自転車と英語初心者の情熱大陸

高級志向、パーツの増設に疑問を持ち、安くていいもの、シンプルな自転車ライフの提案と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。

紙の本にこだわっている人多くないですか?

格好から入るのは、悪いみたいに言われる風潮がありますが、電子書籍の賛否に対しては逆。

紙の本にこだわる人が格好から入っているのに、なんか正義感強め。

紙でも電子書籍でも内容は同じなので、便利な方がいい。

アマゾン アンリミテッドは、その電子書籍の読み放題サービスです。

紙にこだわっていては、このすごいサービスには出会えません。

  • 普段本を読まない人にも必見!
  • 本て、こんな読み方あるんだ

本を読んだ方がいいのは知っているけど、時間が無いとか、おもしろユーチューバーチャンネル見ちゃうとか、そんな方にもおすすめのアマゾン アンリミテッドです。

perfecto-capucine-2gllPE42ouU-unsplash

アマゾン アンリミテッドがすごい。

perfecto-capucine-3gC4gBnD3Xs-unsplash


アマゾン アンリミテッド
(Amazon unlimited)とは、言わば一回に10冊まで借りられる有料電子書籍図書館のこと。

基本的に買取はできないので、自分のものにはならない感覚です。

ダウンロードして、データを手元に保存しておけますが、アンリミテッドを解約すると、読めなくなってしまいます。

スマホや、PCに入れたアプリ上は契約が切れた瞬間から読めなくなりましたが、アマゾンから販売している電子書籍リーダーのkindle(キンドル)は、途中まで読んでいた本が読み終わるまで表示されます。(多分、ホームボタンとか押さなければ)
  • 借りられる期限がある(契約期間中)
  • 借りられる冊数が決まっている
  • ¥980/月の利用料金
ほぼ有料の電子書籍だけ扱う図書館と思っていただいて間違いありません。

一つ、デメリットがあって「図解で説明!」みたいな本を電子書籍リーダーで見るのは、さずがに見にくいと思います。

アマゾン アンリミテッドで読み方が変わった

susan-yin-2JIvboGLeho-unsplash

本て、結構高いなーって思います。

価値観なのでなんとも言えませんが、よーく選んで、これだ!って決めた本は、少々面白くなくても、無理矢理読み切っていました。

お金が勿体無いから。

でも、アマゾン アンリミデッドなら定額制だから面白くなければ、やめちゃえばいいんです。

よく考えたら、面白くないのに読んでいる時間のほうが勿体無い。

よく、「年間300冊読みました」みたいな人ってブログとかYou Tubeで見かけますが、全部読んでないみたいです。

重要な部分だけ以外は読み飛ばすらしい。

ということは、重要なところを探し出せる能力も必要だし、そういう読み方をしていくと、探し出すスキルがついていくような気がします。

こういった読み方を実現させてくれるのが、アマゾン アンリミテッドなんです。

ただ、小説は全部読まないと面白さにかけてしまうと思いますけど。

解約したら本を読まなくなった

danbo-3299229_640

僕は定額ビジネスはとことん疑ってかかります。

得した気にさせられちゃってるだけなのかどうか。

アマゾン アンリミテッドも同様に無料期間を過ぎて2ヶ月後に一旦やめてみました。

対象外の本もあるので、それを読む月にしようと思っていたのです。

でも、なんとなくストアにも行かなくなったし、他のやりたいことを優先して、結局購入すらしませんでした。

もともと、すごい本が好きというわけでもないので、こんなふうになってしまうのだと思います。

結果、本をあまり読まないもとの生活に元通り。

やっぱり本を読むと、感動があったりとか知識を貯められる機会が、圧倒的に増えます。

あと単純に楽しい。

でも、やっぱり単品で色々買ったら高いから、手が出にくかっただけなのかと痛感。

ここに気がついて、再契約しました。でも、本当に時間が取れない予測がついたときには解約してます。

契約と解約をこまめにすれば、お得に使えるサービスであることは間違いないです。

本を読まない人へ

josh-kahen-ME6nYevdO0k-unsplash

そもそも本なんて読まないよという方。

僕も、たくさん本を読んでいたほうではありません。

アマゾン アンリミテッドを知る前は、年間2~3冊ぐらいだったと思います。

それも、あまりに途切れ途切れに読むので、結局内容がなんなのかわからなかったなんてザラでした。

本て、人に勧められたものを読む気もしないし、読む習慣がないと重い腰が上がらないのが現状です。そこでおすすめなのが、YouTubeの本要約チャンネル。

山ほどあります。

分かりやすさは、まちまちですが、YouTubeの検索窓に本のタイトルを打つといっぱい出てきます。

①Amazonで気になる本をチェック

②YouTube要約チャンネルで、内容を大体把握

③電子書籍で読む

この流れだと、興味がわいた内容の本だけをチョイスできるので、本を読むことにつながっていきます。

要約チャンネルだけでもいいじゃん。とも思ったのですが、やっぱり本を数分から数十分にまとめているので、感動や、身に付くものが違います。

本を読むのに、重い腰が上がらない人には、おすすめの入り方です。

まとめ

  • アマゾン アンリミテッドは有料電子書籍図書館 ¥980/月
  • 読み方が変わる。つまらなかったら、惜しげなくやめて次の本へ。
  • 本を読まない人はYouTubeを入り口にしてみる
時間の使い方を変えるオーディオブックもお勧め⇒オーディオブックって知ってますか?

SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット