自転車と英語初心者の情熱大陸

自転車レース歴30年の経験と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。


目が悪い人の悩み。
  1. コンタクトレンズ+サングラス
    風を切るスポーツの自転車で使うのは、結構なリスク。
  2. サングラス+クリップ式(内側にメガネを装着する感じ)
    結構クリップが透けて見えちゃう。目とレンズの距離が近くなる。
  3. レンズを度付き化
    一番スマートで一番高い。
どうせなら思い切って、一番高い方法で作ってみました!

作ったレンズは「ICRX NXTレンズのダイレクト加工」

レンズの品質を落とすことなく、まるでシールドレンズのようなルックスを再現できます。

ユーザー目線でレポートします!

IMG_20200829_130521


オークリーに度付きレンズを入れてみた。

c24342e6-s

オークリー ジョウブレーカーにICRX NXTレンズを入れました。

初めて見たとき、シールドレンズ仕様のサングラスに、左右分割されたレンズをいれるのは衝撃的でした。

すごい樹脂加工技術。

IMG_20200829_130539

よーく見れば、真ん中に線があって2枚のレンズになっているのはわかるけど、ほとんどわかりません。

IMG_20200829_130326

NXTレンズの品質はかなり高そう。

NXTポリマーは米陸軍による超軽量防弾プロテクター開発プロジェクトから生まれた素材

出典:株式会社 アイシージャパン
お値段もかなり高い。

なんと、サングラス本体と合わせて¥90,000!

見積もった時は、目が飛び出た…

比較的安価なポリカーボネート製でも作ることは可能ですが、眼をしっかり保護してくれないと意味がない。
  • ゆがみだって、スポーツをするのには結構致命的。
  • 脳に入る情報の入り口だから、安さを優先してはならない。
  • 単に視力矯正のためではなく、眼を保護する目的でもある。
本来であれば、オークリー純正レンズを入れたいところですが、オリジナルの度付きレンズがなんせダサい。




トゥルーデジタルというハイカーブレンズでもゆがみが少ないコンセプトで作られたレンズなので、とてもいい商品なのは分かるのですが、

え?マジで?オ、オ、オークリーっすよね?これ。って感じ。

そこで、オークリーが作るレンズのコンセプトに近いレンズが、ICRX NTXレンズだったのです。

このレンズのおかげで、一眼タイプのサングラスも選択肢に入りました。

コンタクトでいいじゃん

コンタクトレンズでサングラスにすれば問題ないじゃん。

とも思いますが、普段はメガネなのでコンタクトに若干の抵抗があるんです。

(こんな人多いんじゃないかと思います)
  • 目をこすっちゃいけ
  • うたた寝できない
  • 汚い手で扱うと目が病気になっちゃう
いろんなことを考えてしまい、普段は使っていません。

だから、トレーニングやレースのときだけコンタクトレンズをするとなると面倒くさい。

以前は、コンタクトレンズ+サングラスで走っていましたが、実際にレースでホコリが眼に入ってリタイアしたことがあります。

そんな経験から、めがねを選択しています。

<自転車に乗る準備品つながりの記事⇒シクロクロスのおすすめ準備品!

度付きサングラスおすすめモデル

オークリーマニアとしては、やっぱりオークリー1択です。

デザインは好みですが、やはり他メーカーとは一線を画すデザイン力です。

その中でも、度付きレンズを入れるならやっぱりこれ。

フルリムタイプ
オークリー - Jawbreaker (ジョウブレイカー) Prizm Road サングラス (マットブラック)


お店にフレーム持ち込みでも大丈夫です。

IMG_20200829_130338

加工前のレンズその物の大きさの関係で、両脇の一部が欠けてしまいます。

でも、意外に外観を損なうことはなく、ダクト的な感じ。

あくまでアウトラインはジョウブレーカーのフレームなので、違和感がありません。

そうそう簡単に買える価格のレンズではないので、息が長く古く感じにくいモデルがおすすめ。

2眼タイプ
選択肢が増えますが、フルリムタイプでスポーツカテゴリーが少ないのが難点。

人気のSutroは度付き対応してないのかなーと思う方も多いと思いますが、レンズが大きすぎてNXTは対応していません。(純正でできたとしても、くり抜き仕様)

しかし!ストロの親戚、ポータルは対応できるという話をNXTレンズ取り扱いショップから聞きました。

これは朗報!(POTAL Xなら純正レンズがある)

一般向けに純正度付きレンズの対応可否は、公開されていないようです。お店で都度確認が必要。


レーダーのようなフレームが一周していないものは、形を再現することができず別物になってしまいます。


横から見たときにレンズの厚みも、モロ見えです。

IMG_20200829_132035
10年ほど前に購入したフラッグジャケットの純正レンズ仕様

度付きレンズで有ることをアピールしてしまいます。

合わせ目がお店の腕の見せ所

注意点はここ!

おそらく、販売店の加工は微調整のみ。

商品自体の個体差にピッタリ合わせられるお店を選びましょう。

レンズがぶつかる中央部分。

ここは、販売店の腕の見せ所。

IMG_20200829_130326

ここにスキマが開いてしまうと、かなり目立ってしまいます。

正直、僕が製作をお願いしたところは、ちょっと雑でした…

自宅からお店が遠かったので、自分で微調整してしまえという事で、ちょう目の細かいサンドペーパーで削って、ピッタリ合うように調整。

実際にこの商品を取り扱った件数が多いお店ベストです。

HPで大きく扱っていたり、製作履歴を公開しているブログを参考にしてみると目安になります。

まとめ

  • レンズは高品質なICRX NXTがおすすめ!
  • 一眼タイプならオークリー ジョウブレーカー
  • お店のブログなどを参考に製作件数が多いお店へ
度付きサングラスに情熱を感じるお店はこちら

SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット