自転車と英語初心者の情熱大陸

高級志向、パーツの増設に疑問を持ち、安くていいもの、シンプルな自転車ライフの提案と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。


road-bike-g0b1c46ed0_640 (1)
*写真はパナモリではありません

パナモリってなに?


知らないの?パナソニックのクロモリフレームのこと


お手軽にオーダーフレームが出来ることで有名なパナモリ。

でもホントにクロモリが好きならあれは選択しない。

その理由

デザインが「古臭い」

(まあ一般的には、クロモリ自体が古くさいんだろうけど)

なのに、なぜ人気があるか。
  • 比較的安い
  • 注文方法が簡単
  • 宣伝されてるから知ってる
もしこれらを求めているなら、カーボンフレームを選んだ方がいい。



安くて簡単に注文できるということは、クロモリの楽しみを欠いている



クロモリしかなかった時代とは、立ち位置が違う。

もはやクロモリは、

初心者が手軽に手を出せないオタク向けのバイクと化している

クロモリに興味があるなら、じっくりゆっくり選んだほうがいい。

そうしたらパナモリにはたどり着かない。

化石のようなルックス

bicycle-g71fa89368_640

古くさく見える理由をざっくり二つ

   1. ラグとか工作がダサい

ラグとはパイプの継手のこと。

なんでも流行り廃りがあるのはクロモリでも同じ。

今流行ってるのは、ラグを使用しない「ラグレス」。

でもパナモリは、味も素っ気もない完全なラグ仕様。

このラグを見るだけで買う気が失せる。

(しっかり作りこんでいるラグならカッコいいけど)

その昔、ラグは各工房のオリジナリティを出すために、きれいな形に削ってたりしてた。

シートラグにつながるシートステー先端の工作も伝統芸能。

伝統はすばらしいけど。

カッコよくない。

    2. 芸がないシートステー

ただの棒がくっついてる感がハンパない。

昔はそれでも疑問には思わなかった。

でも、今は違う。

オシャレブランドが作ると、かっこよく曲げ加工されてる。

乗り味がどうのは置いておいて、今っぽい。

シンプルすぎるシートステーを見ると、購買意欲がわかない。
  1. ラグの有無
  2. シートステーの形
この2点に絞って他のブランドと見比べると、違いが見えてくる。

IMG_20211011_095650 (1)
MADMANフルカスタム
曲げ加工だけじゃなく、潰しも入って非常に複雑な形状

選びやすさはNo,1

パナモリの売りは、選びやすさ。

パナモリサイトに入ってシミュレーションできたりもする。

でも思い通りのカスタムバイクって言うより、

色とサイズがいっぱいあるよって感じ

色はパターンが決まっていて、その中から選ぶようになってる。

当然、ある程度の範囲内から選んだ方が、わかりやすい。

だから、初心者でもたのみやすい。

分からないならカーボンがいい

初心者なら、カーボンの方がいいに決まってる。
  • 軽い
  • 写真から選ぶだけ
  • いろんなブランドから選べる
たのみやすいかどうかの観点から見ると、カーボンフレームの圧勝。

サイズはS、M、L。

わかりやすい。

すぐ手に入る。

色の選択肢がないけど、ブランドの選択肢は山ほどある。

ブランドによってカラーリングが違うから、先に色から選んでブランドを決めるのもアリ。

そしたら、カーボンだって気に入ったカラーリングは見つかるはず。

カーボン一色のこの時代になったのも、クロモリよりすぐれているから。

乗り手にカーボンとクロモリの違いがわかるかはどうかは別にして、数値的にはカーボンはすぐれてる。



クロモリのここが好きという部分がはっきりない限り、カーボンの選択が間違いない



関連記事>>>

オーダーするには勉強が必要

Embed from Getty Images

そもそもオタクの乗り物


わざわざ時代遅れの鉄のフレームに乗るのは、こだわりが強いから。

  • アウター受けはこの位置がいい
  • どうしてもトップチューブを水平にしたい
  • アンダーステアにしたいから、ヘッドチューブをねかせたい
本来、カスタムバイクって、こんなことをフレームビルダーに伝える。

こまかいところを指定したいから、クロモリを選択している面もある。

だからクロモリバイクに選びやすさを求めるのは、ちょっと違う。

選びやすさも、種類の多さもカーボンには絶対勝てない。

アメリカンとヨーロピアン

クロモリのトレンドには大きく二つの流れがある。
  1. 合理化された無駄のないアメリカン   
アメリカのブランド
  1. Independent Fabrication
  2. Tonic 
  3. SQUID     本国サイト
美しく装飾が施されたヨーロピアン
  1. COLNAGO
  2. DE ROSA
  3. ZULLO
  4. Tommasini
今トレンドを作り出しているのは、アメリカンブランド。

フレームビルダー(フレームを作る人)を目指してヨーロッパへ修行に言っていたのは昔話。

日本の若いビルダーは、アメリカへフレームを学びに行くのが主流になりつつある。

そのトレンドと大きく外れるのがパナモリ。

伝統を守っているとも言えるけど、昔から変わってないだけにも見える。

工作にこだわる

以下、クロモリオタクトーク🙇

たとえば、ダウンチューブのシフトケーブルのアウター受け。

STIの登場で(ずいぶん前だけど)形が変わった部分。

image2-690x516

シフトレバーが付いてた場所に、アウター受けを設ける必要性があった。

そこでシマノは、シフトレバーの台座(溶接されている)に取り付けられるアウター受けを販売。

ユーザーはダブルレバー(ダウンチューブに付いているシフトレバー)か、STIを選べるようになっていた。

でも、ご存じSTIはもとより、すべてのバイクが手元シフト。

なのに、パナモリはまだシフトレバーの台座が付いていて、専用のアウター受けを取り付ける構造になってる。

CIMG3420
出典:YCC事務員の自転車ブログ 
*写真はパナモリではありません

アウター受けを溶接すればいいのに。

これだけみても、いい意味じゃなく昔と変わらない。

IMG_20211011_095620 (1)
MADMANフルカスタム
シングル仕様だからアウター受けが一個しかない

本来、アウター受けだけで用を足す。

関連記事>>>

ブランドと注文方法

Embed from Getty Images

気になるブランド

魅力的なのは、パナモリのようなマスプロメーカーじゃなくて、小さな工房。

カーボンのように、金型とでっかい炉を用意しなくても出来るのがクロモリ。

せっかくクロモリにするなら、とことん大量生産品から離れた方がおもしろい。

パナモリと同じく国産でもカッコイイフレームを作っている工房がいくつもある。

トレンドを造るアメリカの影響を受けている日本のビルダーも多い。
  1. CHERUBIM
  2. Dottbt's
  3. Shin
  4. HELAVNA
  5. CORNER

注文は簡単じゃない

簡単に注文したいなら、カーボンがいい。

ここをああして、そこをこうしてって頼むことを楽しむのがクロモリ。

だから、こうしたいっていうイメージをもつことがとっても大切。

自分で一つ一つ調べて、知識を得る。

ネットよりも、じっくり深く考えられるように本を読むのがおすすめ。

そうするとクロモリカスタムで出来る範囲の広さがわかる。

それがわかるとパナモリでは、満足できないはず。



Amazon




まとめ

化石のようなルックス
 伝統?いや、ただ昔のままなだけ。 

オーダーするには勉強が必要
 クロモリに興味がないならカーボンを選んだ方がいい

ブランドと注文方法
   洗練された国内ブランドもある。ほしいイメージを造ること。

パナソニックオーダーシステム






SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

 コメント一覧 (1)

    • 1. 清水
    • 2021年10月25日 08:53
    • はじめまして。
      ちょっぴり反論?です。
      クロモリのラグ付きが古臭いとのことですが、私はあれこそがクロモリの魅力だと思っています。
      パイプ同士の接着力はラグレスより圧倒的に高いと同時に、好みの問題こそあるにしても控えめながらある種の装飾性をフレームにもたらしていると思います。

    • 0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット