自転車と英語初心者の情熱大陸

高級志向、パーツの増設に疑問を持ち、安くていいもの、シンプルな自転車ライフの提案と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。


0807--

サイクリストなら、一度は考えたことがあるこの大問題。

なんにも考えなければ、考えないで済むペダリング。しかし、考え出すと止まらないペダリング

いろいろなところで、いろいろな人がペダリングについて語ったているのを参考にして試しています。

50歳を目前にして、真剣に考えるようになりました。

休日もトレーニングだけしていればいいというわけじゃない

ほかにもやらなきゃならない事もあるし、やりたいこともある。

だから、もっと効率のいいペダリングを習得して、今ある力を無駄なく伝えることで、もうちょっと速くなれる。と、思う。

まだまだ、改善の余地がある。

ペダリング効率について考える。

たまにネットで見るのが、引き足不要説

30年ほど前から、自転車レースをしてきた私のとって、これは衝撃的でした。

昔は、サドルのできる限り後ろに座って、背中を丸めてドロップハンドルのフラット部をもってヒルクライムするのがめちゃくちゃカッコよかった。

このフォームを実現するには、どちらかというと踏み込むより、引き足をメインぽく回してみるとやりやすくなる。

だから、シューズのベルクロはギュウギュウに締めないと足がシューズの中で、パカパカしちゃう。

Gianni Bugnoのフォームは美しかった。これをめざして、サドルを目一杯引いてステムも可能な限り長いのを付けた。



BUGNO-IRIDATO-GIRO-3-Medium-1


出典:Gianni Bugno
でも、いまはそれが正しい気がしない。そもそも引き足メイン風がおかしい。

引き足の最大出力なんてたかが知れてると思う。そう思ったときに、「引き足なんていらない」っていう記事をyoutubeとかブログで見たんです。

あわせてどうぞ⇒ピストバイクのススメ…効率のいいペダリングの為に

前乗り

markus-spiske-DOO0Dhj_AYw-unsplash

お!これだ!と思って早速試してみたら、なんかいい感じ。

踏めている手ごたえがありました。

もっと踏もうとすると、どんどん前乗りになっていくわけです。

シートピラーも、25年前にカッコいいと思った必要以上にセットバックしたヤグラのヤツも捨てて、オフセット0の軽くて信頼できるやつ(体重がかかる部分だから)に交換。



サドルもあんまり前にするとカッコ悪いので、レールの真ん中ぐらいにセット。

そうすると、上半身が前に出るのでステムも一気に20㎜延長し、短いやつはヤフオクで売却。

ふぉー!ステムが長いってカッコいい!サドルは前に出てるけど…

このポジションで1シーズン走ってみた結果、なんか疲れる…

なんでも前乗りは大腿四頭筋をメインで使うらしく(要はフトモモ)、出力は大きいが短時間しか持たないとのこと。

どうりで。なんか気持ちよく走れないというのが一番感じた点。

ライティングスクール

翌シーズン、前々からやりたかったトラック競技への参加を始めました。

いきなりのバンクが怖かったので、スクールに行ってみたんです。

その時、バンク走行とは別にペダリング教室もやっていて、そこで教わったのは自転車競技を始めたばかりの30年前の通説でした。

そう、Gianni Bugnoのフォームを目指せということです。

①ペダルは丸く回す
②引き足は、踏む足に邪魔にならない程度に使う
③クランク長よりも大きいものを回しているイメージする
④膝を高い位置に保つ

この内容を頭にいれてペダリングしてみると、膝が高く保てるし、腰から下で回せているような、より大きな筋肉を使えているような気がしました。

決して引き足がメインという事ではありませんでした。

背筋を動員

トラック競技を始めるようになって、youtubeも見るようになりました。

スプリント競技の最後のシーンがよくスローモーションで流されるんです。

そこで気が付いたのがココ!白いウエアのコロンビアの選手の背中を見てください。


そう!腰から下でペダリングしているのがよくわかります。

このペダリングができることで、大腿四頭筋、背筋の両方を効率的に使って、最大出力UPさせることができるのではないかと。

このシーンをイメージしながら走ってみると、気持ちよくペダリングできるんです。

特に、クランク長よりも大きいものを回していることをイメージすることはとっても重要。

モモ裏筋も使えているようで、疲労がたまりにくいような気もします。

これを実現するために、結局ステムを20㎜短くして、通常のセットバックが入ったシートピラーを再購入…せっかくステムが長くなってカッコよくなったのに。

まとめ

前乗りは出力は出るけど、短時間しか持たない。

大腿四頭筋が発達していないと効果的ではない。

やっぱりホビーライダーには基本に忠実が一番。

トップ選手の真似事をしても、速くはならない。

ロバはロバ。

SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット