自転車と英語初心者の情熱大陸

高級志向、パーツの増設に疑問を持ち、安くていいもの、シンプルな自転車ライフの提案と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。


angel-santos-FlzW93-6Xxw-unsplash

近年の国内シクロクロスブームは一過性のものでなく、定着してきたように思えます。

レース会場でのシクロクロスバイク普及率も、見た感じめちゃくちゃ高い。

ひと昔前の下位クラスはマウンテンバイク、上位クラスはシクロクロスバイクという図式は、みじんもありません。

シクロクロスバイクが普及したのはうれしい事ですが、レースに関してはまだまだ情報が少なく、初レースで戸惑ってしまう方も多いはず。

ロードレースと違い、準備するものも多いのがシクロクロス。

今回はシクロクロスであると便利なものを一気にご紹介します!

シクロクロスのおすすめ準備品!

シクロクロスとは?

ドロップハンドルで700C×33㎜のバイクに乗って、オフロード周回コースを決められた時間を周回するレース。

シクロクロスと言えば、バリアー(シケイン)という板を越えるシーンがまず先に思い浮かびますが、コースによっては設けられない場合もあります。
木製の板で、高さは40cmのものがコース幅 全体に
4メートル間隔で2枚設置される。
2011 シーズンからは、もっと低いもの、
間隔も変えてよい ことになった。

出典:シクロクロス_フランス教本
もう一つの特徴は担ぎ

階段がある場合、ドロドロや砂浜でバイクに乗れない場合、担いだり押したほうが速いと選手が判断した時に、バイクから降ります。

よく「担がなきゃいけないの?」という聞かれますが、そんなことはありません。

乗っていくのも、降りるのも全く自由です。

レースのスピード領域が低く、マウンテンバイクのように急な下りや激しい凸凹コースもなく、初心者にもエントリーしやすいのが特徴です。

断然参加しやすい!

tom-photo-cycling-vrtlV5sjPVQ-unsplash

参加費が安い

素直にうれしい。例えばロードレースとかヒルクライムはこんな感じ。
  • 乗鞍ヒルクライム:¥9,000
  • シマノ鈴鹿 5週の部:基本料金¥3,000+種目参加料金¥4,000
  • JBCF(実業団レース):¥6,000+年会費
さてシクロクロスは?
  • シクロクロスミーティング(長野中心):¥3,500
  • 関西シクロクロス:¥3,000
  • 茨城シクロクロス:¥5,000(カテゴリー4)
安い。

全国共通カテゴリー

遠出をしてレースにでても同じカテゴリーで戦えます。

転んでも痛くない

もちろん痛い転び方はありますが、ロードレースでクラッシュしたら擦過傷、打ち身等いろいろ考えられます。

絶対スピードが低いので、大けがにはなりにくい。(甘く見てはいけませんが)


用意すると便利なおすすめ品

eiliv-sonas-aceron-k9X5yGle-NA-unsplash (1)

レース前の食事

ロードレースと違うのは寒い季節がトップシーズンであること。

予想以上にエネルギーを消耗します。

競技時間が短いからと言って、レース前の食事をおろそかにしてはいけません。

簡単にゼリーで済ますと、カテゴリー4の競技時間30分であっても、ハンガーノック(ガス欠状態)までは行かなくても、それに近い状態になる可能性があります。

消化の良い固形物と、温かいスープがおすすめです。

別に特別なエネルギー系でなく、コンビニで手軽に手に入るお湯を注ぐもので十分です。

持ち物は、ポットにお湯!

さて、会場に到着。

まずは着替えます。

って、車の中は着替えにくい!

行きは家からウエアを着ていく人もいますが、それでもレース後が問題。

解決策はお着替えポンチョ。


最小限の更衣室。あの狭い空間で着替えていた煩わしさから、完全に開放されます!

かなりおすすめなんですが、全然流行ってない…。

いざ、コースチェックへ

シクロクロスは空気圧が非常にシビア。

0.1気圧の違いで、大きく走りが変わります。
  • コーナーでのグリップ感
  • アスファルト区間でのパワーロス具合
  • 突起物があったときのリスク管理
エアゲージで管理することが大切です。


低圧用!ロード用の10気圧ぐらいまで測れるものは、メモリが0.2気圧ギザミなので、いまいち調整しにくいんです。

これならベストな空気圧を管理できます。

レース前にドロドロになりたくない。

天気は良くても、霜が溶け出してドロドロになるシクロクロス。

簡易マットガードが便利です。

ナット状の大きな樹脂パーツで、シートピラーを締め付けるので安定感抜群。壊れたら同じものを買って長年愛用してます。


乗車時は足に当たるので、飛び乗りはできませんが、あるとないではコースチェックの快適さが歴然。

下位カテゴリーでもスペアバイク

スペアバイクなんてC1の人の話でしょと思っていませんか?

違います。

せっかくエントリーして、用意して当日会場について、コースチェックしてたらパンクで終了…

こんなに勿体無いことはありません。

お金が勿体無いのもありますが、お金で買えない時間が勿体無い。

はじめから2台揃えられるようなバイク選びができれば最高です。


Ridley X-Ride Disc Cyclocross Bike (2020)

アルミのディスクは重量がありますが、担ぎが特別多くなければ、何の問題もありません。シクロクロス大国のベルギーブランドは間違いない選択。

1点豪華主義よりも、確実に走れる環境を整える。

これ、大事です。

<いまいちど周りに流されない感覚を認識→カーボンフレーム不要論…先入観のワナ

無理ならスペアホイール

それでも2台は無理だなと言う方は、スペアホイール

もしレース中にパンクしたら、順位を大きく下げることは間違いないですが、ないより完全にマシ。

パンクリスクを減らしつつ低圧にできるチューブラーがベストですが、普段履いている練習用ホイールをクロスタイヤに交換でもOkay。

でも…めんどくさいので安いホイールを1セットスペアホイールとして用意してしまいましょう。



ミシュラン気になるー。




超重要なウォーミングアップ!

おすすめはハブリットローラー!

折りたたむとこんなに小さくなります。これはレース会場に持っていくのに超便利。

ブロックパターンだろうが、なんだろうが関係なく、静かに安定してたウォーミングアップができます。

デメリットはシクロクロスタイヤだと走行音が大きいところ。

初心者ほど大切なのに、軽視しがちなレース前のウォーミングアップ。

あんなにスタートからハードなことを真冬にやるわけですから、軽視してはいけません。

フレーム性能の100倍レース結果に影響します。

やはり効率がいいのはローラー。

会場周辺を走る人もいますが、なにせ冬なのであたたまるのが遅い。

パンクのリスクも高まる。

スタート2分前まで温かい。


サイドオープンジッパーで、
シューズを履いたまま脱げる冬用タイツ

カスタムジャージで作るならウエイブワンでやってます。


fullzipgr2re

出典:シクロワイアード
よっぽど寒くない限りレッグウォーマーは使用しません。

だめではないですが、高強度のシクロクロスではすぐに熱くなり、オーバーヒートを起こしてしまいます。

だから、レース前にバイクパンツ一枚になるのは寒いので、スタート直前まで履いていられる超便利グッズなんです。

でもマニアックすぎて商品が少ない…

ウォームアップタイツのいろんな使い方>>>こりゃ便利でおすすめ!こんなサイクルタイツがあったとは!

レースはもちろんスキンスーツでしょ!

カテゴリーが低いからスキンスーツなんて…

いやいや、レースは余分なものをつけて、走ることがダサいんです。

レース中、バックポケット使いますか?

カッコよく走るのに、カテゴリーの高い低いは関係ありません。

シクロクロスやトラックレースではスキンスーツが当たり前。

気分もぐっと上がります。


ウォーマー類、着けるなら古いのはNG!

どうしても寒いときに使用します。

そこまで使わないのは、基本的に運動は熱を捨てないと続けることが困難だからです。

ウォームアップ時は暖かく、レースは薄着を意識するとちょうどいいくらいです。

着けて走るとしても、古くてルーズフィットになっているレッグウォーマーで出ようものなら、レース中にズレズレ。

結構なお恥ずかしい姿で走る事になってしまいます。レース前に新しいものを準備しておきましょう。


Defeet(デフィート)は、長持ちします!あのランス・アームストロングもナイキのサポートを受けながら、Defeet(デフィート)を使用していたほどです。

肌ざわりもいい。

まとめ

  1. ロードレースよりも明らかに用意するものが多い
  2. できるだけスペアを用意する
  3. 寒いのでウエアを慎重に選ぶ

SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット