自転車と英語初心者の情熱大陸

高級志向、パーツの増設に疑問を持ち、安くていいもの、シンプルな自転車ライフの提案と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。


IMG_20211106_144133


中華ホイールってよく聞く割には、あんまり見かけないんだよね


その理由

ブランド神話



不信感

中華ホイールの3倍も4倍もするホイールのほうが、よく見かけるっていうブランドの魔力。

中国で作られているのは知っていても、そこから直接買うことへの不安と不信感。

2つの共通点は「イメージ」

ノーブランドだからって、ものすごく品質が落ちるわけでもない。

現在、所有するカーボンホイールは、すべて中華。

「やっぱりブランド品がいいなー」って感じたことはない。

ブランド神話に侵された人々が、実際に乗り比べても20万円分の差を感じられるのだろうか。

それほどに、中華ホイールのコスパは高い。

もちろん、完璧じゃない。

中華パーツに完璧を求めるのは野暮。

プロ級の機材で、ゴリゴリのホビーレースに出るのもカッコ悪し。

正直、自転車のホイールに20万円とか30万円とか、信じられない。

結論



中華カーボンホイールで十分



シクロクロスでの使用に耐えてる

名称未設定のデザイン (3)
ブレーキシューにめり込んだ砂がリムを削る

泥と砂とボコボコ

シクロクロスって、ホイールにとってかなり過酷な条件がそろってる。

1.サスペンションがない。

     だから、もろにホイールへ衝撃が加わる。

2.泥と砂がヤスリの役目。
     
     ほとんど見かけなくなったけど、リムブレーキならリムサイドが恐ろしいぐらい酷使される。

年間十数レースに出るけど、ノントラブル。

凄まじい条件だけど、十分に耐えてる。

衝撃

シクロクロスではロードとは違って、空気圧が極端に低い。

1.5とか1.6気圧、もっと低く設定する場合もある。

だから、ラインをミスると、リム打ちする場合がある。

「カン!」

スポークを通して独特な音が鳴って、

「アッ…終わった…」

と思ったことがいままで数回。

ところが無傷。

条件によるけど、衝撃にもそれなりに強い。

ハブはイマイチ

採用されているハブが何かによって違うけど、ハブはイマイチ。

シクロクロスでは、レース中にバイク交換して洗車する。

高圧洗車機が用意されているレースもあって、そんなので洗車しちゃうとハブに水が浸入。

価格と密閉度は比例する

だから、高圧洗浄機は使用しないのが一番。

たとえホースでも、真横から噴射しない。

気を付ける点はあるけど、大した問題じゃない。

感じなきゃいけないのは、価格と品質のバランス。

(当ブログではおすすめしてない中華パーツもあります。こちらの記事)

高すぎるブランドホイール


simon-connellan-ag2-JyTXGN4-unsplash

なんでも高すぎる

フレームにしても、パーツにしても高すぎる。

高価なパーツを買ってしまう理由



高いけど、決して手に届かないわけじゃない価格設定



(かなり、ひねくれた考え方でとらえると)

その中の一つが、ホイール。

実質、生産国から直接販売すれば4~5万円でも、ブランドシールを貼って売ると数倍にもなる。

自転車パーツに限ったことではなく、工業製品ではごく普通の出来事。

でも、それを知ったら、まともなホイールは買えない。

それで生計を立てているなら話は別だけど、

ブランドホイールにしたところで順位がグンと上がるとも思えない。

あくまで、大事なのは自分自身のパワーとか体重。

引き出せない性能

プロと同じ機材を使ったところで、そのホイールの性能は引き出せない。

プロは、予想をはるかに超えるところで走ってる。

ツール・ド・フランスは20日間で3500㎞だし、

トラック競技の短距離種目で出る最高速度は70㎞/h。


(下りじゃないよ)

シクロクロスも「え?オフロード?」ってスピードで走ってる。

そんな人々と、同じ機材を使う必要は微塵もない。

破損率が高いホイール

Embed from Getty Images

常に地面と接しているのがホイール。

自損事故ではなくても集団クラッシュに巻き込まれたら、破損しやすいパーツの一つ。

しかも、高いから大事にしすぎて出し惜しみ。

あげくにクラッシュ一発で終了なんてこともある。

そう、そんなの心配していたらキリがない。

でも、そもそもが「道具」なのでいつかは必ず壊れる。

だからこそ、惜しげなく使える中華ホイール。

関連記事>>>

購入先はお手軽Amazon

Aliexpressのメリットは少なくなった

Aliexpress(アリエクスプレス)とは、中国版の楽天みたいなサイト。

自転車パーツだけじゃなくて、なんでも売ってる。

それも激安で。

Aliexpressで仕入れて、日本で転売している商品は山ほどある。

「じゃあ、Aliexpressで買おう」

ってことで、これまで買った中華ホイールはAliexpressで購入してきた。

周りからは、

「えー?やばくない?」

「本当に届くの?」

「中国製なんて大丈夫?」

(っていうか、あなたのカーボンフレームも中国製ですけど)

散々なことを言われてきたけど、



明白なトラブルなんてない



正確に言うと、ないことはないけど微々たるもの。

逆に、問い合わせのレスポンスは超早いし、おまけとかもくれる。

でも、気が付いた。

多分だけど、現地のセラーがAmazonで出品してる。

価格は、ほとんど変わらない。

だったら、英語を駆使してとか苦労せず、普通にAmazonで買ったほうが簡単。

高くて買うのを我慢していたカーボンホイールが、許せる価格で手に入る。

弱点もある

名称未設定のデザイン (2)
矢印部分が結線。昔、手組ホイールはこうやって剛性を上げてた。

剛性が今一歩足りないような気がする。

スポークの張りが弱いものもある。

対策

「結線」

イマドキこんなことやってる人はいないかも。

でも、構造的にも剛性が上がるのは一目瞭然。

100均で細ーい針金買ってきて、ぐるぐる巻いて、半田で固定するだけ。

ただ、超絶めんどくさい。

劇的な違いはないけど、やらないよりはマシなはず。

ちょっと手間はかかるけど、くっそ高いホイールを買うと思えば「へ」でもない。

なんせ4~5万円で、カーボンホイールが手に入るから。

まとめ

シクロクロスでの使用に耐えてる
   チューブラーしか試してないけど、強度はなかなかあるみたい。

高すぎるブランドホイール
    シンプルにホイールに20万円とか30万円もだせない…

購入先はお手軽Amazon
    Aliexpresssに比べると種類は少ないけど、Amazonで買える手軽さにはかなわない

*購入のご判断は自己責任でお願いいたします。




SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット