自転車と英語初心者の情熱大陸

高級志向、パーツの増設に疑問を持ち、安くていいもの、シンプルな自転車ライフの提案と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。


yuri-catalano-JaLZ3X8BHc0-unsplash

少し前に流行った街乗りピストではなく、トレーニングとしてのピストバイクのおすすめです。

これは結構前から言われていて、ジロ・デ・イタリア総合50位をたたき出した市川正敏さんも、その昔バイシクルクラブという雑誌で、冬はロードバイクに固定ギアのリアホイールをつけてトレーニングしろって書いてあったほどです。

(昔のバイシクルクラブは、とんでもなくマニアックで、いまの情報雑誌とは大違いでした)

この記事では、ペダリングについて固定ギアに乗らないとわからないことをお伝えいたします。


固定ギアはそう簡単に回せない

今ではいろいろなペダリング理論が飛び交っていますが、まずは基本の習得が大切。
  1. ぺダルは丸く回せ
  2. 上死点、下死点の通過を滑らかに
  3. 膝を高く保て
これが正しいという前提でお話すると、要はチェーンに一定のテンションがずっと掛かっているということです。

テンションが一定でないとすると、厳密にいえばスピードが上下していることにつながります。

すごく小さい範囲ですが。

まさにこれ。(動画はポイント部分から始まります)


でもフリーギアのロードバイクに乗っている限り、常にチェーンにテンションが一定にかかっているのか、分かりにくいのが実際のところです。

そりゃ、ラチェットがついているわけですから、けっこうお粗末なペダリングだって、普通に走れるようにできているんです。

この構造を思いついた人はすごいと思う。

だから、フリーギアは普及したってことも言えます。

自動的にあがってくるペダル

yomex-owo-GAN9zxqj5f4-unsplash

ギアは固定されているので、ホイールの動きとクランクの動きは全く同じでないと、チェーンがバタついてしまうんです。

これはチェーンを緩めにセットすると、さらによくわかります。

「丸く回す」ができていない人は、面白いくらいスムースに走ることができません。

この回転力とスピードを見てください。踏み込んでいるだけではこんなに回せない…(動画はポイント部分から始まります)


いまはパワーメーターとかあって、ペダリング効率が何パーセントなんて出るやつもあるらしいですが、んで何?って感じ。

実際に、うまくペダリングしなければ、うまく走れない乗り物に乗ったほうが、簡単に結果がわかります。

チェーンをゆるめに張ったピストで普通に走ることができれば、その人のペダリングは問題ないでしょう。

そりゃ、突き詰めればいろいろあるけど。

それにはやっぱりバンクに入ったときだけじゃ、練習量が足りないから前後ブレーキを付けてピストに乗ろうってことです。

ストリートピストフレームだったら、ブレーキ穴があるので、通常のロードブレーキがつけられます。

ブレーキさえあれば、ロードに乗っているのと同じです。

ただし、足を止めようとすると体が浮き上がってしまい、ものすごく怖い思いをするので、これは要注意。

毎日乗って、ペダルを「シャー」ってできない事を体にしみこませる感じ


参考記事>>>理想のケイデンスは高回転それとも低回転?問題。

足が回りすぎちゃうから

下りが長い練習コースにはいけない。

あとヘアピンカーブで、もしかしたらペダルが地面にすって、クラッシュするかも。

注意する点はいくつかありますが、しっかり練習コースを考えれば、普通にトレーニングできます。

できれば、アップダウンのあるコースで、下りでスプリントして登りきるまで丸く回すことをイメージすると効果的。

参考>>>

路面との一体感とお手軽完成車

dylan-nolte-eL6K8uiRPsE-unsplash

ある程度の勾配までは、固定ギアのほうが速いというのがよくわかります。

グレアム オブリーというイギリスの元選手は、ロードのタイムトライアル世界選手権に、固定ギアで出場していたこともありました。

それほど効率がいい乗り物なのです。

このバイクは進むとか、カーボンがどうのこうのという微々たる差を、大きく語っているインプレッション記事が、あほらしくなってしまうほどの違いです。

チネリはイタリアのバイクブランド。

25年前のまじめでレーシーなイメージとは違って、おしゃれなピストバイクブランドの座を獲得。

前後ブレーキ取り付け可能で、ロードワークも問題無し!

F・Rメカがないシンプルなルックスが魅力的。

ブレーキブラケットはドロップハンドル用のものに交換したほうがいいでしょう。

デュアルコントロールレバーが当たり前の今、こんなパーツ知らない人もいるかも。


参考>>>ピストバイク自転車通勤で良いペダリング習慣

まとめ

  • 乗った人にしかわからない路面との一体感
  • 足が自然に回っている爽快感
  • 一回スピードにのると、なかなか落ちにくい特殊な感覚
ペダリングを見直すために、ピストバイクでロードワークに出かけましょう!乗っているだけでも面白いですよ。



SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット