べれば、ガス欠せずに走りきれるのか。

ガス欠=ハンガーノック

ハンガーノックになってしまったら、まず走り続けることはできない。

生あくびが出てきたら、かなり危険な状態。

経験値として、ハンガーノックの前兆を感じることは必要かもしれない。

でも、一人山奥でハンガーノックになったら目も当てられない。

事前に防ぐために大量の食料をポケットに入れても、足りるかわからない。

大量と言っても、バイクウエアのポケットに入る量なんて、たかだか知れてる。

それと、そもそも走りにくい。

前日に何をどのくらい食べたのかも、翌日の走りに影響する。

その日の気温によっても、お腹の好き具合は変わってくる。

100キロならこのくらいの補給食で足りるとわかるようになるのは、結構走り込んでから。

いつでも補給できる環境

だから、周回コースにコンビニがあれば問題はすべて解決する

大量の補給食をポケットにいれる必要もない。

自分が思うよりも、早めにコンビニへ立ち寄ることで、ハンガーノックは防げる。

周回コースに組み込めないとしても、すこしコースをはずれれば寄れるぐらいの位置あれば問題ない。

補給できるポイントを絶対に把握すること

いまのタイヤ事情、自転車パーツ事情は、格段に向上してる。

だから、機材トラブルより前に精神面、体力面だけを心配することが先決。

こころの補給

しっかりと休憩をとる。

これには、デメリットもあって、次に動きたくなくなる。

まあ、それでも全く問題ない。

モチベーションが低いから、そうなっているわけで、高いときに再挑戦すればいいだけ。

かと言って、あんまり休憩を取りたくないひとでも、一定スピード走行は大問題。

第一、飽きるし、人間の集中力はそんなに高く続かない。

完全に止まって休むほかに、乗りながら休む方法もある。

  • 上半身を積極的に動かしてほぐす
  • ハンドル上バーを持って、リラックス
  • ペースをぐっと落として、補給食をバイクの上でとる

(もちろん車の少ないところじゃないとだめ)

案外、止まって休憩するよりも疲れがとれる。

スポンサーリンク

失敗できる環境整備

はじめから成功するとは限らない

挑戦は何度でもやればいい。

いきなり100キロにしなくても、段階的にやってもいい。

そんなとき、周回コースならあと1周で100キロだけど、やめるなんてこともできる。

みんな、普通なら目的地を設定してロングライドする。

ひょっとしたら、そのほうが成功率は高いかもしれない。

それは、逃げ道をなくしているから。

でも、もし無理していたら、あとが続かない場合がある。

たった一回の失敗では、短期的には影響がないかもしれない。

でも、無理して100キロ達成したそのシーズンの冬を、乗り切れないかも知れない。

モチベーションはコントロールしなければならない。

やりすぎは絶対にダメ。

また走りたい

こう思えるように、走りを調整していく必要がある。

無理をしないのが大原則

初心者のうちに無理をすると、乗らなくなってしまうことに繋がりやすい。

100キロライドに成功すると、どんどん距離を伸ばしたくなるのも事実。

でも、自分の能力と常に相談しながら走ることが大切。

決して感情に任せてはいけない。

100キロの中に、休憩区間を計画的に入れてもいい。

最終目標は継続

すべては、継続的に楽しむため

100キロ制覇したけど翌年0キロでは、もったいない。

だったら、もうすこし長いスパンで考えて、段階的に距離を伸ばすなどの工夫をしたほうがいい

継続してこそ、見えてくるものがある。

100キロ制覇は、継続へのモチベーションになる。

が、しかし気をつけないとやめるきっかけにもなる。

関連記事>>>【ロードバイクモチベーション向上】忍び寄る魔の季節は「秋」

スポンサーリンク

まとめ

目的を100キロ走破に絞る
遠いところへ行かなきゃならないわけじゃない。発想を変えよう。

最大のポイントは補給
補給がうまくいかなければ、成功しない。補給を確実に楽にすることがポイント。

失敗できる環境整備
挑戦を容易にするのは、失敗できる環境をつくること。

プロフィール
この記事を書いた人
自転車普及研究所

自転車レース歴30年。
16歳で初レース、初クラッシュ。
そこで火が付き19歳でベルギーへ3か月間のロードレース活動。

翌年渡航資金を貯め、21歳で再び7カ月間ベルギーでレース参戦。
滞在中に語学の面白さに気付き、英語学習を開始。

以後、独学で英語学習しつつ、シクロクロスを中心にレース活動中。

シンプルな自転車ライフの提案と英語攻略を目指します。

フォローする
トレーニング・精神論Uncategorized
スポンサーリンク
自転車と英語初心者の情熱大陸

コメント

タイトルとURLをコピーしました