自転車と英語初心者の情熱大陸

高級志向、パーツの増設に疑問を持ち、安くていいもの、シンプルな自転車ライフの提案と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。

小柄族のみなさーん。このステムなら出るんです。(アウター受けを付けるために改造してますが、気にしないでください)ポジションが。身長180㎝だって160㎝だって同じサイズのホイールに乗るんだから、結構工夫が必要。で、よくデザインされているステムがあるんです …
続きを読む

実は、右前左後のブレーキは世界的に見ると日本は少数派。ルーツはというと…ってそんなのはどうでもいい。扱いやすいのは、果たしてどっちなのか。当たり前だと思っていた右前左後ブレーキについて、掘り下げていきます。 ポイントおすすめは【右後、左前】その理由は、 …
続きを読む

スクワットとか、腕立てとか嫌いです。なにがおもしろいんすか?って思っちゃいますが、重要なのはわかります。やっぱり歳と共に筋肉量は落ちていくし、放っておいたらのんびりサイクリングも辛くなっちゃう。だけど、つまんないスクワットとかやりたくないそんな方に、 …
続きを読む

正直、あんまり持ったことない腰が痛くなりそうフツーに怖いフラットハンドルが付いているクロスバイクと、ドロップハンドルのロードバイクのどっちにしようか悩んで、思い切ってロードバイクを買ったはいいものの、「全然下ハン持ってないよ」なんて人、多いんじゃないで …
続きを読む

パンクは嫌です。自転車通勤中のパンクなんてもってのほか。できれば、スポンジつっ込みたいぐらい。パンクさえしなければ、予備チューブとかタイヤレバーとか空気入れを携帯する必要がありません。かなり身軽になる。でも、いまのところチューブの代わりに、スポンジい …
続きを読む

ロードバイクを買ったら、どこか遠くへ行きたくなります。近所の高い山に登ってみたりして、達成感を味わったり。そして、集団走行で未体験のスピードを味わいましょう。一人で走っても十分に楽しめるロードバイクは、それだけで終わってしまうひとも多いです。知らない仲間 …
続きを読む

初めて地元クラブチームの練習会などに混ぜてもらう時は、緊張しちゃいます。なんとか会話に入りたなー休憩時間とかボッチになっちゃうんじゃいかなー時々出てくる専門用語みたいなのも、わかんないしなーこんなことが原因で、クラブチームの集まりに参加するのを戸惑ってい …
続きを読む

自分だけのサイズやカラーリングを楽しめるのがクロモリのカスタムフレーム。100年間ぐらいは、バリバリのレース機材としても活躍。でも、今となっては個性的なサイクリスト向けのマニアックな品。セミオーダーとかもあるけど、一から注文通りに作ってもらうフルカスタ …
続きを読む

パッチを半分に切って使う時の、端っこの処理方法ロードバイクで出かけるときに、絶対に身につけないといけないのがパンク修理作業。ロードバイクを買ったお店で、一応パンクした時の対応は説明を受けたかもしれません。パンク修理キットも売れるしね。そして作業はだいたい …
続きを読む