自転車と英語初心者の情熱大陸

自転車レース歴30年の経験と、好きだけど全然上達しない英語学習の情熱を語ります。

カテゴリ: 機材

せっかくクロモリフレームなのにディスクブレーキにするんですか?

カーボンバイクと違って、自分だけのサイズ、自分だけのカラーリングを楽しめるのがクロモリのカスタムフレーム。100年間ぐらいは、レース機材としても使われてきました。でも、いまはちょっと個性を出したいサイクリスト向けに、既製品でなく自分だけのオリジナルバイクを作 …
続きを読む
ロードバイクのパンク修理の裏技!ミニポンプを使うコツも

パッチを半分に切って使う時の、端っこの処理方法ロードバイクで出かけるときに、絶対に身につけないといけないのがパンク修理作業。ロードバイクを買ったお店で、一応パンクした時の対応は説明を受けたかもしれません。パンク修理キットも売れるしね。そして作業はだいたい …
続きを読む
だまされてはいけない。自転車における機材の差。

自転車を始めた30年前から、疑問に感じているシマノ デュラエース神話。なんであんなに高価なものを買えるのか、わからなかった。右を見ても、左を見てもデュラエースのオンパレード。セカンドグレードのアルテグラとは、かなりの価格差ながら当時のレース会場では、デュ …
続きを読む
ビンディングペダルって怖い?いや、無いほうが怖い。

もはや議論の余地がない。ビンディングペダルがあるに越したことはありません。なぜなら、楽だから。ビンディングペダルは、クリートと呼ばれるシューズ側に付ける部品が、ペダルにハマる構造です。だから、一度ペダリングしやすい位置にセットしたら、次からは何も考えずペ …
続きを読む
激安自転車スプロケットに交換してみた!

なぜか自転車が趣味だと、複数台所有しているひとは多い。ロードバイクに、マウンテンバイク、シクロクロス…こうなるとどうしても、一台のパーツにかける金額を抑えたいものです。たとえ1台しか持っていないとしても、安くてちゃんと動けば問題はありません。噂のAliexpress …
続きを読む
マニアックすぎるクロモリフォークをオーダー。

カーボンファイバーは、現在考えれらる自転車フレームに最適な素材ナンバーワン。誰もが認める事実。分かってます。でも、興味が湧きません。金型でガチャコンガチャコン作ってるのって。職人が一つ一つハンドメイドしてるクロモリフレームは、カッコよさがにじみ出てる。全 …
続きを読む
ちょっとマニアックなTUFOシクロクロスタイヤの魅力とは!

シクロクロスに出るなら絶対チューブラー。というのは古いのかもしれない。国内シクロクロスシーンでは、チューブレスを履いている人も結構多い。でも、ワールドクラスのレースでは圧倒的にチューブラー。だから、チューブラーを履いていれば間違いはない。その中でも、国内 …
続きを読む
王道のバーテープ巻き方のここが嫌い。

ロードバイクを買って、一番最初に手を加えやすいのがバーテープの巻替え。ねじを回すわけではないし、特別な調整もないので、初心者にはメンテナンスとして入りやすいところ。しかし、侮ってはいけません。適当に巻くとすぐにほどけてきたり、ハンドル径よりもだいぶ太くな …
続きを読む
オークリーに度付きレンズを入れてみた。

目が悪い人の悩み。コンタクトレンズ+サングラス風を切るスポーツの自転車で使うのは、結構なリスク。サングラス+クリップ式(内側にメガネを装着する感じ)結構クリップが透けて見えちゃう。目とレンズの距離が近くなる。レンズを度付き化一番スマートで一番高い。どうせな …
続きを読む
アリエクスプレス おすすめ商品 自転車編!

自転車パーツといえど、結構高い。例えば、シマノならデュラエースから105までピンキリですが、レースをやっている人や自転車パーツ好きなら気にならない値段でも、それ以外の人には高価に感じてしまうのは無理もありません。さすがに、変速機は名の通ったメーカーのものをお …
続きを読む
自転車のメンテナンススタンド買ってみた【メンテナンス嫌い】

正直、メンテナンス作業が嫌いです。その昔、バイクショップでバイトした事もあるので、一応一通りはできるんです。でも、嫌い。めんどくさい。専属メカニックがいるならお任せしたい。そのメカニック(行きつけのバイクショップ)もいちいち有料なので、とても任せられない …
続きを読む
迷っちゃう!サドルバッグとツールボトルはどっちがいい?

前回パンクしたのはいつだっけ?自転車で出かける時は、必ず持っていくパンク修理セット。そして、それを入れるサドルバッグかツールボトル。ほとんど使わないのに、無いと困る。乗る量にもよりますが、使用頻度は低いはず。どうすれば、スマートに携帯できるのかを考えます …
続きを読む
自転車ミニマリスト宣言

電動コンポーネンツパワーメーターディスクブレーキぶっといカーボンエアロフレームGPSサイコン全部持っていなくても、全く違和感のない最近の自転車事情。複雑になっている自転車周辺パーツですが、もっとシンプルでよくないですか?「自転車ミニマリスト宣言」いろんなもの …
続きを読む
激安ダイレクトマウントチェーンリング買ってみた

前から気になってた激安ダイレクトマウントチェーンリング買ってみました。スパイダーアームが取り外し式になっていて、クランクに直接チェーンリングが取り付けられるアレです。得意のアリエクスプレスで!なんと38Tが¥1,381 送料無料めちゃくちゃ安い。これなら手軽に買え …
続きを読む
シマノはすごい、でもスラムがいい。

ロードやシクロクロスを始めるとしたら、まずはフレーム、パーツ、ホイールがセットされている完成車を買います。その完成車の多くにシマノパーツが付いています。安くて優秀。壊れない。メンテナンスなんてしなくてもまあ、動かなくなってしまうことはほとんどありません。 …
続きを読む
自転車シューズの安いヤツってだめなの?

高い!ビンディングペダルシューズは高い!いろいろな技術が満載とはいえ、トップモデルは¥40,000を超えてくるものあります。これじゃ、さすがに手を出しにくい!では、安いモデルはだめのでしょうか?レースでは通用しないのでしょうか?答えは気持ち問題!プロ選手が履い …
続きを読む
クロモリフレームの魅力とは、まるで革製品のように。

ただいまカーボンフレーム全盛の時代。カーボンフレームは特別なものではなくなりました。ロードバイク、マウンテンバイク、シクロクロスバイク、どのカテゴリーでもカーボンが当たり前。そんな時代に細々と生き残っているクロモリフレーム。100年前からほとんど形を変えてい …
続きを読む
シクロクロスチューブラータイヤの脱リムセメント作戦!

シクロクロスシーズンが近づいてきたら、そう恒例のチューブラータイヤ貼り。チョーめんどいあの作業。ぼくは大っ嫌いなので、リムセメントから卒業しました!結論!脱リムセメントにはニトムズ 強力防水用両面テープ!最近はチューブレス派も増えてきて、シクロクロスファン …
続きを読む
ディスクブレーキをもう一度考える。

もう一度考える、ロード、シクロクロスのディスクブレーキについて。ディスクブレーキは必要かどうかといえば「不要」。理由は、アルプス、ピレネーの下りを、時には100㎞を越えるスピードで走ってきたプロ選手が100年近くリムブレーキだったから。それも、昨今のブレーキキ …
続きを読む
シクロクロスのおすすめ準備品!

近年の国内シクロクロスブームは一過性のものでなく、定着してきたように思えます。レース会場でのシクロクロスバイク普及率も、見た感じめちゃくちゃ高い。ひと昔前の下位クラスはマウンテンバイク、上位クラスはシクロクロスバイクという図式は、みじんもありません。シク …
続きを読む