自転車と英語初心者の情熱大陸

高級志向、パーツの増設に疑問を持ち、安くていいもの、シンプルな自転車ライフの提案と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。


前回パンクしたのはいつだっけ?

自転車で出かける時は、必ず持っていくパンク修理セット。

そして、それを入れるサドルバッグツールボトル

ほとんど使わないのに、無いと困る。

乗る量にもよりますが、使用頻度は低いはず。

どうすれば、スマートに携帯できるのかを考えます。

IMG_20200814_145240

迷っちゃう!サドルバッグとツールボトルはどっちがいい?

IMG_20200814_151827

基本的には、工具とチューブだけ。

荷物は最小限にするのがスマートに走るコツ。

結論はツールボトル。

ツールボトルは、バイク全体のシルエットが崩れません。

形はツールボトルという名前だけあってボトル型。

ボトルケージに収まるので、サドルバッグのように本来のシルエットから飛び出してしまうことはありません。

「なにを細かいこと言ってんだよ」

と思われるかもしれませんが、コルナゴとかトレックのかっこいい高級車に乗っているのに、大きいサドルバックつけてたりするのはとっても残念。

車で例えると、
  • メルセデスに長靴で乗る
  • BMWで100円均一に行く
みたいな感じ(例えがイマイチ…)。

普段着る服を選ぶときのように、自転車に乗るときだって、バランスは考えたいものです。

サドルバッグのカッコ悪さのあまり、チューブとポンプを背中のポケットに入れる人だっています。

でも、忘れたらぞっとするので、おすすめはしませんが。

あと転倒したときに硬いものが背中に入っているというのも、怪我につながります。

ツールボトルが最高



メリット

    ①安い。

当たり前ですけど、ボトルと同じぐらい。アマゾンで¥700ぐらい。

もちろん完全防水。

ボトルなんで。

    ②差し替えるだけ

複数台のバイクを使い分けているなら、ボトルケージから抜いて差し替えるだけ。

サドルバッグの付け替えよりもずっと楽。

デメリット

    ①中身を取り出しにくい。

構造上しかたないのですが、フタのねじ込みがあるため入り口が若干つぼまってます。

これが取り出しにくさの原因。

    ②水分補給のためのボトルが1本になってしまう。

これは結構考えもの。

解決策はコンビニで水を補給をわすれない。

750ml以上のビッグボトルにする。

ツールケースという手もある。


ボトルケージに収まる点は変えず、真ん中にジッパーがあって、チューブや工具が取り出しやすくなっています。

実はこれが一番いいんじゃないかと思いますが、値段がツールボトルの2倍ぐらいはします。

得意の中国からの個人輸入で有名なアリエクスプレスで数百円で買ってみましたが、すぐにジッパーが破損。

<アリエクスプレスでいろんなものを買ってみました⇒アリエクスプレス おすすめ商品 自転車編!

ジッパーはYKKをじゃないとつらいかも。

総合的にツールボトルのほうが、優れていると思います。

ビギナーほど大きい

marek-piwnicki-D4W0v2KOrjo-unsplash

サドルバッグが全くダメというわけではありません。

でもやってはいけないのが、大きなサドルバッグを付けること。

ブルべに使うような大きいサドルバッグではないにしても、まあまあの容量のものを付けている人も結構います。

理由としては
  1. 大は小を兼ねる
  2. チューブを小さく畳めない
  3. いろいろ入れたい
  4. よく調べないで買った
  5. 背中にポケットがあることをわすれてる
鉄則は、必要最小限のものだけ
  1. チューブ
  2. タイヤレバー
  3. 携帯工具
  4. 携帯ポンプ(ツールボトルに入るものを使ってます)
IMG_20200814_151707

を入れられる最小サイズのサドルバッグにすること。

基本的には、めったに使わないものをいれていることをお忘れなく。

まとめ

  • ツールボトルのほうが、スマート
  • サドルバッグだったら、極力小さいものを選択
  • 携帯品は必要最小限
機能性を重視するあまり、ダサくなっていませんか?カッコよく走る意識を大切に!

SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット