自転車と英語初心者の情熱大陸

高級志向、パーツの増設に疑問を持ち、安くていいもの、シンプルな自転車ライフの提案と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。

競輪選手の間では「街道練習」なんていう名前が付いているピストに乗ってのロード練習。

ほとんど見かけることの無い練習方法。

けっこう地域差はあるかもしれません。

以前住んでいた静岡では、競輪選手が日本一多いといわれていた事もあり、よく見かけました。

アマチュアピストレースが盛んな、岐阜や愛知なんかも、もしかしたら珍しくないかもしれません。

この記事では、ほとんどの人が馴染みのない固定ギアでのロード練習をご紹介いたします。
  • 足止められないから、練習効率アップ!
※前後にブレーキを付ければ、ロードバイクと同じように止まることができるのでご安心を!

IMG_2794

ペダリング効率アップ!ピストでロードワーク

街乗りピストは、あんなに流行ったのにスポーツとしては、全然はやらないピスト。

でも、自転車の基本をまなぶのに、たくさんのメリットがあります。 

まずは、ペダリングについて考える機会が与えられること。

これは固定ギアで走るという事が、ごまかしがきかないためです。

>>>なぜごまかしがきかないのか⇒シクロクロスとピストが、ごまかしがきかない理由。

文字通りリアスプロケットが固定されているので、チェーンホイールと全く同じ動きでないとチェーンのテンションが一定でなくなり、回している足がギクシャクしてしまいます。

だからスムースでムダのない足の動きをしないと、まともに走れません。

しかし、すこし走れば慣れてくれば、普通に乗れるようになります。

それは、足をリラックスできるようになっただけで、ペダリングがうまくなったのとは違います。                    

入力位置

スピードを上げる時には、クランクを時計に例えた13時、14時あたりで踏み込みますが、踏み込む動作が加わったとたんに、

ペダリングは、みだれます。

踏み込む位置、引き足に入る位置、この動作が滑らかに移行して、正しい位置で行われなければ、どんどん効率が落ちていくわけです。

この位置が正しければ、チェーンのテンションが一定に保たれます。

スピードを上げれば楽になる?

ゆるやかなアップダウンがあるコースだと、練習効果は抜群。

上り坂に入ると、当然失速します。

ピストはもちろんシフトダウンすることはできません。

かなり苦しい状態になります。

この状態はつらいので、上り坂へ入る前にスピードを上げようとします。

短い登りであればそのまま登り切れます。

スピードが上がったピストバイクは、ロードよりもスピードが落ちにくいんです。

そのかわり、落ちてしまったスピードを取り戻すのが大変です。

だから、スピードを乗せられる場面でスピードを出す。

そう、勝手に練習させられてしまうわけです。

ピストはサボれない

IMG_2796

ロードバイクだったら、登り坂へ侵入した時、シフトダウンして、筋肉への負荷を一定に保とうとする人間の本能が働きます。

ピストだと、ゆっくり走ることで、逆に苦しくなる状況が生まれてしまうのです。

さぼり癖がある方にはピッタリのピストでロードワーク

詳しい力学はわかりませんが、固定ギアその物の効率はすごい高いらしく、なかなかスピードが落ちにくいということが、乗るとわかります。(ブレーキを付ければ、止まる時はロードと変わりません)

なので、余計に登りの手前で失速させないようにペースアップしないと苦しいわけです。

これがいい負荷となり、いい練習になるのです。

屋外ローラートレーニング

下りだって足を止めることはできません。

負荷はかかっていないので、筋力や心肺機能アップをねらえるわけではありません。

でも、休まないという意味では、短時間で練習を済ます人にもおすすめです。

効率だけを求めるとローラーのトレーニングになるわけですが、あまりにも味気なく面白みに欠けます。
ピストはちょうど、その間をとった感じ。

(ちなみに僕はローラーやりません。レース前のアップのみ。

Zwiftやってはみたいけど、あれをトレーニングに取り入れようとは思えない)

ロードワークの形を崩すことなく、効率を求められるわけです。

雨で乗れないならなんか違うことやります…。

そのほうが自然。

それか雨でも乗りに行く。濡れるだけだから。

ピストはローラーに近い高効率なトレーニングができるわけです。

なんせ、足止められませんから。

これがロードワーク専用ピスト!

僕のトレーニング用ピストバイクは、なんと4段変速。フロントダブル、リアハブ両方にギアつけてます。1段変速するのに、まあまあ時間かかります。

IMG_2794

フロント44T/42T、リア16T/17T

どこでも行けちゃいます。厳しいのは登りより下り。

特にスピードが出る短い下りより、長い下り。

無負荷でも高速でペダリングを続けるのは結構苦しい。

まとめ

ロードバイクで走るのとは違い、

ペダリングを考え、


登りで苦しまないように、

手前でスピードを上げ、

下りでも高速ペダリングをしないといけない。

かなり忙しくさせてくれます。

ロードバイクに10日乗るとしたら1日だけでもピストに乗り換えると、新しい発見があります。

>>>ペダリング効率の上げ方6選!パワーロスを防ごう!

SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット