自転車と英語初心者の情熱大陸

高級志向、パーツの増設に疑問を持ち、安くていいもの、シンプルな自転車ライフの提案と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。


workout-713658_640 (1)

インターバルトレーニングを一生懸命やってるのに、なんとなく速くなっている気がしない。

若いころは苦しいトレーニングを積み上げれば、強くなっている実感がしたのに、歳のせいかあんまり実感がわかない。

それは、ペダリングロスを改善することが第一歩。

フレームの剛性とかパーツの軽さを気にする前に、エンジンである体の使い方にもっと注目しましょう。

1分間に90回転も回すわけだから、1回のペダリングで起こるロスの影響はかなり大きい。

ペダリングについて意識を向けることだけでも、効果があることまちがいなし!

この記事では、ペダリングのロスを最小限にとどめる方法がわかります。

ペダリングのコツ。自分の力を引き出す。

pexels-pavel-danilyuk-5807545

スポーツバイクを始めたばかりのころは、ただ乗っているだけで楽しいものです。

そしてだんだんと、機材にも興味が湧いてきて、軽量化、剛性なんかを気にしながらパーツをグレードアップしたりする楽しみが出てきます。

いっぽうで、フォームやペダリングについては、おいてけぼりになりやすい課題です。

さらに、仕事での責任が増えるけど、練習量は増えない、むしろ減っている働き盛りの40代は、若いときのような高負荷トレーニングをしたからといって、結果が付いてくるというものでもありません。

プロ選手ではなく、別の仕事を持っているわけですから、常にバランスは大事。

そこで、今持っている力を最大限に引き出すことで、パフォーマンスを上げていきましょう。

それには、無駄な力を使わないように意識を持っていく事です。

ロスがでやすいシーンとは、
  • 路面が荒れている
シクロクロスを例にとると、ボコボコした路面では集中力が路面をとらえる方に向いてしまい、効率のいいペダリングができなくなってしまいます。

でも、ペダリングにとって勝負所。

ここで差が付くんです。
  • 心拍が高い
心拍が高いのは言うまでもなく、苦しい状態なのでフォームがめちゃくちゃになりがち。

それでも一番効率よく走りたい場面です。

だれでも苦しければ、ペダリングもフォームも乱れます。

でも、だれもが乱れるところで、乱れないようにすると一歩抜きんでるわけです。

インターバルトレーニング中でも、ロスがないペダリングを意識することは大切です。

では、どのような意識をすればよいのか。

 長いクランクをイメージ

steam-locomotive-1899603_640

実際についているクランクよりも、だいぶ長いクランクが付いていることをイメージして回すこと。

こうすることで、
  • 自然と膝が高い位置で保たれる
  • カカトが下がりにくい
  • ロスが大きい上支点、下支点の通過もスムースになる
これはトラックレースを走る大学生から聞いたアドバイス。

いままでは、膝を高く保つイメージで回していました。

でも、このイメージだと場合によっては、引き足に力が入りすぎる可能性があります。

あくまで回すことをイメージしないとギクシャクしてしまいます。

長いクランクが付いているイメージで回すとどうなるのか?

上支点、下支点について>>>シクロクロスとピストが、ごまかしがきかない理由。

膝から上で回す

pexels-pixabay-38296

長いクランクをイメージして、大きく回すと大きい筋肉を使えるようになります。

踏み込むときにカカトが下がると、ふくらはぎに負荷がかかりませんか?

これだと膝から下の小さい筋肉がメインになってしまいます。

さらに足その物の重さも利用できていません。

オフロードや急こう配だと、カカトが下がりやすい傾向にあります。

いくらオンロードできれいにクランクを回せても、オフロードを走っていないと、うまくペダリングができません。

オンロードでは、ほぼ無縁の「トラクションコントロール」(スリップしないようにグリップを利かせながら力を加減すること)をしないと登れない場面が多々あります。

この時に、カカトが下がりやすいので注意しないといけません。

やはりシクロクロスやMTBを走るのであれば、普段からオフロードを走ってロスのないペダリングを意識する必要があります。

足の重さを利用することについて>>>理想のケイデンスは高回転それとも低回転?問題。

まとめ

cycling-races-4724345_640
  • 興味がなかった人、伸びしろが少ない人はロスを少なくすることを考える
  • 実際のクランクよりも大きく回すイメージを持つ
  • 膝から上を意識して大きい筋肉を使う
明日からバイクにまたがるだけで課題が山積みで、たのしいバイクライフが始まります。

>>>ペダリング効率の上げ方6選!パワーロスを防ごう!

SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット