自転車と英語初心者の情熱大陸

高級志向、パーツの増設に疑問を持ち、安くていいもの、シンプルな自転車ライフの提案と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。


eeg-2680957_640

英語脳とは、英語を英語で考えること。

英語で言われたときにイメージする意味が、言語化せずに理解することを英語脳と言います。

私「英語を勉強してるんだぁ」

友達「じゃあ、OKってどういう意味?」

「OKはOKでしょ。」

友達「いや、そういう意味じゃなくて、どういう意味?」

もちろん友達は「OK」は「OK」で理解している。

「OK」と言われて、いちいち日本語に訳したりしてないはず。

でも、「英語を勉強している」と話した瞬間に、「OK」の正しい意味を日本語に訳そうとしているんです。

これは、まさに非英語脳。

でも、長い文章を考えて英語でしゃべる時は、やっぱり一旦日本語で考えているのが現状。

だから、いっそのこといきなり英語脳を目指すのではなく、日本語で考えて英語にする速度を早くしようと思ったのです。

物事にはなんでも段階がある。

この記事では、いきなり英語脳を目指さず、その過程にある学習方法をご紹介いたします。

英語脳やめた。

sign-1732791_640

英語脳を作る!

みたいな動画とかブログとか溢れてますが、まず何を言っているのかわからないのに、英語脳って話が飛躍しすぎ。

英語学習を始めようと思って、いろいろとネット検索をしている人は多数いると思いますが、そんな僕たちに、英語脳の事を言われても、無理じゃね?って感じ。

とにかく、何事もいきなり変わらない。

いきなり成長しない。

そこで、英語脳を目指すのはやめました。

うそ。

目指してるけど、結果的に、知らないうちに英語脳は出来上がっていくものであって、目指しているからなるものではないと感じます。

じゃあ、どうやったら英語脳に近づけるのか。

それは、日本語で浮かんできた自分の言いたいことを、瞬時に英語に直すこと。

日本語で考えながら、英語に直すこと。

素直にこれなんじゃないかって、気が付いたんです。

効率ばっかり求めちゃう大人の習い事>>>大人が英語を始めたら悩むこと。

学ぶ順序を変えてみた

change-4056014_640

そこで試してみたのが「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング



日本語で書かれている文章を、英文に訳すスピードを速くするという本。

くわしく練習方法が書かれています。

ひたすら繰り返すことが重要。

繰り返し、同じフレーズを言うのは結構重要で、基本的に英語でしゃべろうと思っても口が回りません。

馬鹿みたいだけど、何回も繰り返すと言えるようになる。

英語発音専門ドクターDさんも繰り返せって言ってます。


と、口が回るのとは別ですが、英作文でも繰り返しが重要。

でも、欠点があるんです。

飽きちゃう…

しかも、「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」に書いてあるのは、自分が言いたいことじゃないから、繰り返すのが結構つらい。

でも、勉強方法自体はすごく参考になったので気になる方は、是非トライしてみてください。

飽きちゃうのは、自分が言いたいことではなく、勉強してる感がでちゃうから。

そこで、考えた順番がこれ。
  1. Google translateを使って英作文
  2. オンラインネイティブ友達にGoogle translateの日本語訳を見ながら英語で話す
  3. 英作文を添削してもらう
  4. 正しくなった英文で、独り言英会話

1.Google translate使って英作文

ここでは言いたいことを英文にして入力します。

言いたいことが日本語で浮かんできて、それを英文で書きます。

この時、日本語で書いたものを英訳してしまうと、全く意味がないので要注意。

文法はこれからという方には、Fukahori Shiroさんの動画がわかりやすい。


動画が古く今風じゃないけど、英文法が理解できない人には、すっごくためになります。

私はこの動画で救われました。

2.オンラインネイティブ友達にGoogle translateの日本語訳を見ながら英語で話す

オンラインネイティブ友達については後ほど解説。

大丈夫。

現実的に可能です。

ポイントは、Google translateに英語で書いて、出てきた日本語を見ながら英語で話すという事。

話したいことをいきなり英語にできないので、自分の言いたいことを英語にできた日本語訳を英語で話すと、かなり話しやすくなることを発見!

大抵、日本語で考えた文章は難しい。

これを簡単な文章に置き換えて、英語にすることがコツ。

英語のそーたさんも、英語は連想ゲームと言っているぐらい。

3.添削してもらう

オンラインネイティブ友達に、英作文したものを添削してもらいます。

みんな優しく添削してくれます。

4.正しくなった英文で、独り言英会話

巷で言われている効果間違いなしの独り言英会話。

へんてこな英文から、まともな英文になっているので、あとは口が回るまで繰り返す。

自分で言いたかったことを英文にしているわけだから、自然と感情を入れられます。

感情を入れるときに、普段聞いている英語学習podcastのパーソナリティのマネをしたくなっちゃう。

結果、感情が入った自然な英語を話せるようになるだろう。

というストーリー。

どの動画もブログも難しすぎる。もっと手前で悩んでる>>>英語の文法用語から分からない私たち向け勉強法

友達作りのハードルは高くない

dylan-ferreira-HJmxky8Fvmo-unsplash

2.オンラインネイティブ友達にGoogle translateの日本語訳を見ながら英語で話す

について。

どうしても英語を話したい。

英語を理解できるようになりたい。

ほとんど毎日、英語学習番組のpodcastを聞いてる。

でも、イマイチ自分では成長を感じられない。

それは劇的な変化がないからなのかもしれない。

もう一つの趣味である自転車であれば、あの坂を何分で登れたとか、今日はあいつに勝てたとか、目に見える成長があります。

でも、英語学習は孤独。

友達を作りましょう!

めちゃくちゃおすすめなのがitalki

お互いの言語を教えあう人たちが集まるサイト。

例えば、私は英語を習得したい。

英語を教えてくれる人の中で、日本語を習得したい人と連絡するわけです。

そうすると利害関係(害はないけど)が一致して、お友達成立。

この時、自己紹介文やら英語を教えてほしいというメッセージを英語で作って、何人もの人に送ります。

そうすると数人から返信があって、またその中でビデオ通話をやってくれる人が現れる順序。

道のりはまあまあ長いけど、お友達になれるし、タダで自然な英語を勉強できる。

またそのお友達も、同じことを思ってる。

前進あるのみ。

私はitalkiを使ってビデオ通話を始めた2018年。

会話能力ゼロ。

しかも、そのオンラインネイティブ友達Tom君も、日本語会話能力ゼロ。

お互い話すことがなくて困った…

いまでは、だいぶマシになりました。

お互いの言語を教えあう目的と、言語習得の難しさを知っている同士だから、乗り越えられる事ってすごい大きい。

是非、チャレンジしてみてください。

これを知った時には感動で涙が出た>>>italki(アイトーキー)の最高の使い方に迫る

まとめ

wesley-eland-BsjiMDLwMKU-unsplash
  1. 英語脳はすぐできない
  2. 英語脳を一旦あきらめて、段階を経る
  3. 英作文⇒日本語訳を見て英訳しながら話す
  4. 友達作りに英語レベルは関係ない

SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

 コメント一覧 (1)

    • 1. 塩見賢人 (シオミケント)
    • 2021年01月18日 14:28
    • 突然の問い合わせ失礼します。
      英語学習ひろばというサイトの運営を行っております塩見賢人と申します。
      現在は、WEBの立ち上げから日が浅い為、サイト上では個人として運営を行っていますが、弊社で専門の部署を立ち上げ、今後法人として行う予定となっております。

      今回、御社のhttps://english-bike.com/archives/7792827.htmlこちらのページを拝見し問い合わせをさせていただきました。
      弊社のこちらのページ( https://hitononayami.com/toeic-study-time/ )では弊社独自に行った、TOEICに必要な学習時間をスコア別で掲載しております。

      弊社独自にアンケートを行い調査した結果なので、他では掲載されていない内容です。
      弊社では、この調査結果を、現在英語の学習を行っている幅広いユーザーに届けられればと考えております。
      またこのような調査結果を掲載することで、御社のページの信頼度も向上するかと思います。
      引用のリンクを張っていただければ、こちらの調査結果を使用していただいて問題ありませんので、是非ご検討ください。

      また、今後もこのような調査結果を掲載していく予定ですので、是非ご確認ください。( https://hitononayami.com/category/survey/ )
    • 0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット