スポンサーリンク

【自転車通勤を再開するポイント】毎日継続の最大の敵は雨と夜だった

ホーム » 自転車通勤 » 【自転車通勤を再開するポイント】毎日継続の最大の敵は雨と夜だった
a

 

Snapshot 1 (2021-05-11 21-30)

 

昔ちょっと自転車通勤やってみたけど、なかなか続かないんだよなー。

 

継続できないのには、それなりの理由があります。

その理由を把握せず気合だけで再開しても、きっと同じことを繰り返すだけ。

通勤中は気持ちがいいし、なんか体にいいことしてる感じもあって、満足感もある。

でも、なぜか続かない。

その原因は無意識のうちに積み重なる、わずかなストレス。

 

  • 雨の心配
  • 退屈な夜の帰路

 

自分でも気づかない小さなことでも、継続する大きな妨げへと成長します。

これをどう乗り切るかが課題です。

 

スポンサーリンク

雨だからこそ自転車通勤

 

juan-rojas-wA80GXDF9uw-unsplash

天気予報は見ない

車通勤から、自転車通勤にすることで、超敏感になっちゃうのが天気。

自転車通勤歴20年の私はその逆。

天気予報をほとんど見ません。

雨が降ろうが、雪が降ろうが、多少の天候の変化を気にしません。

特に、天気予報の気温なんて芝生の上、1mでどうたらこうたらっていう一定条件の話。

自転車通勤してみると、場所によって体感温度が全然違う事がわかります。

あまり、情報に頼りすぎると行動に移せない理由付けになる。

大げさだけど、変化に弱くなる。

いろいろ気にしないのが、まず一歩。

濡れることなんて大したことではない

二輪で通勤してるんだから、雨が降ったら濡れる。

そういうもんです。

そりゃ、ずぶ濡れはいやですけど、ちょっと濡れるぐらいでも大降りの雨でも、いやがり度合いはそんなに変わらなかったりします。

日本は、もともと雨が多い国。

ちょっとぐらい濡れても気にしない、大きなココロが必要です。

レインウエアをこまめに脱ぐのがコツ

とはいえ、雨に降られてしまったらレインウエアを着ることになります。

ときどき見かけるのが、雨はパラパラ、ポツポツしか降っていないのにバッチリレインウエアを着てる人。

どんなに高級レインウエアでも、快適ではありません。

そんなの着ないほうがいいに決まってる。

だから、こりゃ結構濡れるなって雨のときだけ着るようにします。

 

ポイントは雨が弱くなった時、面倒くさがらず脱ぐ。

 

脱ぐことを面倒だからといって、そのまま走っていると結局不快な状態で走り続けるので、楽しくなくなっちゃう。

それがやがて、

「今日は自転車通勤をやめておこう…」

につながってしまうのです。

2つの意識改革。

  • 少々雨に濡れても気にしない
  • レインウエアをこまめに脱ぐ

そこでおすすめするレインウエアがポンチョ。

ポンチョは、やっぱりちょっと濡れます。

でも、着るのも脱ぐのも楽。

結構な雨でもビショビショになることはありません。

被るだけなので、ペダリングを邪魔しない。

ポンチョの弱点はバタバタすること。

ご紹介するポンチョはバタつきを抑えるため、気の利いた場所にストラップがついています。

ストラップをズボンのベルトなどにつければ、バタつくことがありません。

前がめくれないように、手を通すところも付いていて、まさにスポーツバイク用。

もう、ジャケット+パンツには戻れません。

参考記事>>>雨の日でもロードバイクに乗る理由。

スポンサーリンク

予想以上にしんどい夜の自転車通勤

 

dima-pechurin-29FyQ9sUh_Y-unsplash (1)

暗くてテンションが上がらない

 

単純に夜走るのって、楽しくないんだよねー。

 

そうなんです。

景色を楽しめないし、仕事終わりで疲れてるし。

夜暗くなるのは当たり前だから気が付きにくいけど、暗いところを走るのって結構なストレス。

でも、なんとなく嫌な気持ちのまま走っているのと、暗いから嫌なのもしょうがないと思って走るのとは大違い。

テンションが上がらない原因が分かっていれば、対処のしようがあります。

一番重要なのが気持ちの切り替え。

精神論になってしまいますが、これしかありません。

毎日の通勤がしっかりとした運動になるわけですから、超有意義な時間をすごしていることは間違いありません。

ライトはケチるな!

乾電池式の安いヤツはだめ。

絶対。

安全性にも深くつながりますが、精神的な問題にも直結します。

暗いことは、テンションが上がらない原因です。

超明るいライトと、ケチって買った前がよく見えないライトとでは、確実にやる気に差が出ます。

最新のライトは、LEDで非常に明るく十分に前方のギャップを照らしてくれます。

でも、極端に明るいライトは点灯時間が短いという欠点もあるので、ある程度のもので十分です。

国産の定番キャットアイなら AMPP500以上のモデルであれば、快適な夜間走行が可能です。

 

スポンサーリンク

醍醐味は寄り道

 

pexels-ivan-samkov-4828821 (1)

自由自在の寄り道

一番の楽しみは金曜日の帰り道。

家まで一直線も悪くないけど、金曜日はメッチャ遠回りします。

ガンガントレーニングするわけではなく、ただただ自転車を楽しむ時間。

平日に、こんな贅沢な時間を過ごせるのは、自転車通勤ならでは。

目標は結構遠くのコンビニとか。

そこで飲むコーヒーがうまいっす。

寄り道快適アイテム

コンビニへ寄るのにも、本屋で立ち読みするのも最高のアイテムが、

  • MTBシューズ
  • MTBペダル

ロードバイクに、これらは確かに似合わない…
でも、自転車通勤を継続にするのには、寄り道を自由に快適にすることが最優先。

ロードペダルがついているなら、今すぐ交換!

さすがにロードバイクに、タウン系SPDシューズはミスマッチなような気がしますが、通勤という観点からすると、めっちゃ快適。

自転車通勤は、いろんなことを割り切ると継続のハードルがさがります。

 

参考記事>>>【時間を有効に使う】自転車通勤をおすすめします

スポンサーリンク

まとめ


雨だからこそ自転車通勤
ちょっと濡れるぐらい気にしない、気にしない。


予想以上にしんどい夜の自転車通勤

? ?意外にストレスであることを把握して、回避する行動をこころがける

醍醐味は寄り道
? ?駐車場を気にすることなく、気軽に寄り道できるメリットを最大限に楽しむ

プロフィール
この記事を書いた人
自転車普及研究所

自転車レース歴30年。
16歳で初レース、初クラッシュ。
そこで火が付き19歳でベルギーへ3か月間のロードレース活動。

翌年渡航資金を貯め、21歳で再び7カ月間ベルギーでレース参戦。
滞在中に語学の面白さに気付き、英語学習を開始。

以後、独学で英語学習しつつ、シクロクロスを中心にレース活動中。

シンプルな自転車ライフの提案と英語攻略を目指します。

フォローする
自転車通勤
スポンサーリンク
自転車と英語初心者の情熱大陸

コメント

タイトルとURLをコピーしました