自転車と英語初心者の情熱大陸

高級志向、パーツの増設に疑問を持ち、安くていいもの、シンプルな自転車ライフの提案と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。


DSC_0038

久々感動したパーツ。

バンディー2。

衝撃的に持ちやすかった


ボクは自転車パーツに関しては、かなり保守的です。

いまどき、クロモリフレーム+カンチブレーキ+機械式変速機。

もやは化石。

もちろんこれでレースにエントリー。

試乗程度だけど、カーボンフレーム、電動シフト、ディスクブレーキにも乗ったことはあります。

でも、特にほしいとは思わなかった。

ところが、バンディー2を握ったとき、衝撃がはしりました。


ドロップハンドルはこうあるべきだ


操作性が格段に向上します。

バンディー2のおすすめポイントと、購入時の注意点を解説していきます。

予想をはるかに上回る持ちやすさ

DSC_0041

なにしろ手首が自然

ブラケットを持った時、下ハンを持った時、手首の角度に無理がない。

普通のドロップハンドルだって、無理があるなんて感じたことはありませんでした。

でもバンディー2を握ったら、無理があったことに気が付いた


末広がりになっているのが最大のポイント。

バンディー2を握ったあとに、普通のドロップハンドルを握ると手首を巻き込むようにしてブレーキしたりシフトをしていることに気が付きます。

ど安定の下ハン

DSC_0006

下ハンが末広がりになっているだけじゃない。

エンドも手前に向かって広がってる。

だから下ハンを持ったとき、手首が外へ向きます。

ここが、安定を生むポイント。

絶妙な「八の字」が、悪路や高速ダウンヒルの操作性を向上させます。

特に、コーナリング中の安定感は抜群。

ブレーキレバーの操作性が向上

DSC_0040

ブレーキレバーが外へ向くことで、指に掛かりやすくなる。

手首を巻き込むように、ブレーキレバーを握ると自然とワキが開きます。

指を素直に伸ばした先に、ブレーキレバーがある感じ。

アゴを引いてワキを閉めるのは、だいたいどんなスポーツでも基本。

これがハンドル形状の違い、一つで無意識に実現します。

(アゴは関係ないけど)

デュアルコントロールレバーだから、当然シフト操作も向上。

機械式であれば、手首を巻き込むように行うシフトダウンの動作が改善されます。

それは固定概念だった

DSC_0009 (2)

ランドナー用でしょ?

ランドナーとは、旅用の自転車のこと。

ランドナーには、決まってこういった「八の字」に広がったハンドルが付いている。

だから自転車競技者からすると、まったくレーシーに見えない。

でもいまプロ選手の間でも、こういったハンドル形状を好む選手も出てきた。

そうなると一気に見る目が変わって、試したくなるもの。

前述のとおり、感動するほどの握り心地だったわけです。

固定概念はよくない。

許せないブレーキレレバーの角度

DSC_0038

いくら握り心地がいいと言っても、このブレーキレバーの取り付け角度には違和感がある。

ものすごく。

なんだこれ…。

特にスラムのレバーは外を向いている。

スラムに習ってシマノもまずまずの外向き。

カンパだけは、美しさ優先で(多分)下ハンと平行。

以前は、ブレーキレバーが外を向いたデザインが嫌で、カンパにしたこともあったぐらい。

でももう、そんなの関係ありません。

この角度、最高にレバーを握りやすい


固定概念に未来はない。

レーシーじゃないルックス?

この手のハンドルはグラベル用って売り出してるから、レーシー見えないのは仕方ない。

でも、これは見え方の問題。

プロ選手が使い始めたことで、いまのところハンドル幅が狭いものはなんとかレーシーに見える。

だんだんと見た目の違和感も解消していくでしょう。

そんなことより、握り心地を優先してしまう出来の良さ。

さよなら固定概念。

関連記事>>>

購入するときの注意点


DSC_0013

ブラケットと下ハンの幅

サイズ表記が特殊。

例えば通常のハンドル400㎜を使っているとしたら、どれを選べばよいのか。

表記内容は(想定のブラケット取り付け位置 / エンドの幅)です。

  • M    (385/470mm)
  • L     (415/500mm)
  • LL   (445/530mm)
  • XXL(475/560mm)

Mサイズを選ぶと、ブラケットを握った時は若干狭くて、下ハンを握ると広い。

多用するブラケットポジションが狭いのは、若干の慣れが必要です。

僅か15㎜。

されど15㎜。

片側7.5㎜しか内側に来てないにも関わらず、ハンドル幅の狭さを痛烈に感じます。

でもこの狭さ、病みつきになるんです。

シッティングで深く前傾をとりながら巡行しているとき、バチっとはまる



腕に負担少なく、維持しやすい。

友人は普段400㎜幅だけど、Lを選択していました。

Lだと見た目も幅もかなり豪快。

下ハンを持った時はまるで、フラットハンドル。

シクロクロスレースでの使用も考えているのでMを選択しました。

予想通り、ぴったりフィット。

エンドが長すぎる

DSC_0005

グラベルライドなら問題ありません。

問題なのはシクロクロスレースで使用する場合。

担ぎ方にもよるけど、エンドが長すぎて胸に突き刺さる。

DSC_0006 (1)

腕をダウンチューブから回す方法ならまだマシだけど、かなり収まりが悪い。

シクロクロスレースで使う場合は10~15㎜は切ったほうがよさそう。

バーテープとの相性

DSC_0007

一番アールがきつい部分は、バーテープを巻きにくい。

重ねる部分を広くとれば、しわになりにくいけど、それでもここまでアールがきついとしわが寄る。

握り心地もよくありません。

対策は、バーテープを細く切ること。

30㎜幅を25㎜にとか。

細いバーテープは種類が少なく、それが好みの握り心地かわからない。

すごく手間だけど、細く切るのが一番。

関連記事>>>

まとめ

予想をはるかに上回る持ちやすさ
      ハッキリ言ってバカにしていたハンドル形状だったけど、すみませんって感じ。

それは固定概念だった
      ランドナー用って決めつけていたのを反省。

購入するときの注意点
      特にハンドル幅は悩む。意外な盲点がバーテープの幅。




SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット