【ポタリングとサイクリング】実は動機付けがむずかしい

スポンサーリンク
ホーム » 継続させるコツ » 【ポタリングとサイクリング】実は動機付けがむずかしい
coen-van-de-broek-C4S0b9RfO0E-unsplash (1)

オレ、ガチ勢じゃないし

ゆっくりのんびり走れれば、それでいいんだよ

こんな方々はレースに出ている人たちと、真逆に位置している存在なのか。

いや、そんなことはない。

レースの楽しみ方だっていろいろある。

普段はポタリングしかしてない人だって、レースに出てる。

実は、目標がなく「走っているだけ」だと、案外続かない

自由に走っているのは、気持ちいいけど必ず「飽き」がくる。

朝起きて、着替えて自転車に乗る

  • 寒い、暑い
  • 天気いい、悪い
  • 快調、疲労困憊

自転車に乗る条件は、一定じゃない。

気分がいい時だけ乗るにしても、乗らない理由なんていくらでも用意できる。

目標がなければ、あっという間に自転車にホコリが積もる。

あてもなくブラブラ自転車でお散歩

最初はいいけど、そのうちブラブラするところもなくなる

「ポタリング」とか「サイクリング」を続けるのって、案外難しい。

だからレースに出よう

レースはとっても刺激的。

町内の運動会だと思って出ればいい。

たとえ遅くたって、誰も気にしてない。

カラオケを、真剣に聞いている人はいないのと同じ。

自分だけが楽しめばいい。

レースは特別なものじゃない。

スポンサーリンク

ゆるいのは楽しいのか

dan-russo-XGkl5yYHxyA-unsplash (1)

一見自由でカッコイイ

肩ひじ張らず、のんびり楽しむのが趣味の醍醐味。

だから散歩程度にゆっくり走る。

優雅に趣味を楽しんでいる。

苦しくない。

楽しい。

実は、この状態を長続きさせるのは難しい。

それは目標がないから

いや、目標なんて作ったら楽しくなくなるよ

学校で無理やり書けと言われた、あの目標じゃない。

「目標」という言葉のイメージが悪い。

自分自身で、自分の為だけに設定する目標のこと。

ただ、ゆるいだけだと結局のところ、自転車の楽しさを味わうことすらできない。

趣味を続けるのには、緩急が必要。

関連記事>>>【禁断の頂上休憩】一人でたのしむロードバイクのコツ

達成感が得られない

達成感?いや~、そんなのは求めてない

達成感っていう響きが、大げさかもしれない。

小さな目標でも、クリアすれば達成感が得られる。

ビデオゲームにハマる構造

  • ゲームは、達成感を得られるように作られている
  • 達成感がなければ、ゲームはすぐに飽きられる

これと全く同じ。

実際のスポーツになると、息が上がって苦しい場面もあるし、達成感を得られるまでが大変。

苦しい先に達成感があるけど、本当に苦しいことは受け入れられない。

(ゲームならいいんだけど)

苦しいけど、その代わり感動も大きい。

緩急も大きい。

ビデオゲームも、自転車レースも必要なのは
「達成感」

楽しく感じるのに必要なプロセス。

やってくるマンネリ

ポタリングにやってくるのはマンネリ。

  1. ゆっくり楽しむ
  2. 登りを避ける
  3. 遠くには行かない
  4. 景色が変わらない
  5. 近所をウロウロ

もちろん、最初は楽しい。

でも、そのうち飽きてくる。

無論、これで継続できる人もいるけど、やめていく人も多い。

自転車に限らずマンネリは、なにをやるのにも大敵。

ポタリングだけだと、なかなか厳しい。

関連記事>>>【非ロングライド派】ロードバイクで長距離乗らない理由

スポンサーリンク

レースはガチじゃなくてもいい

20151128185909
出典:JAPAN CYCLING CHRONICLE

とりあえずスタートを味わう

何レース出ても、スタートって緊張する。

ホビーレースは、距離が短いからロードでもシクロクロスでも、スタートから速い。

だからスタートで失敗しないようにって緊張しちゃう。

この緊張感を味わうだけでも、かなり刺激的。

スタートを味わったあと、辛くなったらやめたっていい。

とりあえずスタートする

この目標は達成したんだから。

レースの楽しみ方なんて、人によって違う。

レースに出るレベルじゃないとか言う人がいるけど、

レベルの高い人がレースに出ているわけじゃない

出る理由は、楽しいだけ。

完走?どうでもいい

出るからには完走しなくちゃ

これは間違ってる。

自転車レースは耐久レースではない。

フルマラソンの完走には価値があるけど、20㎞しかないホビーレースの完走には価値がない。

(極端な表現ですが、自転車で20㎞はそれほど困難なことではない)

それよりも、

「1周目だけは先頭集団についていけた」

このほうが価値ある走りと捉えるのが自転車レース。

スポーツによって価値観が違う。

年一でも、目標になる

たとえ、年に一回でもいい。

イベントに出る刺激が、より一層ポタリングを面白くさせる

比較的、近所のレース。

イベント感が満載の派手なレース。

気に入ったレースに出ればいい。

レースとポタリングの差を感じるのが大事。

関連記事>>>【初心者ほどやらない】ロードバイクでスプリントしてる?【スカッ!とするよ】

スポンサーリンク

初心者におすすめレース

出典:JAPAN CYCLING CHRONICLE

異国感漂う「スーパークロス」野辺山

ゴリゴリのイベントレース。

会場周辺は、長野県の野辺山、滝沢牧場内。

そこは、日本離れした景色が広がってる。

自転車ブランドの展示ブースや、フードも充実して家族で行っても、文句はでない。

シクロクロスは、岩がゴツゴツしたハードなダウンヒルもないし、絶対スピードが低い。

だから、ほかの自転車レースよりも敷居が低い。

泥がなければ、お手持ちのグラベルロードでも問題ない。

意外にもトラックレース

なかなかとっつきにくいのがトラックレース。

自転車レースのイベントとして、イメージするのはスタートラインに人が並んでよーいドン的なヤツ。

トラックレースは違う。

一人ずつスタートするタイムトライアルがある。

限りなくクラッシュの危険性がない。

しかも、タイムで争うからスタート前の緊張感は格別。

でも、ネガティブ要素がいくつかある。

  • 固定ギアっていうだけで、危ないイメージがつきまとう
  • 使用頻度の少ない自転車を用意しなくてはならない
  • ロード、MTBなんかよりも情報が少ない

しかし、それを越える面白さがある。

  • 普通コーナーは減速するけど、加速しながらコーナーに入れるのがバンク
  • 遠心力をリアルに体感できる
  • そもそも固定ギアは、駆動にロスがないので、自分が速くなったように思える

バンクって、日常では味わえない感覚がいっぱい。

バンク教室から始めるのがおすすめ。

関連記事>>>自転車トラックレースって意外に敷居が低い

おすすめできない自転車レース

ホビーレベルのロードレースは、おすすめできない。

近年の自転車ブームで、危険度が増している。

安全に走るには集団走行という、かなり特殊な暗黙のルールを体にしみこませなくてはならない。

集団の中では、前後左右に気を配り、あらゆる気配を察知しなくてはならない。

察知できない人同士の集団ほど危ないものはない。

集団に入れたとしても、クラッシュに巻き込まれたら、肝心のポタリングが楽しめなくなってしまう。

現在は、ロードレース意外にも楽しめるレースはたくさんある。

スポンサーリンク

まとめ

ゆるいのは楽しいのか
ずっとゆるいままだと、だいたい「飽き」がくる。

レースはガチじゃなくてもいい
レースは速い人だけが出るわけじゃない。

初心者におすすめレース
まずは、絶対スピードが低いレースがおすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました