スポンサーリンク

【グラベルロードとの違い】シクロクロスでグラベルロードツーリング 【補給に失敗!】

グラベルロード欲しいなー、シクロクロスバイクとどっちがいいかなー

間違いなく話題性があるのは、グラベルロードのほう。

各メーカーがグラベルロードモデルをラインナップしている。

が、どうだろう?

  • 太いタイヤを装着できる
  • ドロップハンドルでオフロードを走れるように設計されてる

ほぼ、シクロクロスバイク?

もはや、無理やり分けているような感じさえする。

だから、今持っているシクロクロスバイクでグラベルロードツーリングを計画。

もしかしたら、グラベルロードじゃないと不都合が出てくるかもしれない。

メインとなるコースは、長野県北部の斑尾林道

有名イベントでも使われていたような気もする。

森のくまさんが冬眠から目覚める時期だから、怖いなーと警戒しつつスタート。

ところが、怖いのは熊さんじゃなくて、補給ミスしたことだった。

山をなめてはいけない。

スポンサーリンク

違いはあるけど、ほぼ一緒

シクロクロスにクリンチャータイヤ、大容量ボトルを装備

違うところ

グラベルロード

  1. フレアハンドルが標準装備
  2. キャリアダボがあるから荷物をいっぱい運べる
  3. 40cとかすげー太いタイヤがついてくる

シクロクロスバイク

  1. ロードと同じハンドル
  2. ダボなんてあると恥ずかしい
  3. 競技のルール上、33㎜までのタイヤがついている

違いはあるけど、主にパーツの違いだから交換すればいいだけの話。

キャリアダボとは、キャリアを取り付けられるねじ穴があるってこと。

キャンプとかするなら必要かもしれない。

(実際、学生が夏休みに自転車旅行に…とかじゃないと、まず使うことはない)

太いタイヤがよければ、交換すればいいだけ。

完成車の場合、差別化するためにパーツで違いを出しているに過ぎない。

細かいことを言い出せばキリがない。

ざっくり言うと一緒。

グラベルロードはロードバイク寄り?

中には、タイヤとフレームのクリアランスを大きくとっていないモデルもある。

空力を意識しているっぽいけど、広大で平坦な大地を走ること前提っぽい

そのほか、グラベルロードタイヤはノブも低く、滑りやすい路面は意識して作られていない。

総合すると、グラベルロードはロード寄り。

そういえば名前も。

タイヤのクリアランスも少なくて、ダボがないモデルだったら、もはやそれはロードバイク…

出番を増やすならシクロクロスバイク

今は、シクロクロスレース参戦なんて考えてないかもしれない。

でも、グラベルを走っているうちに興味が湧いてくるかも。

オフロードをドロップハンドルで、スピードを出して走るのは面白い。

その時、シクロクロスバイクなら、そのままシクロクロスレースにエントリーできる。

グラベルロードだと、ちょっと微妙な感じになる…

関連記事>>>【ロードバイク化】シクロクロスバイクで全部こなす【小さい違いは気にすんな】

スポンサーリンク

気合が入ったグラベルコース(結構長いよ)

青いルートのラインの辺りが、斑尾林道起点。
今回のメインセクター。

難しいコース設定

グラベルライドを計画するとき、ポイントになるのが舗装路との割合。

日本の舗装率は90%
グラベルロードを探すのは、難しいと思って間違いない

それでも、グラベルロードを30~40%にしたい。

割と少な目な印象がある割合だけど、グラベルは舗装路より、圧倒的に負荷が高い。

だから、距離的には少なく見えても走るとボリュームがある。

最初は短いグラベルから試してみるとよくわかる。

それに、舗装路が長いと、なんでこんな太いタイヤ履いてんだ?って思えてくる。

ここが入口。
知らなければ確実に通り過ぎる景色。

Google mapに細くて、それらしき道も確認できるけど、グラベルロードかどうかはわからない。

ストリートビューでチェックを試みるも、砂利道は撮影されていない模様。

だから、口コミや少ないネット情報へ頼ることになる。

結局、基本的に行ってみないと、道がつながっているかどうかはわからない。

こんなちょっとした冒険感も、グラベルライドのいいところ

クライマックスの野尻湖展望

野尻湖と北信五岳が美しい

ロードバイクで山へ頻繁に行ってる人も、舗装されていない道は、まるで違う景色を味わえる。

それでいて、すごいテクニックが必要なわけではない。

こんな景色に出会うのも、グラベルロードならでは。

道として整備されてるから、まず迷うことがない安心感もいい

長いグラベルロードを走った後、舗装路に出た瞬間ホッとする。

山の中にいる程よい緊張感も、マンネリ化したロードバイク生活に一石を投じる。

オフロード初心者、バリバリのロードバイク乗りの気分転換としても丁度いい。

長い下りはしんどい

今回走ったコースには、長い下りがある。

実はこれが厄介だった。

完全にレース仕様なシクロクロスバイクには、長すぎる下り。

短い登り下りと、平坦のスピードを重視したポジションは、長い下りには向いていなかった。

  • ハンドルが低すぎた
  • オンロードの下りとは全く違う
  • ごまかしがきかない

この時ばかりは、ハンドルを高くしたかった。

もしも、グラベルロードを買ってポジションを出す時には、考慮したいポイント。

でも、今はレースメインの活動をしているので、なにか対策を練るわけじゃないけど。

関連記事>>>【ドロップハンドル】本当はすごい下ハンが持つ恩恵とは

スポンサーリンク

補給に失敗!

この時、ハンガーノックの予兆を感じてる

痛恨のハンガーノック

ハンガーノックとは、車で言うとガス欠になるってこと。

度合いにもよるけど、生あくびがでたり、手足が震えてくる。

下りでさえも大変になるぐらい、力を出せない状態に陥る。

じっとしていてもよくなることはなく、何か食べないと回復しない。

グラベルロードは、走行抵抗が高い

舗装路なら、ペダルを止めても惰性で進んでくれる。

グラベルでは、ほぼ惰性がきかない。

この点を甘く見てしまった

当然、グラベルロードにコンビニはない。

実は絶景を楽しむどころではなく、いち早くコンビニへ行きたかった。

その日走った距離だけで考えれば、補給なんているほどじゃない。

でもそれは、舗装路の話。

グラベルライドを計画するなら、

  1. 朝食は多め
  2. 補給食の携帯
  3. コンビニの場所を事前にチェック

もし近所や距離少なめでも、初めてなら十分注意するべきポイント。

ロードとは違う補給タイミング

とにかく早め、早めにとっていくこと。

舗装路を走るときよりも、もっともっと意識を高める必要がある。

グラベルゾーンに入る前のタイミングで補給したい

やっぱり、ガタガタ、ゴトゴトしているなかでは食べにくい。

舗装路なら、曲がりくねった下り以外、だいたい問題ないけど、すこし考えたほうが快適に補給できる。

携帯しやすい補給食

コンビニやスーパーで売っている食べ物を、補給食として携帯するにはでかい。

ポケットはすぐパンパンになり、ウインドブレーカーをしまうところもない。

だから、コンパクトサイズで高カロリーなものがいい。

山の中でハンガーノックになったら、マジでやばい。

緊急用として携帯しておく作戦もある。

それぐらい、山をなめてはいけない。

井村屋 スポーツようかんを見る

あずきバーで有名な井村屋から、補給食としてのようかんが販売されている。

エネルギーゼリーのような、いかにも補給食、流動食系が嫌いな人におすすめ。

普通のようかんと原型は同じなので、受け入れやすい。

PowerBarを見る 

パワーバーは1986年から、プロ選手に愛用されている補給食の老舗。

55gで187キロカロリーもあるから、補給としては効率がいい。

スポンサーリンク

まとめ

違いはあるけど、ほぼ一緒
今あるもので楽しむ。できるだけ兼用できるものを買う。

気合が入ったグラベルコース(結構長いよ斑尾林道)
野尻湖の絶景ポイントは格別。紅葉も相当キレイだと思う。

補給に失敗!
ひさしぶりに、ひどいハンガーノックをやってしまった。グラベルをなめてはいけない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました