自転車と英語初心者の情熱大陸

高級志向、パーツの増設に疑問を持ち、安くていいもの、シンプルな自転車ライフの提案と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。

電子書籍は気になってるけど、お金かけたくないなーって思ってる人。

僕が持っているのは一番安いヤツ。それでも¥8,980(広告付き)もするので、ためらう人も多いと思います。

わかります。本の何倍もするし、そもそもそんなに本読まない…
  • 大丈夫!一番安いモデルで十分!
  • 読みやすくなれば、本読むかも!
安いヤツでも十分使えます。それより電子書籍は、いままで気が付かなかった紙の本の煩わしさに気が付きます。

本をそんなに読まない人にも、おすすめのkindle端末。

kindle-750304_640

キンドル端末は安いヤツで十分!

kindle-update-1560728_640


kindle(キンドル)とは、電子書籍読む為の専用端末のこと。

だからインターネットには繋げられますが、ゲームもできないしニュースも見られません。

私が所有するのは「kindle 第10世代」という最新世代の一番安いモデル。

購入した当時は、電子書籍に対する不信感バリバリだったので、とにかく安いヤツで試してみようと思って「広告が出ちゃう代わりに安いよ」という、一番安いヤツを買いました。
  • 広告付き ¥8,980
  • 広告なし ¥10,980


たいして、広告付きの意味も分からず買いましたが、とにかく安いほうがよかったので、迷わず¥8,980をクリック。(いまだと3か月のアマゾン アンリミテッドが付いてくるみたい!)

電子書籍のメリットを最大限生かせる!の記事⇒アマゾン アンリミテッドがすごい。

で、実際どんな広告が出るのかというとこれ。

IMG_20200908_202241

ん?広告なの?

これ以外の広告は出てきません。もちろん読書を邪魔するような広告もないし、広告付きで十分です。

本が嫌いだったんじゃなくて、読みにくかっただけ

michal-parzuchowski-hZhRfss0qh8-unsplash

本が嫌いという意識はなくても、なんとなく本を読む行為が快適じゃないから、読み始められなかったんだなーと気が付いたんです。

それは、紙の本を読むとき、
  • 両手がふさがる
  • ページとページの真ん中が見にくい
  • 寝転がって読むと、本が影になって見にくい
  • かと言って、ライトで照らしてもどこかが影になる
  • 片手だと、指がつる
紙の本だけ読んでいれば、こんなもんかなーと思うのですが、これすべてキンドル端末で解決します。

こーんなに快適に本が読めるなんて知らなかった!

どんなに分厚い本でも174gで片手で持てるし、ページとページの間が存在しない。

寝転がっても明るさは一定。

ライトで照らすことも不必要。片手でも指がつらない。

ただ、読みやすいというだけで、こんなに本を読むことに直結するとは思わなかった。

すごいところ

cat-2886062_640

まだまだ、すごいところがあります。

メモれる
覚えておきたいところがあっても、すぐ忘れちゃうんです。一冊読み切ったあと、何一つ覚えてないこともあります…

大事なところをコピーして、自分あてにメールで送れるんです!

気になるところを長押しして、コピーしたい文章の長さを指定して「シェア」を押すと、自分のEメールアドレスへその文章が送られます。

それをタイトル毎まとめてドキュメントファイルに保存しておけば、いつでも要点だけを読み返すことが可能です。

見やすさ
さすが電子書籍専用端末。とにかく見やすい。スマホをダークモードにしようが、なにしようが、電子書籍専用端末に見やすさでは勝てない。

うちの娘も「とうちゃん、この中に紙が入ってるの?」と間違えちゃうぐらい。

電池
めっちゃもつ。モノクロってすごい。たまーに充電するぐらいでいい。

シチュエーション
たまには庭で本でも読もうかなと思ってポカポカ陽気の中、折り畳み椅子に座ってビジネス系の本を読みだしたけど、なんか嫌になって小説に変更。

その後は、すごく気持ちよく読めました。

環境によって、読む本を変えるなんて発想はいままでなかったー。

もし、これに気が付いていたとしても、いちいち本のある場所まで戻るか、ある程度冊数を用意しなきゃならない。

なんか自由じゃない。

キンドル端末なら、別の本を読みたくなったらライブラリーを開いて変えるだけ。自由。

寝る前に読む人向け

reading-5069826_640

寝る前に布団に入ってから読もうっと、と思って読みだして2行で気を失っている事なんてザラです。

その原因は、読みにくいから!だと思います。

確かにキンドル端末であろうが、布団に入って読むとすぐに眠くなりますが、読みやすいからか画面の光で目が覚めるのか、紙の本よりも数段読める時間は増えました。

なにせ、
  • 暗いところで
  • ライトを使わずに
  • 本が読める
これは本当に画期的です。

でも、一点不満なところがあります。本体の表面が滑りやすいので、ストラップを使ってます。



寝ながら見る必須アイテム。

画像は無理

miika-laaksonen-nUL9aPgGvgM-unsplash

安いヤツなので、画像処理はさすがに遅い。

特にガジェット好きではないので、なにかと画像表示速度にこだわる人の意味が分からない側ですが、これはダメ。

漫画なんて読めたものではありません。

「図解で解説!」みたいな本もダメ。読めたものではありません。

この辺りで、安いヤツでいい人と、高いモデルじゃないと、キンドル端末の良さを引き出せない

まとめ



結局、活字だけの本なら安いヤツで十分です!

本を読まない人でも、キンドル端末があれば読むようになるかも!そのぐらい影響力がでかい。

時間の使い方を変えるオーディオブックもお勧め⇒オーディオブックって知ってますか?

podcast(ポッドキャスト)もすごくいい⇒ポッドキャストのおすすめ理由とは!

SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット