自転車と英語初心者の情熱大陸

高級志向、パーツの増設に疑問を持ち、安くていいもの、シンプルな自転車ライフの提案と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。


タイトルなし1
出典元:wiggle

サングラスって高っけーなー。ほかにもいろいろ買わなきゃならないのになー


初期投資額が大きいスポーツといえばロードバイク、マウンテンバイク。

揃えなきゃならないものが山ほどある。

そして、追い打ちをかけるのがサングラス。

有名ブランド品はカッコいいけどクソ高い。

なんとか安くてカッコイイのはないだろうか。

あった。

新製品パトロール中に、wiggleでいい感じのサングラスを発見!

うん!安い!

写真のモデルさんがかけてる「dhb Vector Revo Lens」。

サングラスの安いヤツって、決まってカッコ悪い。

サングラスオタクとしては、数千円のヤツなんて眼中にない。

でも、これは結構いい感じ。



はじめてのスポーツサングラスにぴったりなのでは





流行のレンズシェイプ

2020-dhb-vector-photochromatic-lense-sunglasses
出典元:road.cc

今をしっかりとらえてる

安いサングラスってダサい。

なぜか。

古くさいから。

流行を追ってサングラスつくると、製造するのに必要な金型を頻繁に作ることになる。

だからコストがかさむ。

でも、償却が終わった金型なら安く作れる。

古い金型を使ってコストを押さえて作るから、ダサくなっちゃう。

ところが、dhb Vector Revo Lens はデザインがかなりの今風。

なのに安い。

まあ、なんチャラブレーカーに似てなくもないけど、そういったものはよくあること。

この価格ながら、流行のデザインを採用できるのはさすが「dhb」。

チープ感がない

2020-dhb-vector-photochromatic-lense-sunglasses-side
出典元:road.cc

フレームのつや感。

レンズの色の薄さ。

無駄の無いフォルム。

中途半端に曲がったテンプルでなく、気持ちいいぐらい真っ直ぐ。

wiggleのHP上だとCG?だから、良さが全然伝わってこない。

これなら質感の良さがわかる。

(road.ccさん、ありがとう)

シンプルさがイイ

2020-dhb-vector-photochromatic-lense-sunglasses-inside
出典元:road.cc

安いサングラスにありがちなのは、いろんな所が調整できるヤツ。

(天下のオークリー様でもあるけど)

ノーズパッドに針がねみたいなのが露出していて「グニグニ曲げれるよ」みたいなの。

あれ、めっちゃダサい。

いや、調整できるっていいことなんだけど「ウエスト調節できます」的な礼服を彷彿とさせる。

dhb Vector Revo Lens もノーズパッドは調節可能だけど、そう見えないのがまた魅力。

「dhb」とは?

タイトルなし7
出典元:wiggle


dhb (ディーエイチビー) は、2004 年に英国ハンプシャー州で設立された高性能スポーツウエアブランドです。私たちは、外に出てスポーツを楽しむときの高揚感に情熱を注いでいます。私たちのサイクリング・ランニングコレクションは、初心者からプロまで、あらゆるレベルの方向けにデザインされています。

出典元:wiggle

価格を超えてくる品質

サングラスに注目したのは今回がはじめてだけど、ウエアはかなり前から愛用。

もう、10年以上前から。

どんな商品も、価格から想像する品質を大きく超えてくるといっても過言ではない。

10年以上前に買ったレーパンをまだ履いてる。

うすうす、ヨレヨレになってるけど、無理して履いてる訳じゃなくて、全然へたらない。

そういうもの作りをしているブランド。

必ず流行をおさえてる

流行にも敏感。

国内ブランドは、自転車途上国の日本だからしかたないけど、

(シマノは別)

流行に乗るのがワンテンポ遅い商品ばっかり。

その点「dhb」はしっかり流行をおさえてくる。

たとえば、袖の短いウエアはだいぶ前から売ってない。

豊富なアイテム

身に付けるものはなんでも揃ってる。

ウエアなんて、山ほど種類があってどれも高品質。

今まで買ったなかで、1つだけ着けると寒くなるアームウォーマーがあった。

夏用を買ってしまったのかな…

なかでも、感動したのが バイクシューズ

考えられないほどの低価格なのにめっちゃいい。

ソールはカーボンじゃなきゃだめとかじゃなければ十分すぎる。

初心者にオススメな理由

thought-catalog-Xeo_7HSwYsA-unsplash

お金をかける優先順位

サングラスって高い。

オークリーなんて、超カッコイイけど超高い。

でも、要は風よけができて、紫外線から目を守ってくれればいいわけ。

だから、オークリー買っちゃったから、冬用のウエアを買えないなんてのは本末転倒。

ロードバイクを継続できるかどうかは、冬を乗り越えられるかどうか


高級ブランドのサングラスよりも、ウエアの充実を図ることの方が優先順位は高い。

でも、サングラスが無いのは困るのでdhb Vector Revo Lensがちょうどいい。

価格差

オークリーとの価格差は、ザっと3倍ぐらい。

買うものによって違うけど、とにかく数倍は違う。

まだ、ロードバイクにハマリきってないのに、そんなにお金を突っ込めないのは当たり前。

オークリーのロードバイク用モデルなんか買ったら、普段はちょっと使えない。

ロードバイクをやめちゃったらインテリアかメリカリ。

まだほかにも買わなきゃならないものはある。

続けられるか微妙な場合

いろいろスポーツを試してきたけど続かない…

こんな人も少なくないはず。

一式そろえてしまって、モチベーションが続かないなんてこともあるでしょう。

そんな時にも、ベストな選択。

例えば3年続けたら、ご褒美としてオークリーを買う!

なんて決めたっていい。

まとめ

流行のレンズシェイプ
    最先端の形状を抑えてる。これでアンダー1万円には見えない。

「dhb」とは?
    サイクリングアパレル界のセブンイレブンみたいな感じ。なにを選んでもおいしい。

初心者にオススメな理由
   トレック、ジロ、オークリーなのに冬に薄着だけはやめてほしい。



SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット