自転車と英語初心者の情熱大陸

高級志向、パーツの増設に疑問を持ち、安くていいもの、シンプルな自転車ライフの提案と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。


simon-connellan-80DNjsvdKn4-unsplash

何のスポーツでもフォームって大事。

そんなことわかってる。

野球とかテニス、ゴルフならフォームが重要というのは一般的な話。

でも、自転車となると雑誌やネット記事で取り上げられるほど、大事さは伝わっていません。

その原因は「スポーツとしての自転車」が浸透していないから。

高級バイクで走っている人も珍しくなく、今となっては完全なマイナースポーツとは言えないほど普及しつつあるスポーツバイク。

でも、ママチャリの延長線上で、自力でどこか遠くに行く移動手段のイメージが抜けきれない。

スポーツとして自転車に乗るならフォームはとっても大事。

この記事ではフォームの修正箇所ではなく、フォームに対しての意識付けにフォーカスします。

ロードバイクに乗ってる時、フォームチェックしてる?

pexels-pixabay-248547

日本において、マイナースポーツであることが、フォームを軽く見ている原因。

なぜか。

憧れて始めるわけじゃないから。

これだけ動画や有料放送で、自転車レースを見られる機会が増えましたが、実際に見ている人はごく一部なんじゃないかと思えるほど、レース仲間の会話でもレースの話にはなりません。

だから、あの選手のフォームをまねしてみようとか、この選手のフォームがカッコいいなんて思って、自転車を始める人なんて、めちゃくちゃマイノリティー。

フォームの大切さに気が付いた人でも参考にするのは、教本的なやつかHOW TOものの動画。

フォームってイメージが大切なのに、これだと必死で頭で考えるようになっちゃう。

参考記事>>>ロードバイクでダンシングする時のバイクの倒し方

ゴルフやテニスだったら、当たり前なのに

pexels-pixabay-248559 (1)

野球やサッカーなら、有名選手のフォームの物まねをして、笑いや関心を共有できます。

でも、マイナースポーツだと有名選手が有名じゃない。

自分がやっている種目のトップカテゴリーのレースすら見ない。

自分しか興味ない。

ビギナーと走りに行くと、何キロ走ろうがシッティングのみ…

「立ち漕ぎのことをダンシングって言って、織り交ぜると体のストレスを緩和できたり、体重を使ったペダリングができるようになるよ」

なんて説明しても、真剣にやってみる人なんてほとんどいません。

そこには「走れるからいいじゃん」があるのでしょう。

たしかに、ダンシングしなくたって前には進むし、難しい事考えずに乗りてーんだよ!というのも、わからなくはない。

でもこれが、ゴルフだとしたら素直にフォームのアドバイスを黙って聞くはず。

自転車だって同じ。

身近な乗り物で、スポーツバイクが文化として浸透してないから、移動手段との垣根が曖昧なんです。

実は、ただ前に進んでいるわけじゃなくて、そこには力をロスしてしまう要因がいくつもあるわけです。

観察とイメージ

simon-connellan-8bv_BtMLU1I-unsplash

教本を見るのではなく、トップ選手をまねしてみることを、強くおすすめします。

レースの動画をいろいろ見てみて、カッコいいフォームをしてる選手を見つけると話が早い。

「その選手になりきって走ってみる」

これが一番重要。

レース動画をあまり見たことない人向けに、ダイジェスト動画を一つ。Mathieu van der Poel(マチュー・ファン・デル・プール)のフォームは実にカッコいい。

メジャースポーツでは当たり前のことが、マイナースポーツでは全くの無視。

自分のフォームをチェックすることは、改善の近道なので仲間に並走して撮ってもらうのも、かなり効果的。

参考記事>>>ペダリング効率の上げ方6選!パワーロスを防ごう!

まとめ

  1.  フォームを軽く考えてはいけない
  2. フォームを重要視するのは、メジャースポーツなら普通のこと
  3. お手本は教本じゃなくて、プロ選手

SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット