スポンサーリンク

【サイクルジャージ】完璧なおすすめレーパンはdhb【消耗品です】

12~3年前のdhb製レーパン

サイクルジャージって高いんだよね。

特にレーパンがエグイ。ユニクロで売ってないの?

ない。

ユニクロには。

ユニクロにあったらいいのになって、まじめに探したこともある。

そのくらい高いくせに、長持ちしないのがレーパン。

レーサーパンツの略。

サイクルパンツ?

ショーツ?

いろんな言い方がある。

このレーパンの大問題解決してくれるのが「dhb」

安くていい

これに尽きる。

実際に12~3年前から愛用している「dhb」はどんなレーパンなのか。

安いからダメなのか。

ダメじゃないけど、値段なりなのか。

いや、

それは、想像以上の品質。

  • サイクリングウエアは高いから、ヨレヨレでも使っている人
  • 海外通販だから、手が出せない人

もし、当てはまるならdhbを試さないともったいない。

dhbはwiggleというイギリスのスポーツ用品店で扱っている。

でも、国内で通販する感覚で大丈夫。

先入観さえ取り除けば、快適ライドが待っている。

dhbの恩恵を最大限に受けられるコーデがこれ。

  • 上は今持っているチームウエア
  • 下は「dhb」
スポンサーリンク

求めたいのは耐久性

生地がガサガサだけど、薄くはなってない

 生地が命

10年以上前に買ったdhb製のレーパン。

捨てるタイミングがわからない。

それほど、耐久性が高い。

レーパンのいちばんの肝は生地。

世の中には、デロデロに伸びてしまうレーパンは山のようにある。

これには注意してほしい。

なにも、安物だけがデロデロになるわけじゃない。

ちゃんとしたブランド品でも、ちゃんと伸びる。ものもある。

採用している生地の問題。

メーカーは、耐久性と着心地のどちらに重点を置くかで、採用する生地を変える。

その差は、こだわりが強い人がやっとわかるレベル。

ホビーライダーの僕たちは、耐久性が高いものを選ぶべき。

dhbがチョイスする生地には、信頼がおける。

写真のレーパンのデザインは古くなってしまったが、生地の衰えは恐ろしいほど遅い。

そういえば、なんとなく着心地は良くないかもしれない。

固いような気もする。

でも全く問題ない。

  • 2010年辺りに2枚購入。
  • 週末の2日間で1枚ずつ使用
  • 1年間の使用回数 約25回
  • 約6年間で150回

冬場もパッドなしタイツを使用していたため、本当に年がら年中スタメン状態。

7年目以降は、さすがに飽きて新規購入品もあり、登場回数は減少傾向。

それでも、まだ現役。

人間に例えたら80歳。

ホビーライダーの味方。

 縫製は差が出にくい

パネルのつなぎ目は4本のラインで丈夫

その昔は、縫製にも差があった。

よくあるのがほつれ。

パネルのつなぎ目が解けてしまうほどではないけど、貧乏くささがでる。

最近の縫製技術は飛躍的に進歩している
どのメーカーも大きな差を感じることはない

ただ、それぞれのパネルの大きさはブランドによって個性があるから、シワになりやすかったりはあるかもしれない。

 コモディティ化したパッド

スマホも昔は、各社技術がバラバラで、このブランドじゃないと信用できないみたいなことがあった。

でも今は日用品と化し、使い物にならないレベルのものは、そうそう売ってない。

これは電化製品だけに起きることではなく、産業全体での話。

当然、アパレル業界だって、これと同じことが起きている。

ウレタンフォーム系パッドが主流になった今、品質が格段にあがった

どれを買っても、満足いかないレベルにはない。

dhbでも通勤用に買ったインナーパンツレベルだと、パッドのヘタリは感じたけど、レーパンとして売られているものは、しっかりと長持ちする。

心配いらない。

関連記事>>>【dhbサングラス】あれ?結構イケてない?コスパ最強アイウエア

スポンサーリンク

消耗品に求めるのはコスパ

数年前に買ったブロックシリーズ

 お尻の割れ目に注意

注意してほしい。

レーパンを使いすぎて生地が薄くなる部分が、お尻の割れ目。

  • 履く前は、生地が伸びてないから、薄くなっているのは確認しにくい
  • 履いてしまうと、後ろだから見えない
  • お友達と一緒に走るときは、後方から丸見え

一番目立つところ。

粘っていつまでも古いのを履いていると、恥ずかしい目に合う。

お友達が指摘してくれるなら、それはいいお友達。

まずは、自分のレーパンを伸ばして光に透かして確認しよう。

意外とヤバいかも

コスパがいいdhbなら、粘る必要はない。

 ビブが伸びないヤツがいい

10年使ってても伸びない

正直、使い勝手は悪くなるビブタイプ。

ビブタイプとは、ゴムでお腹を締め付けない、肩にかけるタイプ。

走っているときは、断然ビブタイプがいい。

間違いない。

走るために着るわけだから、ビブタイプを選択するのは当然。

問題はトイレ

着替えが終わって、出かけるタイミングで、もよおす大のほう。

ほぼ全裸でのトイレになる。

このように、着替えの回数も多くなり、ビブの部分も伸びやすくなる。

だから、ヤワな生地を使っていると、ビブの役目もなくなってしまう。

 高い=イイモノ

高くていいのは当たり前。

dhbは一番大事なこの部分を、ぶち壊してる。

期待以上の品質で仕上げてくる。

このコスパを知っている人は、季節前に準備を整えるから、案外品切れになることがある

その一方で季節外れのセールを待つ手もある。

いずれにしても、高くてイイモノよりも、売れてることは間違いない。

初めてでも、wiggleなら返品も手軽だし、その後のことを考えると試す価値はある。

スポンサーリンク

カテゴリーは種類

実は、カテゴリー分けされてる。

多分知らない人は多い。

  • Aeron(エアロン):プロ仕様の高級ライン
  • Blok(ブロック):デザインを重視
  • Classic(クラシック):ベーシックなモデル

値段からは分かりにくい。

なぜなら、セールが多いから。

予算内でAeronが買えるなら、お得。

 高コスパコーデ

トップモデルはAeronだけど、こっちがおすすめ。

裾テープの締め付け具合が程よく、履きやすい。

何と言っても裾ラインの色が豊富で、チームジャージカラーとコーデが可能。

ジャージの上は消耗が激しくはないので、何年も前に買ったチームジャージで大丈夫。

でも、レーパンがビヨビヨ。

こんな人、結構見る。

こうなる前に、dhb ブロックシリーズからチームジャージと合うカラーをチョイス。

チームレーパンの使用頻度を下げられる。

 高いけど安い

生地がしっかりしてる。

明らかにワンランク上の品質であることが伝わる質感。

細部にまで気を配られて設計されている。

太ももにあるポケットは、かなり重宝する。

春先や秋口にウエア小物が多くなって、背中のポケットがいっぱいになることがある。

特に小さなものは、ポケットの下の方に埋もれて簡単には取り出せない。

そんな時、このポケットが威力を発揮する。

 間違いない

スタンダードなモデルがコレ。

シンプルにできてる。

今主流の太い裾グリッパーとかではなく、昔からある感じのやつになってる。

でも、別に特別安いというわけじゃない。

頻繁にやるセールがあるから、逆にブロックシリーズのほうが安いことも多々ある。

あくまでシンプルに、控えめな柄や色でそろえたいならこれ。

最近は、真っ黒いレーパンを履いている人はあんまり見かけなくなったけど、上が派手なチームウエアなら、下は大人しくっていうのもあり。

関連記事>>>【レーパンの下】 え?マジで?パンツ履いちゃダメ絶対

スポンサーリンク

まとめ

求めたいのは耐久性
高いから何着も買えない。だから耐久性重視で選ぶ必要がある

消耗品に求めるのはコスパ
消耗品だからこそ、粘ってはいけない。ヘタってきたらさっさと新しいのにしよう

裏切らない品質
dhbは安いだけじゃない。満足できる

コメント

タイトルとURLをコピーしました