【チタンボルトはおすすめ】確かに軽い【たのしさ重視の軽量化】

ホーム » 機材 » 中華パーツ » 【チタンボルトはおすすめ】確かに軽い【たのしさ重視の軽量化】
a

ボルトをチタンにしたところで、たいして変わんないでしょー

まあ、はっきり言えばそう。

たいして変わらない。

でも、視点を変えてみるとボルト一本でこんなに違うの?っていうぐらい軽い。

わずか数グラムだけど、持って違いがわかる。

チタンボルトに交換するなんて、ヒルクライムオタクのやることだと思ってた

ちがった。

切削加工品としてキレイでおもしろい。

ハマってしまうチタンボルトへの交換作業。

今、自転車パーツが軒並み高価になっている。

  • デュラエースへグレードアップ→ ウン十万円
  • ホイールのアップデート→ ウン十万円
  • ステムやハンドルのカーボン化→ウン万円

どれもホイホイ買える値段じゃない。

でも、チタンボルトなら数千円で手軽に買える

1本づつ、少しずつ、変化を楽しめる。

細く長く楽しめるのがチタンボルト化。

パーツ入手難でも、安定して手に入る。

執念の軽量化

金属で軽量化をめざす

チタンボルト化したのは、シートポストのボルトとステム。

計量、比較したのはセットバックなしのシートポストのチタンボルトとステンレスボルト。

サイズと重量

  • M5×50mm 8.079g→4.669g マイナス3.41g
  • M5×45mm 7.292g→4.269g マイナス3.023g

合わせて6.433g。

わずか数グラム、されど数グラム。

軽量化が走りに影響するのかはさておき、軽くなるのは感動する。

カーボンで軽くなるのは当たり前。

質量が大きく違うから。

でも、金属で軽くするのは設計力と加工技術が必要。

強度を落とさず、軽くするにはどこをどうやって削ぎ落とすか。

ボルト一つとっても、味わい深い。

持てばわかる

M5×50mm

人間の感覚はするどい。

わずか3グラムでも、違いを感知できる。

チタンボルトとステンレスボルトの違いは一瞬でわかった。

チタンボルトは軽い。

M5×45mm

間違っても、速くなるわけではない。

ボルト一本変えるだけでも、たのしい。

ただそれだけ。

はげしく自己満

軽量化は、自己満足。

100g軽量化したところで、その日の朝うんこがでなかったら100gプラスになってる。

100gの軽量化を果たせていなかったらプラス200gだけど、前夜深酒なら元も子もない。

ようは、軽量化したという事実が大事。

そこにおもしろさがあれば、目的は達成する

すべてをチタンボルトすれば5〜60gの軽量は不可能ではない。

3gで違いがわかるんだから、5〜60gは結構なおどろき。

自己を満たすには、十分刺激的。

予想以上の仕上がり

普通にキレイな加工

雑な感じはまったくない。

非常にきれいな加工品に仕上がってる。

もちろん中国製。

決して日本が工業国の一番ではない時代。

認めざるを得ない品質。

この時点で耐久性はわからないけど、日本製ボルトにしたところでわからない。

でも、間違いなく製作している量からして経験値は上なはず。

完ぺきなタップ

んー、締め込みもスムーズ。

引っかかりも感じない。

細かく見ても、ネジがわずかに潰れているようなところもない。

バリもない。

引き目もなく美しい。

関連記事>>>【品質予想以上】アリエクスプレスのおすすめ自転車パーツ【いろいろ買った中華パーツ】

関連記事>>>【中華カーボンホイール】知っているけど手が出ない【いやマジで全然使える】

病みつきチタンボルト化

非純正ってカッコいい

車だとわかりやすい。

純正ホイールよりも、社外ホイールのほうがこだわりを感じる。

でも、自転車になるとオールシマノの人が大多数。

デュアルコントロールレバーがシマノで、ホイールがシマノで、シューズもシマノ。

シマノシマノシマノ。

一番高品質だけど、一番つまんない選択。

趣味だから、時間を費やしてなんぼ。

ボルト一つでも、純正を外せばこだわりをにじみ出だせる

愛着が湧く。

ボルトを変えるだけで、カスタム感が倍増する。

案外目立つボルトの存在

案外ボルトって目立つ場所にある。

ハンドルと、コラムを固定するボルトはチタン

でも、アンカーボルトは純正ステンレス。

一気にダサさを感じる。

もう、変えずにはいられない。

チタンボルト化は、少額で少しずつ進められるカスタム。

カラーも豊富に揃っていて、フレームやウエアとコーディネートできる。

ゴージャスになる

左が純正ボルト。右がチタンボルトへ交換後。

ただのボルトが、注目を集めるパーツになる。

なにげない場所をカスタムすると、品を損なうことなくグレードアップできる。

見た目が華やかになってる。

ブラックとゴールドになったせいもある。

さらに、ボルトの形状がちゃんとした加工品であることのアピールがされてる。

わずか、6.4gの計量ながら、シートポストとしては200g→193.6gへ軽量化。

200gの壁を越えたことで、満足満足。

チタンはサビびない

ハンドルを固定するステンレスボルトはすぐにサビびる。

もしかしたら、気がついていないだけかもしれない。

すぐにチェックしてほしい。

圧倒的貧乏臭さをかもし出すボルトのサビ

一般車でよく見かけるけど、スポーツバイクでも同じ状態ならまずい。

チタンボルトはサビない。

軽量化だけじゃない、大きなおすすめポイント。

Amazonで見る

まとめても売ってる。

Amazonで見る

まとめ

執念の軽量化
数グラムでも軽量化はおもしろい。

予想以上の仕上がり
細かいところを見ると、ほんとによく加工されてる

病みつきチタンボルト化
すべてをチタンボルトにしたくなるのがフツー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました