自転車と英語初心者の情熱大陸

自転車レース歴30年の経験と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。


IMG_20210223_145713
乗鞍はヘルメット装着義務はなかった

ロードバイクブームは去った。

なんて厳しいことを言う人がいますが、ボクが自転車をはじめた30年前とくらべれば、いまだって確実にブーム真っ最中。

ロードワークにでかけても「何だこいつ?」っていう冷たい視線も、感じにくくなった。

ロードバイクなんて呼び方も定着してる。

きっとマウンテンバイクに対して、ロードバイクなんでしょうが30年前からやってる人たちには馴染みが薄い。

でも、これだけ認知度があがることなんて、全く予想もできなかった時代がありました。

暗黒のロードレーサー時代と黄金のロードバイク現代

IMG_20210223_145604
カーボンフレームに乗っている人は一人

ボク「自転車やってます」

相手「競輪だよね?」

自転車を初めて20年ぐらいは、このやり取りが続きました。

若い頃は、

「競輪じゃねーんだよ!」

なんて、一人一人丁寧にブチギレてました。

競輪は、公営ギャンブルであって、カテゴリーは競馬とか競艇の仲間でしょ。

だから、自転車を説明するときに、

「自転車競技と競輪は、野球と卓球ぐらい違う」

と、熱く説明していました。

同じボールを使う競技だけど、ルールも道具も、なにもかも違うことを端的に表現した説明文。

この説明を聞いた人は、もちろんポカンとしてました。

それでも、一緒にされるのは嫌だった。

(日本の自転車競技開催には競輪の存在は大きいけれども…)

その時代が、暗黒のロードレーサー時代。

ロードレーサーとは、ロードバイクに乗っている人を指すのではなく、ロードバイクを指します。

ダッサいねー。

いまも同じ呼び方なら、流行らなかったかもしれない。

ネーミングって大事。

でも、昔から自転車やっている人からすると、「ロードバイク」って言うのがちょっとはずかしい。

さすがに、今

「こんどロードレーサー買おうかな」

とは言わないけど。
継続にはコツがある>>ロードバイクをやめたいと思ったら見てください。

耐えたよ25年

IMG_20210223_145641
シクロクロスだけどディスクブレーキは一台もない

自分のやってることが、なかなか理解されないのは、かなり寂しい。

マジ、道路ではじゃま扱い

「車が一番」という思い込みからくる勘違い。

車が最優先なはずがない。

今では、車に乗っているドライバーが自転車のことを知っていたり、乗っている確率も少しは上がり、幅寄せも少なくなった気がする。

昔は、中指立てられながら、追い越されたこともある。

自転車が悪者扱いの報道があるけど、車も相当悪い。

小学生から「かっこいい~」と言われる

これには、「戦隊モノみたくて」の前置きがつく。

まあ、小学生から見たら全身タイツにヘルメットだから、そうだよね。

ヘルメットがキモい

昔はカブトガニみたいなデザインだったり、やたら後ろが長かったり、とにかく自転車を知らない人からしたら、異様なデザインだったと思う。

後ろが長いことが不自然に感じたのか、当時の初心者も前後逆さまにかぶる人もいたぐらい。

自転車=旅だと思われる

自転車に乗ってると「どこまでいくの?」って言われる。

全然どこにも行かないし、家は近所。

「インターバルトレーニングしてただけです」

なんて通じるわけないから、正直にどこから来たのかいうと、なんかガッカリした顔される。

いやいや、勝手にお前が「旅してる」って決めつけただけだろ?

今はこんなことなくなった。

だから、いまはパラダイス。

まとめ

IMG_3057
本場の空気感を知りたくて渡欧。長すぎるヘルメット

自転車を始めたのは30年前の高校1年生。

その時の同級生の子供が、

ロードバイクを始めたから相談にのって欲しい」

と連絡が来た。

暗黒のロードレーサー時代が終わったことを実感。

黄金のロードバイク時代がキテる。

もう、これで十分。

時代は変わった。 

本場はベルギーは違った>>26年前、ベルギーへ自転車留学に行ってきた。

SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット