スポンサーリンク

【継続は力なり】ロードバイクが好きだけでは続けられない【苦しいスポーツ】

そもそも、続けることってむずかしい

ロードバイクだけじゃない。

何においても、継続が一番難しい。

周りを見ても、一つのことを続けてる人ってそんなに多くない。

一つのことを長く続けたことがない人に限って、

好きだから続けられるんでしょ?

って言ってくる。

たぶん、その言葉には

オレにも、それぐらい好きなものがあったら続けられるのに

という思いが込められている。

でも、実際には好きだけでは続けられない。

必要なのは続けるための努力。

「好きだから継続できる」

わけではない。

めっちゃ好き→続ける努力→継続できる

これが正解。

好きだと、努力しなくても自動的に行動へ移せるわけじゃない。

いくら好きでも、好きをキープする力が必要。

これが意外にむずかしい。

でも、キープする力を意識するのは、軌道に乗るまでの間だけ。

自転車に乗ることが習慣化してしまえば、乗らないほうが気持ち悪くなる。

好きだけど続けられない。

そんな思いがあるなら、もう少しの努力かもしれない。

継続をキープするコツがわかれば、続けるのは容易い。

続けることで、趣味を深堀できる。

継続をキープするコツとは何なのか。

スポンサーリンク

いくら好きでも飽きが来る

いくら好きでも、同じことを同じように続けていると飽きる。

  • コースはいつも一緒
  • 疲れるからヒルクラムはしない
  • 常に一人で走ってる

自分の好きなようにやるのが趣味。

でも、あまり自由にやりすぎても結局マンネリを招く。

苦しいことを乗り越えた先に楽しさが待っている。

自転車に限ったことではない。

自分自身で緩急をつけるのが重要。

だから、

  • コースバリエーションを増やす
  • 苦手なヒルクライムを克服する
  • クラブランに参加してみる

どれも、面倒だったり苦しかったする。

これらをやらない理由なんて、いくらでも出てくる。

言い訳の代表格がこれ

忙しいから

仕事が忙しいことを理由に、趣味を続ける工夫をおろそかにしてしまいがち。

趣味だから、テキトーにやってもいいわけじゃない。

趣味だから、本気を出して手を抜かない。

テキトーにやるってことは、継続をキープする努力をしない。

だから、飽きが来る。

普通に生活していても、いろんなことが起きる。

ずっと同じ状態なはずがない。

残業もあるだろうし、育児は結構長い間続くし、体調が悪いときだってある。

そんな中でも、継続する努力を怠ってはいけない。

結局、ちょっと無理してもやる時期は必要ってこと。

関連記事>>>冬はローラー台?いや、雪でもロードワークでしょ。

スポンサーリンク

注意!やる気があってもやらない

やる気が満ちあふれている「やりはじめ」

このとき注意したいのが「やりすぎ」

やる気に満ちあふれている本人は、やりすぎの自覚はない。

だから、飽きるまでやっちゃう

若い選手を育てる上でも、重要視される「やりすぎ注意」

ただ好きなだけで、闇雲に走るのは長い目で見ると、燃え尽きる危険がある。

時には走りたい気持ちを抑えることだって必要。

趣味だから、好きな時にやってやりたくない時にはやらなければいんじゃね?

そうやって、多くの人がやめていく。

石の上にも三年

この三年間は、目一杯やるという意味じゃなく、続けるメンタルを整える期間。

燃え尽きるのは、オリンピック選手だけではない。

あくまで、人と比べるものではなく自分の中の出来事。

適当なところで一旦やめる冷静さは重要なポイント。

関連記事>>> ロードバイクの精神論が避けられない理由

スポンサーリンク

ゼロにしない

やる気にまかせっきりではいけない。

でも、遠ざかりすぎてもいけない。

とんでもなくやる気が出ないとき、めっちゃ忙しいとき、そんなときでも

  • ゼロにしない
  • 30分でも乗る
  • 少しでも乗る

ここでよくある落とし穴。

やるんだったら、中途半端に走りたくない

なんかカッコいいこと言ってるみたいだけど、単に好きなことをやる時間を失ってる。

そもそも、中途半端かどうかは勝手に自分が決めている。

たとえ中途半端でも、だれからも怒られることはない。

もしかしたら、それは走りたくない言い訳なのかもしれない。

たとえ満足できるレベルの10まで出来なくても、0.1でも出来れば、好きなことに時間を費やしたことになる。

めっちゃ忙しい時、それでも自転車に乗ったことは印象に残る。

あんなに忙しいのに「やった」という自画自賛。

趣味は自画自賛で自分に定着していくもの。

「最低2時間乗れるときじゃないと乗らない」

こんな風に決めてしまったり、実際の行動がそうであると継続はむずかしい。

スポンサーリンク

「時間があったら乗る」の考え方

例えば、隙間時間で英語学習。

通勤時間だったり、何かの待ち時間にくだらない動画見たりする時間。

実際、隙間時間だけでは成長は著しく遅い。

時間があったら乗る

とは、暇だったら自転車に乗るってこと。

自分が暇であると、認知してないと自転車の時間には置き換えられない。

暇そうにしてるのに、本人は忙しいと思っていることはよくある。

時間の捉え方は、人それぞれ。

だから、時間は作るものと捉えるべき。

自転車は時間のあるときに乗る

そんなことを言っていると、結局乗らない。

時間は作るもの。

継続には時間をどう捉えるかにかかっている。

関連記事>>> 【自転車通勤】時間を有効的に使う【ジムでエアロバイクとかいらない】

スポンサーリンク

まとめ

自転車レースを30年続けられたのは、ちょっとだけ無理してきたから。

でも、今思えばたいした無理ではなかった。

もっとトレーニングする時間は山ほどあったはず。

時間なんて、あると思えばある。

ないと思えば無い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました