自転車と英語初心者の情熱大陸

高級志向、パーツの増設に疑問を持ち、安くていいもの、シンプルな自転車ライフの提案と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。


名称未設定のデザイン (4)

こんどシクロクロスに出るんだけど、どんな練習すんの?


やっぱり担いだり、ベニヤ板みないなやつを飛び越える練習でしょ


シクロクロスと言えば、

バイクを持ち上げてバリアーを越えて、飛び乗るあの動作。

バイクを担いで、階段を駆け上がる陸上自衛隊風なシーン。

自転車競技を全く知らない人が見ると、びっくりするぐらい印象的なアレ。

一旦興味を持つと、なんかやりたくなっちゃう。

もちろん、バリアーを越える一連の動作はすごく重要で、下位クラスなら何人も追い抜けちゃう場合もある。

でも、もっと大切なスキルがある。

それは、



グリップ力の把握



  • 車体がどうなったら、タイヤのグリップを失うか
  • 登りでグリップを上げる体重移動の方法
  • 繊細な空気圧とグリップ

バリアーを越えている時間より、コーナーや登りの時間のほうがずっと長い。

タイヤの限界を知ることで、安全かつ速くなれる

練習あるのみ。

タイヤのグリップ力を知る

八の字

コケるぐらい攻める

基本的なのは「八の字」練習。

ただぐるぐる回ってはイケない。

注意すべきはフロントタイヤのグリップ力を掴むこと。

コーナーのスピードを左右するのは



フロントタイヤのグリップを限界まで使えているか否か



フロントがすべってしまったら、うまいも下手もない。

リカバリーはほぼ不可能。

すべったら最後なのがフロント。

反対にリアがすべった場合は、テクニックの差があらわれる。

八の字練習では、ギリギリのスピードでコーナーへ侵入すること。



練習ですべっておくことで、レースでは余裕が生まれる



*もちろん、安全を確保したうえで。

タイヤがすべるとどうなるのかを体験しておくことはとても重要。

勾配とブレーキングポイントを深く考える

シクロクロスでは、こまかなアップダウンが続くことが多い。

ロードで言うアップダウンとは単位が違う。

もっともっと小さなアップダウンを指す。

数メートルしかない下りでも、その下りのスピードをいかに殺さず、登りに繋げるかを考え抜く。

わずかな下りを見逃さない

下りのコーナーでも、次が登りならできる限りブレーキせず、タイヤのグリップを引き出す。

コーナー手前でも、最小限のブレーキを心がける。

ロードをいくら走っても、この発想にはたどり着かない。

ダンシングで登る

オフロードの登りをダンシングでこなすのは、トルクのかけ方にコツがいる。

オフロードでダンシングすると、リアが滑っちゃうんだよねー。だからオレはいつもシッティング


もし、こんな症状だったら練習が必要。

シクロクロスでは、急で短い登りがよく設定される。

体重を使って登れなければハンデを背負う。

夜露に濡れた土手の草の上を、ダンシングで登れたら、コツはつかめてる。

関連記事>>>
l

意外な練習場所


名称未設定のデザイン (1)

林道にいきがち

普段ロードバイク乗っていて、オフロードの練習をしようと思って思い付くのが林道。

今で言うグラベル。

コーナーを攻めるような走りはしないし、そもそも急なコーナーがない。

たのしいけど、練習にはならない。

ロード乗りには思いつかない反復練習

コーンを置いて、一周1~2分ぐらいの周回コースを作る。

直線は長くとらない。

スピードが出てしまい、コーナーですべる限界を試しにくくなる。

土手の斜面を取り入れると、ダンシングの練習にもなる。

(お住まいの地域が都会だと、そんな都合のいい場所は無いです。すみません)

一周を短くすることで、コーナーのターン回数が増える。

これが狙い。

一周のラップタイムを記録することで、自然とコーナーを攻めるようになる。

左右どちらのコーナーが苦手かもわかる。

スピードや出力、心拍を維持するわけじゃなく、動作の反復練習が大事。

必須アイテムはコーン

理想の場所は、短く刈られた草ぼうぼうの運動場。

コーンを置いてS字、直角、高速コーナーを左右バランスよく設置する。

コーナーに目印があるのとないのでは、練習の質に大きく差が出る。

曲がりたいように曲がれては、グリップの限界はわからない。

コーン、ギリギリを攻める。

一番早いラインを考えながらを練習する。

コーンじゃなくて、持ち運びに便利なリング状の目印も売ってる。



関連記事>>>

バリアーをきれいに越えるコツ

降りる前にトップチューブをキャッチ

時に緩やかな登りでバリアーが設置されることもある。

通常はバイクから降りた直後、すぐにトップチューブを持ち、バリアーを越える。

しかし、これもまた忙しい。

改善策

降りる前にトップチューブを握る

ペダルから足を外す

降車

すでにこの時点でトップチューブを握っている

すぐにバイクを持ち上げることが可能

慣れると、効果が感じられる

高く飛びすぎ

もちろん、バリアー越えの練習は大事。

コーナーやダンシングでの登り練習と、同じぐらいの時間を割くべき。

一周1~2分のコースの中に、バリアー越えを取り入れてみる。

頻繁にバリアーを越えることになる。

かなり効果的。

短い周回コースを作る理由

コーナーを立ち上がってすぐにバリアー越えの為に降車

バリアー越え

飛び乗りまでに手間取る

1~2歩多くなる

すぐに次のコーナーが迫る

曲がれない

ワンミスでいかに動作が忙しくなるのがよくわかる

忙しさを抑える方法は、乗車時にできる限り低く飛ぶこと。

「せーのーでっ!」

なんて飛んでいたら、間に合わないし疲れちゃう。

練習量が少なすぎ

オフロードは別物。

オフロードセンスに恵まれた人は、ロードワークに重きを置いたほうがいい場合もある。

そうでなければ、初めは想像以上に練習が必要。

心肺機能が優れていても、オフロードの感覚がつかめず本領発揮できないことがある


これではもったいない。

それに危ない。

確かに、シクロクロスはスピード領域が低いから、大事故にはなりにくい。

でも、コーナーでフロントが滑れば一発転倒は間逃れない。

転び方によっては、相当痛い目に合う。

レース前にちょこっと練習しただけでは足りない。

しっかりとメニューに組み込む必要がある。

まとめ

タイヤのグリップ力を知る
   基本的にオフロードで使うには、とても貧弱なタイヤであることを知っておこう

意外な練習場所
    オフロードを走ればいいってことじゃない

バリアーきれいに越えるコツ
    うまくなるには反復練習につきる


SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット