スポンサーリンク

【夏がオフトレ】シクロクロスをメインに活動してみる【夏冬逆転】

出典:gelone seto

シクロクロスがメインとかありえないでしょ

そうそう、人気が出てきたとはいえ、あくまでオマケ的にやってる

まだまだ、シクロクロスを自転車活動の中心においている人は少ない。

でも、昨今の国内シクロクロス環境は確実に向上している。

なのに、なぜシクロクロスをメインとして活動する人が少数派なのか。

非オリンピック競技だから

すでにシクロクロスが好きだとか、知っている人には関係ない話。

でも、まだ知らない人にとっては重要なこと。

競技の普及には、その時点で自転車に深く興味がない人に、いかに興味を持ってもらうことが重要。

オリンピックに出るわけじゃないけど、同じ自転車競技ならオリンピック競技に目がいっちゃう。

しかし、趣味として自転車に取り組む社会人には、都合がいいシクロクロス。

ただシクロクロスに足りない点がある。

ブランディングされてない

シクロクロスには、メインにできるポテンシャルを十分に秘めてる。

自転車レース活動のメインをシクロクロスにしてみる。

感動を倍増できる。

スポンサーリンク

時代は変わった

出典:gelone seto

 大人の遊び

マスターズが盛り上がりを見せている国内シクロクロスシーンを見ればわかる年齢層の高さ。

理由は危なくないから

(もちろん、全くけがをしないという意味じゃないけど)

  • 絶対スピードが低い
  • MTBコースのように難しくない
  • 集団で走る機会が少ない
  • 集団走行の独特なルールを習得する必要がない

他の競技と比べても、けがをする確率が低い。

だから家族、会社など責任が重くなってきている年齢層でも、安心して楽しめる。

ではなぜ、シクロクロスをメインとして活動している人が少ないのか。

「ロード選手のトレーニング」という位置づけを払拭できていないから。

 いっぽう、人気が出る理由

各地でシリーズ戦が行われている。

ロードレースやMTBレースを転戦するより、遥かに移動距離が少なくて済む。

  • 人気がある年齢層には時間がない
  • お金があったとしても時間は買えない
  • 年齢が上がれば、移動がしんどくなる
  • エントリー費が安い

これらの理由があり、人気を押し上げている。

 単なるトレーニングではなくなった

「シクロクロスとは」って調べると、必ず出てくるロード選手のトレーニングが起源説

ほかの競技は、競技内容の説明なのにシクロクロスだけが歴史の説明から。

ワールドカップや、ベルギーのシリーズ戦を見れば、大勢の観客を集める一大イベントであることがよくわかる。

そういったレースでは、シクロクロス専門の選手が強い。

リザルトは、シクロクロスチームが上位を占める。

さらにトップシクロクロス選手が、ロードレースでもトップを走る時代

だからと言って、ホビーライダーには関係ない話だけど、ちょっと古いシクロクロスのイメージは、ヨーロッパのレース見ると一瞬で吹き飛ぶ。

シクロクロスをおまけとして捉える時代は終わった。

関連記事>>>【シクロクロス】初めてのレース参戦完全ガイド!【シクロクロスは自転車の基本が学べる】

スポンサーリンク

長いオフの過ごし方

Photo by Luca David on Unsplash

 ロードバイクには乗らない

シクロクロスをメインにすると決めたら、ロードバイクには乗らないほうがいい

理由はただ一つ

慣れるため

ロードバイクとシクロクロスでは、フレームのジオメトリーの違いで、ハンドリングや視線が違う。

夏はロード、レースだけシクロクロスに乗るとなると、

  • シクロクロスバイクに乗る時間は非常に少なくなる
  • オフロードシューズを履かない
  • オフロードペダルに慣れない
  • クリートの位置がイマイチわからない

シーズン直前で、ちょこっと乗り降りの練習をしてもクリートがスムースに入るわけがない。

だから、シクロクロスバイクが体に染み込むまでは、常に乗るのがおすすめ。

 ランニングを取り入れる

シクロクロスでは、バリアーやサンドセクションで、ランニングを強いられる。

コースによっては、100mぐらい走るようなコースもある。

さすがに、普段ランニングをしていないとキツイ。

使う筋肉が違う

普段自転車に乗っていても「運動不足の人」のように筋肉痛になる。

自転車を担いだり、持ち上げたりして走るわけだから、足にも負荷が大きい。

レースでいきなり走ることになると、怪我にもつながる。

週一回、15分でもい。

走ることに慣れておく必要がある。

 頑張りすぎない

オフシーズンは長い。

ロードレースなら、冬でもどこかで開催されている。

でも、シクロクロスの夏開催はない。

AJOCCという団体がスケジュール管理していて、一目で全国のレース開催日程がわかるようになってる)

だから、4月からのオフシーズン最初から頑張りすぎてはいけない。

モチベーションをコントロールする必要がある

高強度なトレーニングをはじめから取り入れると、中だるみや尻つぼみになる。

シクロクロスをメインに切り替える決断をしたシーズンは、特に注意が必要

仕事が忙しくてトレーニングができない時だってある。

そこでも、モチベーションを維持する余力を残すことだって重要。

がむしゃらにやればいいってものじゃない。

関連記事>>>ロードバイクの精神論が避けられない理由

スポンサーリンク

1つに集中

出典:gelone seto

 狭く深く楽しむ

ロードも、MTBも、シクロクロスも全部楽しむ。

それも一つの楽しみ方。

そして、もう一つ

一つの種目に集中して楽しむ

あまり流行らない楽しみ方かもしれない。

でも、1つに集中することは、時間を集中投資できる。

プロ選手のように、生活をかけて自転車をやるわけにはいかない。

生活以外の時間を趣味に投じている。

少ない時間を分散してしまうと、楽しみも薄まる

今風じゃないけど、集中することは悪くない。

 メリハリで楽しさ増大

趣味にとってマンネリは、最大の敵

マンネリ化していることにすら気が付かず、やめていく人も多い。

決して自転車がおもしろくしてくれるわけじゃない。

自分で面白くするしかない。

メリハリをつけるのは一つの対策。

種目は違えど、一年中自転車に乗るのは飽きる原因を作ってる。

シクロクロスに集中することで、ロードレースやMTBレース参加のことを考えなくなり、オフシーズンにメリハリが生まれる。

自転車を続けていくうえで、とっても大切な考え方。

 節約もできる

当然ながら、機材は一つでいい。

  • シクロクロスバイクならロードレースにも出られる
  • オフロードシューズがあれば、オンロードもこなせる

ディスクブレーキ化に伴う、完成車の値上がり感は、自転車普及のハードルを高くしている。

もう、ディスクブレーキとかいらないから安くしてほしい。

と言っても、時代の流れには逆らえない。

だったら、自転車を共通化して多種目に出られるように備えたほうがいい。

シクロクロスをメインとしつつ、トレーニングとしてロードレースに出るぐらいならシクロクロスバイクで十分。

一種目に集中することで、深く楽しみつつ節約もできる。

関連記事>>>【ロードバイク化】シクロクロスバイクで全部こなす【小さい違いは気にすんな】

スポンサーリンク

まとめ

時代は変わった
シクロクロスをメインとして活動しても、十分に楽しめる環境が整っている

長いオフの過ごし方
メインを切り替えても、がんばりすぎないのが尻つぼみにならないコツ

1つに集中
集中して打ち込むことで、見えないものが見えてくる

趣味に深みを

コメント

タイトルとURLをコピーしました