自転車と英語初心者の情熱大陸

高級志向、パーツの増設に疑問を持ち、安くていいもの、シンプルな自転車ライフの提案と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。

結論は、微妙。

正直、誰でも簡単にとはいかないのが現状。

はじめからある程度の検索能力が求められます。

クラウドワークスとは、ネット上で完結するお仕事受発注のサイト運営会社。

同様の会社がいくつかありますが、大手と呼ばれる会社の一つ。

パソコンやスマホがあればすぐに始められるサラリーマンの副業として注目されていますが、実際に2014年に始めて、これまでやってきて思った内容をリポートします。

computer-1106900_640

クラウドワークスは副業になるのか?

christin-hume-Hcfwew744z4-unsplash

クラウドワークスとは、クラウドソーシングというネット上で完結するお仕事で、発注者と受注者のマッチングをしているのがクラウドワークスという会社。

ちょっとややこしい。

仕事の種類は、パソコンやスマホがあればできるもの。

例えば
  • 動画編集
  • お店の名前
  • 企業ロゴ作成
  • ネットショップの出品作業
などなど、種類は山ほどあります。ちなみにネットショップの出品作業は、商品を梱包したりするわけじゃなく、商品の写真と紹介文を書いたり、商品登録をする作業のこと。

いろいろある中で、手っ取り早くはじめられると言われてるのが、ライティングというカテゴリーの仕事。

映画の感想とか、商品紹介文、口コミといった書くだけの仕事。

インターネット環境と、パソコンやスマホがあれば、どこでもできるのが最大の魅力。

時間が拘束されないので、サラリーマンにとって魅力的。

副業しようと思って、普通にバイトをしようとします。

コンビニ店員にしても、もし残業になってしまったら行けません。シフトに穴があいてしまいます。

だからといって、休日にやるとなると働き詰めで、なんか借金苦みたいな感じ。

そうじゃなくて、生活をすこし豊かにするための副業を始めたい。

そんな人たちにちょうどいいのが、時間に縛られないで働けるクラウドワークスなんです。

結論、微妙

linkedin-sales-navigator-0QvTyp0gH3A-unsplash

アカウントを作ると、仕事内容が見られるようになります。

比較的簡単に始められるのが「タスク」というカテゴリー。

基本的に、指示に従って文章を書いていけばいい仕事。

映画やドラマの感想や、子育て体験談、アンケートなどですが、

とにかく安い

例えばテレビ番組の感想を書く仕事。

200字書いて¥11

200字といったら、作文用紙半分。

夏休みの読書感想文2枚書くことに、苦労した人は一体何時間かかるんだろう。

800字で¥44…ワォ。

この値段でも受発注が成立している世界です。

この対価をどう捉えるか。
  • 1円でも稼げるなら御の字
  • 安すぎて時間の無駄
ここが分かれ道。

1円を馬鹿にするものは、1円に泣く。

これがまさに当てはまるクラウドワークス。1円にもならない、ただその瞬間だけ楽しいスマホゲームに没頭してるぐらいなら、1円でも稼げた方が前進していると言えます。

こんな安い仕事やってられるか、逆に時間の無駄じぁね?と、ぼーっとインターネットの芸能ニュースを見るか。

この差は大きい。

でも「タスク」だけで終わってはいけない。

「タスク」はクラウドソーシングという働き方の入り口に入りやすくするためのもので、本当はその先にある「プロジェクト方式」というクライアントと連絡を取り合いながら進める仕事をやらないと、副業として成立する金額にはなりません。

微妙というのは、簡単に稼ごうと「タスク」だけに留まると、あまりの安さに続けられない。クライアントとの連絡が発生するような、若干敷居の高さを感じる仕事しないとお金にならないというところ。

ネットで完結するから、煩わしい「人とのやり取り」がないと思いきや、やっぱりコミュニケーション不可欠なんです。

検索力と想像力

search-2041815_640

仕事内容を閲覧するとわかりますが、自分の知っている範囲だけで仕事を見つけようと思っても、なかなかできそうなものすら見つかりません。

そこで「調べればできるもの」をやっていかないと、仕事案件を増やすことができません。

重要なのが検索力と、想像力。

検索キーワードは、想像力で作り出します。検索キーワードが思い浮かばない人は、様々な情報を得ることができません。

インターネットに繋がってさえいれば、いろんな情報にアクセスすることはできますが、キーワードによっては調べたいことにたどり着くことができないんです。

「え?それ、なんて検索したらいいの?」

こんなこと言っている様では、クラウドワークスの仕事は厳しいものになってしまいます。

その質問を検索するという発想が大切。

クラウドワークスをやっていくと「検索力」が身に付きます。

キーボードのブラインドタッチも必須なスキル。いちいち見てやっていたら、いくら時間があっても足りません。

案件をこなしていくうちに、自然と身に付くスキルでもあります。これは本業でも役立ちました。議事録を作りながら、スムースに会議進行をできるようになりました。

想像力を付けるには読書が必要だけど、読んでない人におすすめ⇒キンドル端末は安いヤツで十分!

時給換算してはいけない

pexels-polina-tankilevitch-3735168

時間を切り売りする仕事と、時間に縛られない仕事は別物と考えた方が、続けやすいと思います。

常に、自分の仕事を自給換算したらいくらになるか、考えることは重要と言われています。

確かにその通りですが、クラウドワークスの仕事を自給換算してしまうと、コンビニでバイトしたほうがいいじゃんという事になります。

もちろん、バイトする選択肢もアリです。極端に言えば、その時間にそこにいればお金が発生しますから。

でも、実際に副業としてコンビニバイトは決まった時間に行かなくてはならないので、副業としては現実的でないケースが考えられます。

それに加えて、ただ時間を切り売りして働くのは、発展性がありません。そこから抜け出そうと思う発想さえも奪ってしまうかもしれません。

時間に拘束されない働き方というのは、とても自由です。だから安いという事も言えます。

安いですが、これまで1円にもならなかったテレビを見ている時間やスマホゲームの時間が、お金になるということは大きい。

大きいけど「向上心がない」⇒「継続できない」⇒「稼げない」につながっていくのです。

向上心を持ってクラウドワークスをやれば、そこから発展させていくアイディアが自ずと生まれてくるはずです。

まとめ

クラウドワークスが微妙なのは、
  • 1円に対する考え方の違い
  • 向上心がないと発展できない
読みたい本をつまみ食い、つまらなければやめればいい⇒アマゾン アンリミテッドがすごい。

SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット